対人恐怖症(対人緊張)

対人恐怖症(対人緊張)

対人恐怖症(対人緊張)は、思春期から入社したての若い男女に多いケースです。「自分が座をしらけさせているのではないか」「人がジロジロ見るのは、自分が変な行動をしているからではないか」「顔が赤くなっているのを人にさとられるのではないか」・・・など気になって仕方ありません。

「自分はどんな雰囲気を相手にだしているんだろうか?」と心配になったり、「あの人私をじろじろ見ているな」と他人の視線がつきささるように感じたりして体が固くなってしまったりします。その場での緊張感、人と交わりたいのに交われない孤独感などで大変つらい思いをしています。気になるあまり街を歩いたり電車に乗ったりすることもしんどくなり、家のなかに引きこもってしまうケースがよくあります。

身近な人に話しても「考えすぎじゃない」とか「甘えてるだけだ」と言われ、よけいに追い詰められることもしばしばです。それだけに本人は心のなかで毎日とてもつらい思いをしています。対人恐怖症(対人緊張)の人は「この症状を経験した人でないと、つらさはわかってもらえない」と思っていることが多く自分から話すことはあまりありません。心の中で「頑張らなくてはダメだ」とよけい自分を追い詰めてしまっていたりします。それだけに本症の専門家であるカウンセラーには、一度打ち解けるとびっくりするくらい自分の症状について話せるのも特徴の一つです。「やっと人に話せました。つらさをわかってもらえてホッとしました」と、カウンセリング室を笑顔で後にするのがとても印象的です。

最終更新日:2019.3.31

チェックリスト

2010.3.26

対人恐怖症(対人緊張症)自己診断チェックリスト

対人恐怖症(対人緊張)ページも御覧下さい。トップページに診療科目を紹介しています。 これらの項目は淀屋橋心理療法センターでカウンセリング治療したケースのなかから、特徴的なものをピックアップしたものです。母親からみて日常生 […]

2019.4.17

対人恐怖症(対人緊張)チェックリスト(中学生・高校生・大学生向け)

対人恐怖症(対人緊張)ページも御覧下さい。トップページに診療科目を紹介しています。 次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなります。 「うちの子 […]

ケースアドバイス

2010.2.4

対人恐怖症は「社会不安障害」SADの範疇に入ります

日本では以前から「対人恐怖症(対人緊張)」と呼ばれている人の大部分に、「社会不安障害」の診断がつきます。社会不安障害は、社会恐怖とも社交恐怖ともよばれています。(米国精神医学会による)

2010.2.8

「人の視線が気になってしんどい」と学校を休みがちの敏夫君(高二)

対人恐怖症の事例:敏夫(高二) 「人の視線が気になり、外へでるのもしんどい」と不登校ぎみに 敏夫君は初診のカウンセリングを受けにくるのもしんどかったようです。面接室でじーとうつむいて、出されたお茶に手をだそうともせず座っ […]

2010.2.8

対人恐怖症で悩む子どもをもつ親御さんの不安や心配なお気持ち

対人恐怖症の息子さんをもつ親御さんの不安なお気持ちについてお話しましょう。対人恐怖症のせいで外にでにくいとか、人と接するのが苦手といった状態がつづき、そのままズルズルと家にひきこもってしまう子どもさんが多くみられます。そ […]

コラム一覧へ

推薦図書
- 淀屋橋心理療法センター
の著書 -

お子様のこのようなことで
悩まれていませんか?
- お悩みは抱え込まずに、
是非家族療法
の専門家にご相談ください -