検索結果

「父親」の検索結果(120件)

よくある質問

初診をご検討の方 治療について メールできたお悩み 初診をご検討の方 カウンセリングは初めてなのですが、どんな...

家族療法について

一口に家族療法カウンセリングといっても、その手法や流派はさまざまです。「淀屋橋心理療法センターにおける家族療法...

出版本のご紹介:『過食症と拒食症』―危機脱出の処方箋―

コラム

2.『過食症と拒食症』― 危機脱出の処方箋 *出版社:星和書店(2001年) *著 者:福田俊一(所長、精神科...

質問4:父親をきらう、悪く言う

コラム

Q4:「お父さんきらい。顔をみるのもいや」と、父親をきらっています。仕事から帰ってきても「お帰り」も言わず、プ...

悩んでいる本人をカウンセリングに連れて来る事ができなくても何とかなりますよ

コラム

「本人が『どうしても病院には行きたくない』『相談したくない』と言っているので、親だけが相談に行っても大丈夫でし...

母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放

コラム

本の題名:母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放 著者:福田俊一 増井昌美 出版社:ミネルヴァ書...

父親が治療方針に反対しても

コラム

ご両親が共通の認識をもって治療に協力して望むことが一番ですが、家庭によってはお父様が治療方針に反対される場合も...

母子家庭(シングルマザー)の子どもさんのご相談

コラム

お電話を受けていると母子家庭のお母さんから沢山のお問い合わせを頂きます。私が子どもの頃には母子家庭は少なかった...

子ども不在の予約の取り方が、あたりまえの雰囲気

コラム

男の子(20才)がアトピー性皮膚炎に悩まされて、もう十年になる両親の面接をもった。息子は今は大学生になり下宿し...

子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割

コラム

「良夫とお父さん、仲が悪くてね。寄るとけんかせーへんかとひやひやします」。中学二年になる良夫君は、少し遅れ気味...

事例 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ」-その(1)

コラム

「うつ」というと、なにか心にグサッとくるような事があったとか、頑張ったのに結果が良くなかったとか、いやなことが...

事例 40代半ばの中間管理職、牧田氏の「昇進うつ」-その(2)

コラム

「うつ」になやむ牧田氏と妻の会話を、カウンセラーはしばらくメモを取りながら聞いていた。要点を書きとめた用紙に目...

事例 家業を継いで 男性38才、うつ病からの立ち直り(チェック・リストが役立った)

コラム

企業に三年勤務後、家業に。翌年うつ病に 事例紹介 商社の海外派遣社員として三年間勤務。仕事も順調にのりだしたこ...

自然体で接してくれるお兄さんに感謝

コラム

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香...

質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

コラム

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです...

息子の暴力に悩むお母さんへの手紙─「見守りましょう」は落とし穴

コラム

拝啓、おたより拝見しました。 1月も終わりに近づき寒さもいちだんと厳しくなってまいりました。高校一年生の息子さ...

番外編(1):いじめの家族療法を紹介した本『家族の心理療法』(朱鷺書房)

コラム

当センターから上梓した本に「家族の心理療法」(朱鷺書房、福田俊一、増井昌美著)というのがあります。これは「いじ...

夫婦関連編:育児協力

コラム

夫に子どもをみてもらって、友だちと食べて飲んで帰ってきたお母さん。「ありがとう、ほんとうに命の洗濯ができたわ」...

父親の一言にショックを受け、またまた過食があと戻り

コラム

家族おもいのやさしさがあだに 過食症と家族ありようは切っても切れないほど密接に関連している。クライエントの口か...

別冊PHPに掲載:特集「子どものキズついた心をいやす家族の役割」

コラム

アッという間に夏が過ぎました。朝夕が涼しくなり空の色も雲の動きも秋らしくなってきました。でも日中はまだまだ暑い...