不登校・摂食障害・うつのカウンセリング 家族療法の淀屋橋心理療法センター

淀屋橋心理療法センターは親御さんが主役のカウンセリング治療です。

所長である精神科医師心理カウンセラーが得意分野を活かし、相談内容別・症状別に担当させていただきます。

特に、摂食障害は日本でいち早く家族療法を取り入れただけでなく、認知行動療法や性格分析を研究し、当センター独自に発展させたスタイルでカウンセリングいたします。

不登校のご相談も「見守りましょう」「自立を待ちましょう」ではなく、子どもさんの性格に合った具体的なアドバイス親御さんにお出ししています。

経験豊かな精神科医と症状別ベテランカウンセラー 土・日・祝日、夜間もカウンセリング可能です 対応のアドバイスを家族にさしあげます 時間をかけてじっくりお話をお聞きします

不登校専門外来、非行・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)・いじめ

不登校専門外来、非行・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)・いじめ不登校専門外来、非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)。今日、淀屋橋心理療法センターで最も相談の多いケースの一つです。経験の少ない小学生・中学生・高校生ですから、ただ「見守る」「自主性を尊重する」というだけでは、これらの問題は解決が困難です。そこで、家族の積極的な援助が必要となります。家族療法では複雑な状況をシンプル化・明確化し、高い治療効果を見せています。問題解決後は、家族のコミュニケーションもよりスムーズになり、活発でやる気のある子どもへと成長します。また、学校の先生方と連絡をとって、不登校の援助をいただいたり、いじめ構造自体を解決するお手伝いもしています。新着

摂食障害専門外来、過食症・拒食症

摂食障害専門外来、過食症・拒食症 淀屋橋心理療法センターは、1983年に設立されました。当初から摂食障害(過食症・拒食症)のカウンセリング治療に力を注ぎ、治療実績は2489症例にのぼっています。「摂食障害(過食症・拒食症)は治らない」とあきらめているあなた、「わが子の摂食障害(過食症・拒食症)にどう対応したらいいかわからない」と悩む親ごさん、一度淀屋橋心理療法センターにご連絡ください。40年の経験をもつカウンセリング一筋の精神科医師が治療に携わっています。30年過食症のカウンセリング治療を専門におこなってきた女性セラピストも常駐しています。
「摂食障害(過食症・拒食症)における初期対応のこつ」や、「こじれさせないためのアドバイス」をご本人や親ごさんに差し上げています。そして「摂食障害(過食症・拒食症)を、なんとしても治したい」というあなたの強い願いをカウンセリングで実現に導きます。また「わが子の摂食障害(過食症・拒食症)を、なんとか治してやりたい」という親ごさんの熱意を活かし、確実に摂食障害(過食症・拒食症)からの脱出に成果をあげています。


ひきこもり・ニート(NEET)専門外来

ひきこもり・ニート(NEET)専門外来自室にこもったまま、家族とのコミュニケーションが慢性的にないというケースはよくあります。またひきこもるだけでなく不登校、摂食障害、対人緊張などを伴っているケースも多くみられます。このようなケースでも家族療法は有効です。親子で話し合える関係を育てていけるし、それが関係改善の糸口になることもあります。その子の持ち味を伸ばしつつ、社会へ出ていく自信を持てるよう導くことができるケースもあります。
ひきこもりの状況やその子に合うアドバイスを出せるよう絶えず努力しています。「見守りましょう」以外になにができるか?淀屋橋心理療法センターは絶えず新しい治療法を開発し続けています。

うつ病・抑うつ状態・双極性障害(双極Ⅱ型)専門外来、職場のストレス

うつ病・抑うつ状態・双極性障害(双極・型)専門外来、職場のストレスうつ病・抑うつ状態・双極性障害(双極Ⅱ型)、職場のストレス。仕事のよくできる知的な人や責任感の強い人、また仕事に熱心な人ほどおちいりやすく、昇進や転勤・転宅など急激な環境の変化によって生じるケースが多いようです。心の中を点検して自分を追いつめいている要因を発見し、心のプログラムを組み直せばすぐに解決します。そして、従来以上にバリバリと力を発揮できるようになります。


