不登校・摂食障害・うつのカウンセリング 家族療法の淀屋橋心理療法センター

淀屋橋心理療法センターは親御さんが主役のカウンセリング治療です。

所長である精神科医師心理カウンセラーが得意分野を活かし、相談内容別・症状別に担当させていただきます。

特に、摂食障害は日本でいち早く家族療法を取り入れただけでなく、認知行動療法や性格分析を研究し、当センター独自に発展させたスタイルでカウンセリングいたします。

不登校のご相談も「見守りましょう」「自立を待ちましょう」ではなく、子どもさんの性格に合った具体的なアドバイス親御さんにお出ししています。

経験豊かな精神科医と症状別ベテランカウンセラー 土・日・祝日、夜間もカウンセリング可能です 対応のアドバイスを家族にさしあげます 時間をかけてじっくりお話をお聞きします

不登校専門外来、非行・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)・いじめ

不登校専門外来、非行・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)・いじめ不登校専門外来、非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)。今日、淀屋橋心理療法センターで最も相談の多いケースの一つです。経験の少ない小学生・中学生・高校生ですから、ただ「見守る」「自主性を尊重する」というだけでは、これらの問題は解決が困難です。そこで、家族の積極的な援助が必要となります。家族療法では複雑な状況をシンプル化・明確化し、高い治療効果を見せています。問題解決後は、家族のコミュニケーションもよりスムーズになり、活発でやる気のある子どもへと成長します。また、学校の先生方と連絡をとって、不登校の援助をいただいたり、いじめ構造自体を解決するお手伝いもしています。新着

摂食障害専門外来、過食症・拒食症

摂食障害専門外来、過食症・拒食症 淀屋橋心理療法センターは、1983年に設立されました。当初から摂食障害(過食症・拒食症)のカウンセリング治療に力を注ぎ、治療実績は2489症例にのぼっています。「摂食障害(過食症・拒食症)は治らない」とあきらめているあなた、「わが子の摂食障害(過食症・拒食症)にどう対応したらいいかわからない」と悩む親ごさん、一度淀屋橋心理療法センターにご連絡ください。40年の経験をもつカウンセリング一筋の精神科医師が治療に携わっています。30年過食症のカウンセリング治療を専門におこなってきた女性セラピストも常駐しています。
「摂食障害(過食症・拒食症)における初期対応のこつ」や、「こじれさせないためのアドバイス」をご本人や親ごさんに差し上げています。そして「摂食障害(過食症・拒食症)を、なんとしても治したい」というあなたの強い願いをカウンセリングで実現に導きます。また「わが子の摂食障害(過食症・拒食症)を、なんとか治してやりたい」という親ごさんの熱意を活かし、確実に摂食障害(過食症・拒食症)からの脱出に成果をあげています。


ひきこもり・ニート(NEET)専門外来

ひきこもり・ニート(NEET)専門外来自室にこもったまま、家族とのコミュニケーションが慢性的にないというケースはよくあります。またひきこもるだけでなく不登校、摂食障害、対人緊張などを伴っているケースも多くみられます。このようなケースでも家族療法は有効です。親子で話し合える関係を育てていけるし、それが関係改善の糸口になることもあります。その子の持ち味を伸ばしつつ、社会へ出ていく自信を持てるよう導くことができるケースもあります。
ひきこもりの状況やその子に合うアドバイスを出せるよう絶えず努力しています。「見守りましょう」以外になにができるか?淀屋橋心理療法センターは絶えず新しい治療法を開発し続けています。

うつ病・抑うつ状態・双極性障害(双極Ⅱ型)専門外来、職場のストレス

うつ病・抑うつ状態・双極性障害(双極・型)専門外来、職場のストレスうつ病・抑うつ状態・双極性障害(双極Ⅱ型)、職場のストレス。仕事のよくできる知的な人や責任感の強い人、また仕事に熱心な人ほどおちいりやすく、昇進や転勤・転宅など急激な環境の変化によって生じるケースが多いようです。心の中を点検して自分を追いつめいている要因を発見し、心のプログラムを組み直せばすぐに解決します。そして、従来以上にバリバリと力を発揮できるようになります。


