息子の暴力に悩むお母さんへの手紙─「見守りましょう」は落とし穴

拝啓、おたより拝見しました。

1月も終わりに近づき寒さもいちだんと厳しくなってまいりました。高校一年生の息子さんの家庭内暴力で悩んでおられるご様子、お察しいたします。ご参考になればと思い、当センターで対応した治療体験をもとに、私のアドバイスをまとめてみたいと思います。

感想は二つあります。一つは「なぜもっと早く相談していただけなかったか」ということです。中学一年のころからその徴候があったということですが、暴力はだんだんひどくなってきたご様子。他機関でカウンセリングを受けておられたようですが、「逆らわず、見守りましょう」というアドバイスがでたきりとか。「なんでこんな気休めアドバイスで、事態を収拾しようとするのか」と、憤りを感じています。どれだけ多くのご家族や本人が、この「見守りましょう」の言葉を信じて日時を過ごす間に、治るものも治らずこじれてしまったか。

もう一つの感想は「また家庭内暴力か。最近は多いなあ」というきわめてセラピストの立場にたった感想です。それほど今このケースは、「不登校や引きこもり」という状態を巻き込んで増えています。当センターで改善した事例をもとに、家庭内暴力をその度合いによって分けてみました。内容の緊迫度によって、治療の内容も親御さんへのアドバイスも変わってきます。

ステージ1:自制的暴力

暴力はふるいながらも、心の片隅で自制心が働いている。突然大きな声をだしてどなったり、そばにある壊れない物(本、クッションなど)を安全な物(ソファ、床など)にむかって投げたりする。

ステージ2:いやがらせ暴力

怒りの対象となる人の大事にしているものを壊したり汚したりする。父親の背広をハサミで切り刻んだり、母親の宝石類をどこかに捨ててしまったりというもの。

ステージ3:破壊的暴力

家中の家具をひっくり返したり、ドアや壁をけ破ったりする。手当たり次第に壊れる物(コップや時計など)を危険な物(テレビやガラス窓など)に向かって投げる。また後始末が大変な物(牛乳、醤油、卵など)をわざと部屋中にまき散らす。

ステージ4:対人的暴力

父親や母親にむかって殴ったり蹴ったり暴力をふるう。この段階で父親は家に帰れなくなり、別居せざるを得なくなったり、母親は腕を折ったり顔にあざができたりする。怒り出すと自制心がきかなくなるので、要注意である。

ステージ5:脅迫的暴力

1~4の暴力に加え、法外な要求を親につきつける。「三百万円だせ」とか「俺にマンションを買い与えろ」など。言うことをきかないと、包丁をもちだして暴れる。またふだんから部屋のあちこちに包丁やナイフを隠し持っている。

家庭内暴力のカウンセリングは、刻一刻を争う事態も頭にいれて、関係者(両親とセラピスト=カウンセラー)が一丸となって徹底的に取り組まないといけません。子どもの反応をみながら、アドバイスや対応を微妙に変えていく必要があります。はじめに目標をはっきりと定めます。このアドバイスを出して確かに荒れる回数が減ってきたとか、親に話しかける言葉数が増えたとか。また受け入れる時と、おだやかに説明するとき。また言いなりになったら図に乗ってくるときなど、つぶさに観察しながら判断していきます。まちがいのないアドバイスをお出しするために、日々の会話記録をつけていただきます。セラピストが、ご家庭での様子を正確に把握するためです。

家庭内暴力のカウンセリングは、とても「見守りましょう」で改善するものでないと、おわかりいただけますでしょうか。一日も早く御来所になり、家族療法で治療なさることをおすすめします。

敬具

関連記事

2013.12.03

受験生のネットゲーム依存で(発達しょうがい アスペルガー)

発達しょうがいと言われたC君は大事な高校受験の時期なのに友達とネットゲームを始めたそうです。「何故今なの」と親御さんのイライラは募るばかりです。 受験が終わればすればいいけどそれまでは勉強に集中してほしいのにネットゲーム […]

2010.11.04

「職場のうつ」ケースに効果をあげた精神科医とカウンセラーのチームワーク

職場うつ:男性36才(銀行勤務)一年の休職中 36歳の銀行勤務の男性です。職場を休職して一年がたったのですが、なかなか症状が改善しないということで来所されました。カウンセラーが状況をくわしく聞いていきます。日常生活の過ご […]

1.ひきこもりでも、一番重い五段階目に入る

母親との会話も拒否して自室にこもる孝夫(20才、来所時年齢) 孝夫の母親が来所したのは、今から三年前の秋だった。母親はつぎのように孝夫の様子を話してくれた。「自分の部屋に引きこもって出てこうへんのですわ。食事も私が二階ま […]

シリーズ記事

1.息子の暴力に悩むお母さんへの手紙─「見守りましょう」は落とし穴

拝啓、おたより拝見しました。 1月も終わりに近づき寒さもいちだんと厳しくなってまいりました。高校一年生の息子さんの家庭内暴力で悩んでおられるご様子、お察しいたします。ご参考になればと思い、当センターで対応した治療体験をも […]

2.家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)の「五段階」

不登校・非行・家庭内暴力専門外来ページも御覧下さい。ページ上部のボタンをクリックすれば表示されます。 次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなり […]

3.荒れる言葉にはキーワードがある本「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)

しぐさでわかる早期発見のサイン 「学校、試験」など、気にしている言葉を聞くと目がきつくなる。 朝おこすと「うるさい、ほっとけ」といった暴言をはき、足でけるまねをする。 わけもなく突然怒り出すことがふえてきた。 家人の出す […]

4.「え、親だけでの来所で、息子の暴力が治るんですか!」と、驚きの声

息子(高校3年)さんの家庭内暴力で悩むお母さんが来所されました。以前、電話で問い合わせをいただいたときは、「親ごさんの来所でお願いします。ご本人はぬきでおいでください」とお話ししたところ、「え、親だけの来所で息子の暴力が […]

5.まず荒れる子を落ち着かせ、暴力をおさめることが最優先

圭介(中2父親との葛藤から家庭内暴力に)のケースを紹介しよう。 面接室には母親が一人座っていた。「こんにちは、息子さんのことでお困りと聞きましたが」という問いかけに、母親は「はい、そうなんです」と意外に明るい声で答えた。 […]

コラム一覧へ