母親の「笑い」がすべての深刻さをうやむやに

娘が過食にかかって三年。なのにかるーく考えている母親

父親が本屋さんでさがしてきた。当センターが出した「過食・拒食の家族療法」を、母親に「読め」と言う。「早くここへ行って相談してこい。もっと美沙(23才)にかかわってやらんと」と、父親はうながすが、「まえより良くなってきてるよ」と、母親の方は腰が重い。

そんなある日やっと決心したのか、母親がセンターに来所した。セラピストは母親の話を聞きながら、アメンボがスーイスーイと水面を滑るように泳ぐイメージを浮かべていた。なぜそう感じたかを面接でのやりとりでお話しよう。

セラピスト:お嬢さんの美沙さんの過食は、いまどんな状態ですか?

母親:勤めてますので帰ってきてからやるんです。夜中にでもご飯たいて。匂ってきますから、わかりますよね。(笑い)そこまでして食べたいのかなって。(笑い)

セラピスト:じゃ一日一回ですか。

母親:日曜日とか休みの日は二回やってます。

セラピスト:身長、体重は?

母親:160センチくらいですか。体重はえーと、けっこう足太いんですよね。細くしたいっていてますけど。やせる薬買ってきたりしてね。こないだ「お金かして」ゆうてきましてね。おろしてなかったからたいへんでしたわ。(笑い)

セラピスト:たいへんだったとは、美沙さんが怒ったとか。

母親:そうなんです。「食べ物買いにいけへんやんか」ゆうて、泣いてさわいで、物投げて。「ええかげんにしなさい」ゆうて、私のほうが怒ってしまいましたわ。

セラピスト:そりゃ美沙さんはおつらかったでしょうね。美沙さんの過食について、お母さんはどう思われますか?

母親:冷蔵庫あけて空っぽやから「あれ、また食べてしもたの。ケーキおいといてほしかったのに」ゆうたんですけど、むだですね。食べだしたら止まらないみたいで。お父さんの食事まで食べんといてね。あんたの分はないもんと思っといてや」ゆうとくんです。(笑い)

セラピスト:お父さんはどうおっしゃてますか?

母親:「なんとか治してやりたい。父親が本買いに行ってんの、うちぐらいやぞ。ふつう母親のほうが必死になるもんや」ゆうんですけどね。(笑い)

セラピスト:お母さん、よくお笑いになりますが、おうちでもそうですか?

母親:え、私が。まあ、こんなもんですけど。

セラピスト:それでお父さんはそんなお母さんをなんとおっしゃってますか?

母親:主人はいつも「お前が変われ、お前が変われ」ゆうんですけど、どう変えたらいいのか私にもわからないし、(笑い)

どうみても母親に美沙さんの過食の苦しさが理解できているように思えない。こんな深刻な相談なのになぜこんなにたびたび笑えるのか。セラピストは「これではおそらく美沙さんの母親への信頼感はうすいだろう」と心配した。

セラピスト:美沙さんはお母さんによく話されますか。話題は何でもいいんですけど。

母親:「お母さんに話してもあかん」ゆうてます。このごろあの子と話し合う時間つくらな、とはおもてるんですが。

セラピスト:過食の治療の第一歩は「母親との信頼関係」を築くことからスタートですが。

母親:私との、ですか? ふーん、だけどあの子、しっかりしてますからね。

こんな調子でこの日の事前相談は終了した。早い適切な治療が必要だとセラピストは強調したが、どれだけ母親の心にひびいたか。気づきをうながす発言も危機を知らせるアドバイスも、スーイスーイと流れていく。父親にやいやい言われて、やっと重い腰をあげたという感じがありあり。まさに娘と母親の信頼関係を構築していく必要のあるケースなのだが、母親にその危機感はうすい。

このままではおそらく美沙さんの過食は治らないであろう。「しっかりした良い子だから安心」なのではなく、それだからこそ、過食になったんだし、そんな母親との関係を変えていかなくてはならないのだが。

関連記事

家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)の「五段階」

第一段階:自制心のある暴力 怒るキーワード(学校、勉強、夜遊びなど)を口にすると、顔がキッとひきつる。「え、なに?」と聞き返すと、「俺の話聞いてないんか」と怒り出す。わざとドンドン音をたて歩いたり、ドアを力まかせにバタン […]

2.「好きな物さがし」できっかけを見つける

長年のひきこもりで、自分がわからない一年以上のひきこもり生活が続くと、だんだんいんろんなことがぼんやりしてくる。特に「自分ってなに」が、ぼんやりしてくると、泥沼サイン。洋次が来所したときすでに四年近くが経っていた。カウン […]

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・1)

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋心理療法センターで治療したケースをもとに執筆、星和書店より出版したものです。本文のなかから症例や治療のポイント […]

シリーズ記事

1.重症の過食は本当にカウンセリングで治る?

疑問にていねいに適切に答えることで、不信感を信頼感に 五年キャリアの過食症。病院も行ってみた。しかし治らない。「毎日過食のことしか考えられないんです。なんにもできない。なにかしようとしても食べ物のことが頭から離れず、なに […]

2.対人緊張がともなう不登校は、薬だけでは不十分

工事中です。

3.母親の「笑い」がすべての深刻さをうやむやに

娘が過食にかかって三年。なのにかるーく考えている母親 父親が本屋さんでさがしてきた。当センターが出した「過食・拒食の家族療法」を、母親に「読め」と言う。「早くここへ行って相談してこい。もっと美沙(23才)にかかわってやら […]

4.僕、精神病になってしもたんやろか

「もうこれで精神病あつかいかな」って思ったら、足が前へ進まなくて 予約時刻を30分もすぎている。担当セラピストは時計を何度も見た。「おかしいな、無断キャンセルかな」。そう思ったとき電話が鳴った。「あのー、近くまで来てるん […]

5.薬なしで治したい。でも薬がないのは不安なの。

カウンセリングは薬がでないんでしょう。それが不安で 「どうぞ、お待たせしました」。担当セラピストの呼び掛けに、母親と娘の涼子は立ち上がった。ふらふらするのか母親が支えている。「朝から気分が悪くて。すみません」と母親がかば […]

6.家族療法って、家族を悪く言うんじゃないですか

お母さんがかわいそう。一生懸命育ててくれたのに 初めて来所される人のなかには「自分だけで治したい」と希望される方が少なくない。一人で良くなる症状もなくはないが、心の病気は時間がかかるしまた再発もしやすい。家族療法だとその […]

7.「今度荒れたらそのときにまたよろしく」と父親

危機意識がうすい親は、治るチャンスを見のがす とにかくなにか困った事が起きたら、その時に相談にくれば事は解決すると思っているらしい。高校3年生の娘が家庭内暴力で相談のご両親。 「もうテーブルの上にあるものみんなひっくり返 […]

コラム一覧へ