リストカット(自傷行為)

リストカット(自傷行為)リストカット(自傷行為)は、現在急激に増えている症状の一つです。淀屋橋心理療法センターでは三十年にわたって治療に取り組んできました。その実績を研究・分析したところ、リストカットには独特の傾向があることがわかってきました。従来の解釈では「リストカットは境界性人格障害で治りにくい症状」と考えられていましたが、もっと理解しやすいリストカットの真相が見えてきたのです。その真相を分析し研究を積み重ねた結果、リストカットに効果のある独自のカウンセリングを考案することができました。その後このカウンセリング技法に基づいて、多くのリストカットに苦しむ人たちを救うことができるようになりました。摂食障害、不登校、うつなど他の症状を伴うリストカットにも有効です。しかしこれ以上問題が重複してくると治すのに困難なこともありますが、一度ご相談ください。
また今年、これらの事例をもとに書いた本の出版『克服できるリストカット症候群』(星和書店)にもこぎつけることができました。

発達障害

発達障害発達障害・アスペルガー症候群と診断されたことで救われない方はぜひ淀屋橋に相談して下さい。発達障害にはいろんな形があります。その中で当センターが力を入れているのは、伸びしろのある子を見つけ、その子を最大限伸ばしていくということです。そういうことに関心のある親御さんに協力したいのです。


強迫性障害(強迫神経症)

強迫性障害(強迫神経症)従来の薬物による治療やカウンセリングでは治りにくいとされていた強迫性障害(強迫神経症)。家族の力を生かした家族療法によるカウンセリングで、淀屋橋心理療法センターも独自の方法で治療に取り組んでいます。

対人恐怖症(対人緊張)

対人恐怖症(対人緊張)

対人恐怖症(対人緊張)は、十代後半から入社したての若い男女に多いケースです。他人の視線がつきささるように感じたりして体が固くなったりします。緊張感や人と交われない孤独感などで大変つらい思いをしています。そんなつらさをカウンセリングでしっかりと受けとめ、立ち直りのきっかけをつかんでいきます。対人恐怖症(対人緊張)は、カウンセリングが有効な症状の一つです。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群過敏性腸症候群は心身症の一つです。日常生活に支障がでるため本人は大変困っているのですが、なかなかそのつらさは周りの人にわかってもらいにくいものがあります。過敏性腸症候群は、カウンセリングで比較的効果があがりやすい症状だということが意外に知られていません。


社会不安障害(SAD)

神経症・心身症など社会不安障害(SAD)・不安障害(不安神経症)、ストレス・心身症、パニック障害・過呼吸症候群など。

子育ての悩み

子育ての悩みお母さんへの子育てヒント、子どもとお母さんの「こころの健康百科」、育児書どおりが正しい発達レベルと信じこんで。

その他の診療科目

その他の診療科目夫婦問題、不眠症、無気力症、吃音・どもり、アトピー性皮膚炎、「統合失調症の疑いがある」と診断されても...


