1.リストカット(自傷行為)治療の一年後「うそのようです。こんな安堵の日がくるなんて」

手首を切った。「楽になりたい」と、言って。寝る前は親がいつも包丁やナイフは隠して寝ていたのに、いつのまにか、持ち出していた。「つらいとき、自分を傷つけることでしか乗り越えられないの」と、裕子は言っていた。

一年前は、リストカット(自傷行為)におびえていた毎日

母親から緊急の電話が入ったのはちょうど一年前のことだった。「先生、たいへんです。裕子がまた手首を切りました。朝起こしにいったら、部屋じゅうに血のついたティシューがちらばってて。ふとんの中でうずくまってたんです。すぐにお父さんを呼んでみたら、ふとんも血だらけで。救急車で病院に運びました。10針も縫って。もうわたしら生きた心地しません」。

緊急面接が持たれたのは、その日の午後。カウンセリングの予約で予定はつまっていたが、なんとか時間をあけることができた。時間きっかりに母親と父親が青ざめた顔でやってきた。「睡眠薬飲んで切ったみたいなんです。ベッドのまわりに空になった薬の包み紙がちらばってました。そういえば三日まえに、『お母さん、知ってる?自殺する人は恐いから睡眠薬買うねんで』って話してました。それがサインだったんだって、今になって気がつきます。本当に私がうかつで。もっとはやく気づいていれば、こんなことせずにすんだのに。先生、私が悪いんです」と、母親は話しながら泣いていた。

カウンセリングでは動揺している母親の気持ちをしっかりとうけとめ、落ち着かせる方向に持っていった。リストカット(自傷行為)はくり返すことが多いので、対応はなかなか難しいからと具体的なアドバイスをだした。

一年後、うそのように良くなった裕子

カウンセリングをスタートしてから一年あまりがたった。最近では少々荒れることはあってもリストカット(自傷行為)をするまでにはいたらなくなっている。母親は当時を振り返って「あのころは、いつリストカットをするかという恐怖におびやかされ、生きた心地がしない毎日でした」と話している。「ほんとに信じられません。こんな安堵の日がくるなんて。うそのようです」と。

「裕子さんのどこが変わってきましたか」という質問に母親は、書き留めたメモを見ながら話し始めた。

1.「いやなことは、我慢してつづけなくてもええんや」と割り切れだした

大学で所属している郷土史研究会。入部したときは目あたらしいことばかりで面白かったが、だんだんといやになってきた。いままではそれでも「部長に悪いから」とか「頼まれた調査を途中でほっぽりだすなんて、できない」とかいって、我慢を重ねていた。それをすっぱりとやめてしまった。「いやなことは、いやなこと。がまんせんでもええんや」と、割り切れるようになった。

2.「したくないことは、いや」とはっきり言えるようになった

いままでは相手に気をつかって「いや」と言えなかった。友だちに「映画みにいかへん?」とさそわれて、ちょっとしんどいなーと思っても「ああ、ええよ」とあわせていた。帰ってきてからがたいへん。母親にあたりまくって「そんなにいやだったら、なんで行きたくないっていわへんかったん」と、母親も怒鳴りかえしたことがあった。最近はそんなことがなくなり「いややったから、いややって言うたんや」と平気な顔をしている。

3.「気分の切り替えが早くなった」

気に入らないことがあると、一週間くらいうじうじしていた。「お父さんがああ言うた。お母さんがこうやった」というふうに、聞くだけでうんざりしていた。それが「あ、そうか、まあええわ。そんなこともあるやろな」と、二時間くらいですぱっと切り替えられるようになった。

母親の読み上げるメモ用紙には、他にもいっぱいいろんなことが書いてあるようだ。「うーん、すごいなー。ものすごい変化ですね。自分のことがだいぶ見えてきましたね」とカウンセラーは、びっくりしたように言った。

「こんな安堵できる日がくるまで、二十年かかると思っていました」

裕子が自分の言いたいことがしっかりと言えだし、やりたいことができだしてから、大荒れすることはなくなった。あれだけ心配したリストカット(自傷行為)も、今はまったくと言っていいほどしなくなっている。「お母さん、こんな所に包丁おきっぱなしにしたらあかんよ。あぶないやんか。ちゃんとしもとかんと」と、子どもから注意されるくらいだと、母親は笑いながら話していた。

「先生、去年のいまごろですか、まだまだ手首切ったりしてたいへんなときに、『あと一年しんぼうして下さい。きっと変わってこられますよ』といわれましたね。私、正直いって『えー、こんなたいへんなのに、一年で落ち着くなんて。二十年はかかるんちがうかな』と思ってたんです。それがほんまに先生の言われるようになってきて。もうどんなに感謝していいかわかりません。ありがとうございました」と、母親は心からうれしそうに話した。

「いやいや、いままでのカウンセリングは足場がためみたいなもんです。油断は禁物ですよ。これからのカウンセリングで、子どもを伸ばしていきましょう。まだまだぐんぐん伸びていかれます」と、カウンセラーはすこし引き締めの言葉をかけておいた。

症状を克服、良くなった姿

関連記事

「宴会係」という心ない上司の言葉に傷ついて

明るく活発な社員と思われていたはずなのに 入社して三年目を迎えた佐藤さん(24才仮名)は、面接室で腕組みをしながらうつむいていた。「自分がよもやカウンセリングを受けるようになるとは」という思いでいっぱいだった。担当セラピ […]

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・3)

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋心理療法センターで治療したケースをもとに執筆、星和書店より出版したものです。本文のなかから症例や治療のポイント […]

2013.12.24

大学受験の為の一人暮らし(発達しょうがい アスペルガー 対人恐怖症)

受験の追い込みの為T君は予備校近くのワンルームマンションで一人暮らしを始めることにしました。 今まで対人恐怖症のためコンビニも行けず宅配便を受け取ることもできなかったT君。そこはお母さんがカバーすることで問題なく過ごせて […]

シリーズ記事

1.1.リストカット(自傷行為)治療の一年後「うそのようです。こんな安堵の日がくるなんて」

手首を切った。「楽になりたい」と、言って。寝る前は親がいつも包丁やナイフは隠して寝ていたのに、いつのまにか、持ち出していた。「つらいとき、自分を傷つけることでしか乗り越えられないの」と、裕子は言っていた。 一年前は、リス […]

2.2.「頑張りすぎ、むりをしすぎ」に気がついて、リストカット(自傷行為)が止まった

智子(高校二年生)、一月に三回ほどリストカット(自傷行為)をする 「リストカットが止まらないんです」と、緊急電話が 淀屋橋心理療法センターの電話がなりだしました。会議がおわり、外来受付の時間になったとたんのことです。「た […]

3.3.「明るい自分演じるの、めちゃしんどい」と気がついた(真希17才 高2)

きのうの夜、またはさみで手首を傷つけて 「なんで切るの、なんでこんなことするの?」と、母親は涙ぐみながら真希に聞きました。パニック状態の母親にくらべると、真希はしらっとした感じです。「なんもそんなに深く切ってへんやん。大 […]

コラム一覧へ