よくある質問

よくある質問

Q&A―これまでにかかってきた電話から、よく尋ねられる質問と回答を抜粋しました。

― 息子の非行に悩んでいます。ぜひ受診したいのですが、おそらく息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思います。どうしたら良いでしょうか?

とりあえずはご両親だけでお越し下さい。うまくいけば息子さん抜きでも解決できます。代わりに息子さんの性格や日頃の様子などを細かく正確に教えていただく必要があります。

― 一回目はどんな用意をして行けば良いでしょうか?

特に用意していただくものはございません。筆記用具だけでも結構です。ご本人のこれまでの経緯を書いてきて下さるのも大歓迎ですが、口頭でお話しいただく方が大半です。

― 治るかどうかは教えていただけますか?また、治るまでには何年もかかりますか?

基本的には初回面接で見通しをご説明します。また、アドバイスをお出しするまでの回数もお話しします。治るまでの時間は様々ですが、アドバイスは平均して3回目の面接でお出ししております。事前相談でも大まかな予測はご説明いたします。

― お薬は出していただけますか?

いいえ。当センターの所長は医師ですが、原則としてカウンセリング一本でお手伝いしております。ただし、お薬の必要な方はお近くの医院で処方していただくという役割分担は可能です。当センターから医院・病院をご紹介する場合もございます。

― 予約をとるまでに何カ月もかかる所があると聞きましたが・・・。

担当カウンセラーにもよりますが、平均して二週間前後で予約をお取りいただけます。平日なら翌日お取りできる場合もあります。(2014年4月現在)。

― カウンセリングは初めてなのですが、どんな場所でどんな形でするのか不安です。

当センターは10階建てのマンションの2階にあります。出入りする人はさほど多くなく、自然な形で入っていただけます。待合室には雑誌やコミック本が所狭しと並んでいます。各面接室には机とイスとコンピューター(カルテ管理用)がおいてあります。また、予約制のため他のご家族と顔を合わせる機会もあまりありません。所在地・待合室の写真などはこちらへ

― 相談したいと思うのですが、やはりカウンセリングは初めてですので、抵抗があるのですが・・。

「事前相談」をご利用いただけます。無料で60分~90分、実際にカウンセラーとお話しいただけます。電話でご予約ください。その際、担当カウンセラーを決めるため簡単に状況をご説明ください。当然のことながらプライバシーは厳守いたします。

― 病院とかけもちしながらカウンセリングはうけられますか?

別の病院で薬を処方、淀屋橋でカウンセリングを希望する方を例に挙げて説明しています。

― 豊中にあるのに、なぜ「淀屋橋心理療法センター」なのですか。

「淀屋橋心理療法センター」の名称は、昭和58年の開設当時のもので、現在地に移転するまでは「淀屋橋」(大阪市中央区北浜)にて診療いたしておりました。

― 遠方に住んでおりますが、近くでどこか紹介してもらえませんか?

あいにく紹介等はしておりません。当センターは家族療法の中でも独自のスタイルのカウンセリングを行っており、似たようなスタイルのところがあるかどうか知らないというのが実際のところです。同じ様な治療法のところはおそらくないと思います。

メールについてのお知らせとお願い

メールにお答えQ&Aコーナーを開いてから、急にメールでのご相談が増えてきました。また内容についても具体的で深くなってきています。お問い合わせ全てのメイルにお返事を差し上げることは不可能です。またメールだけではなかなか状況を正確に把握できないことが多いのです。

そこでご相談内容が典型的と思われるもので、比較的アドバイスしやすい場合には、当センターのホーム・ページ(HP)上で公開させていただこうかと思っています。もちろん下記の条件を守りながらのことですが。

  1. ご相談内容を書かれた本人の了解のうえで、HPにアップロードする。
  2. プライバシー保護のため、書いた人を特定できないよう工夫した文章にする。
  3. できれば性別、年齢を記入していただくと、より正確なアドバイスをだしやすい。
    またお差し支えなければ都道府県も記入いただければと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」