所長・医師 福田俊一

所長の一言淀屋橋心理療法センターの所長・精神科医の福田の紹介。所長の一言、家族療法を志したきっかけ、精神科医日記、カウンセリング中のちょっといい話。新着

スタッフから

スタッフのつぶやきスタッフのつぶやき、淀屋橋心理療法センターのスタッフ対談。新着

チェックリスト診断

チェックリスト診断チェックリストで自己診断。


感想・お便り

感想・お便り成功例、元気になった人たちの声、悩みの中で淀屋橋心理療法センターと出会い信頼してくれた人たち、治療の断片。

本・書籍

本・書籍淀屋橋心理療法センターの出版物のご案内。学校関係者の方へ。

9月 20日
スタッフのつぶやきに「引きこもりからの脱出:遅れて青春がやってきた」を追加いたしました。大学入学後に引きこもりになり大学を中退、その後、当センターでお手伝いをし、自らの希望で専門学校に入学されます。親御さんはまた引きこもってしまわないかととても心配されていましたが、心配とは裏腹に青春をしています。
9月 13日
精神科医日記に「友人と本音で話せるようになり狭い価値観が広がった」を追加いたしました。大学生活に適応できず挫折して、淀屋橋心理療法センターに相談に来られたD子さん。最近友人と心から本音で話せるようになり、色々な価値観があると気がつかれたそうです。どんどん成長しています。
9月 11日
スタッフのつぶやきに「就職して挫折:自分の話をするようになり落ち着いてきた」を追加いたしました。高校時代から不登校気味だった娘さんが、就職し一人暮らしを始めましたが続かず、実家へ戻ってきました。その後、当センターに相談に来られた親御さんが対応を変えたことで、彼女がどういう人生を歩んできたのか、何を考えているのか等、今迄見えなかった部分が見えてきました。
9月 10日
スタッフのつぶやきに「インベーダーゲーム40周年 ネットの普及とゲーム依存」を追加いたしました。インベーダーゲームが今年40周年です。当時は最先端でした。今、ネット依存やゲーム依存の相談はどんどん増えています。ネットはゲームの世界も変えました。ここで淀屋橋心理療法センターカウンセラーのアドバイスの1つを紹介したいと思います。
9月6日
スタッフのつぶやきに「ひきこもり:資格試験に合格!」を追加いたしました。就職活動がうまくいかず、ひきこもりだった20代男性。親御さんがカウンセリングに通いお子さんに合った対応のコツを掴まれてから、徐々に元気に取り戻していかれ、機械関係の資格試験に合格いたしました。いつもはすぐには報告してくれませんが「合格した!」とすぐにLINEが来たそうです。
8月 30日
スタッフのつぶやきに「息子の家庭内暴力:自分の欠点を受け入れ、人を責めなくなってきた」を追加いたしました。仕事が長続きしない無職30代の男性。日常でうまくいかないと、親に暴言・暴力をふるうこともありました。親御さんが当センターのアドバイスを聞いた上で対応を続けていると、発言が少し変わってきて、暴れる頻度が減り、激しさが弱まっていきました。
8月 30日
精神科医日記に「ひきこもり 次々と小さな良い変化が起こっています」を追加いたしました。D子さんは、長い間のひきこもりから脱出し、パートを始めて6ヶ月経ちました。そのD子さんの言葉「1年前は、今の自分があるとはとても考えられなかった」。さらに次々と小さな良い変化が起こっています。
8月 30日
精神科医日記に「小学校2年生の女の子のパニック」を追加いたしました。小学校2年生のC子ちゃんは、不登校で相談にこられています。お出かけするときに何の服を着ていくか、1時間以上考えた末パニックになります。お母さんもほとほと疲れておられましたが、すんなりと決まることが出始めました。
8月 27日
スタッフのつぶやきに「辛かった思い出を子どもが親に語り始める時」を追加いたしました。子どもが親に過去の思い出を語り始める事があります。親としては聞くのが辛い話の場合もあります。もしかしたら親が責められているように感じるかもしれません。けれども、まずは子どもさんの話をそのまま聞いて欲しいと思います。
8月 27日
スタッフのつぶやきに「不登校・摂食障害:目標を見つけて頑張り出した」を追加いたしました。高校生の頃から不登校気味で、とりあえず大学に進学したけれども、学校に行こうと思っても体が思うように動かず、過食も止まりませんでした。そんな彼女が、今は目標に見つけて、すごいパワーで突き進んでいます。

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

QRコード

QRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。

電話番号は 06-6866-1510 です。電話受付時間は、土日祝日を除く11時~15時です。〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-49 TGCマンション 第8-201号室お問い合わせのメールアドレス:rainbow@mxs.mesh.ne.jp取材専用のメールアドレス:fishingdoctor1949@gmail.com淀屋橋心理療法センターへようこそ

アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」