リストカット(自傷行為)

リストカット(自傷行為)リストカット(自傷行為)は、現在急激に増えている症状の一つです。淀屋橋心理療法センターでは三十年にわたって治療に取り組んできました。その実績を研究・分析したところ、リストカットには独特の傾向があることがわかってきました。従来の解釈では「リストカットは境界性人格障害で治りにくい症状」と考えられていましたが、もっと理解しやすいリストカットの真相が見えてきたのです。その真相を分析し研究を積み重ねた結果、リストカットに効果のある独自のカウンセリングを考案することができました。その後このカウンセリング技法に基づいて、多くのリストカットに苦しむ人たちを救うことができるようになりました。摂食障害、不登校、うつなど他の症状を伴うリストカットにも有効です。しかしこれ以上問題が重複してくると治すのに困難なこともありますが、一度ご相談ください。
また今年、これらの事例をもとに書いた本の出版『克服できるリストカット症候群』(星和書店)にもこぎつけることができました。

発達障害

発達障害発達障害・アスペルガー症候群と診断されたことで救われない方はぜひ淀屋橋に相談して下さい。発達障害にはいろんな形があります。その中で当センターが力を入れているのは、伸びしろのある子を見つけ、その子を最大限伸ばしていくということです。そういうことに関心のある親御さんに協力したいのです。


強迫性障害(強迫神経症)

強迫性障害(強迫神経症)従来の薬物による治療やカウンセリングでは治りにくいとされていた強迫性障害(強迫神経症)。家族の力を生かした家族療法によるカウンセリングで、淀屋橋心理療法センターも独自の方法で治療に取り組んでいます。

対人恐怖症(対人緊張)

対人恐怖症(対人緊張)

対人恐怖症(対人緊張)は、十代後半から入社したての若い男女に多いケースです。他人の視線がつきささるように感じたりして体が固くなったりします。緊張感や人と交われない孤独感などで大変つらい思いをしています。そんなつらさをカウンセリングでしっかりと受けとめ、立ち直りのきっかけをつかんでいきます。対人恐怖症(対人緊張)は、カウンセリングが有効な症状の一つです。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群過敏性腸症候群は心身症の一つです。日常生活に支障がでるため本人は大変困っているのですが、なかなかそのつらさは周りの人にわかってもらいにくいものがあります。過敏性腸症候群は、カウンセリングで比較的効果があがりやすい症状だということが意外に知られていません。


社会不安障害(SAD)

神経症・心身症など社会不安障害(SAD)・不安障害(不安神経症)、ストレス・心身症、パニック障害・過呼吸症候群など。

子育ての悩み

子育ての悩みお母さんへの子育てヒント、子どもとお母さんの「こころの健康百科」、育児書どおりが正しい発達レベルと信じこんで。

その他の診療科目

その他の診療科目夫婦問題、不眠症、無気力症、吃音・どもり、アトピー性皮膚炎、「統合失調症の疑いがある」と診断されても...


所長・医師 福田俊一

所長の一言淀屋橋心理療法センターの所長・精神科医の福田の紹介。所長の一言、家族療法を志したきっかけ、精神科医日記、カウンセリング中のちょっといい話。新着

スタッフから

スタッフのつぶやきスタッフのつぶやき、淀屋橋心理療法センターのスタッフ対談。新着

チェックリスト診断

チェックリスト診断チェックリストで自己診断。


感想・お便り

感想・お便り成功例、元気になった人たちの声、悩みの中で淀屋橋心理療法センターと出会い信頼してくれた人たち、治療の断片。

本・書籍

本・書籍淀屋橋心理療法センターの出版物のご案内。学校関係者の方へ。

9月 14日
マスコミ出版社への取材コーナーに『NTTドコモ「ママテナ」より「愛着障害」について取材を受けました。』を追加いたしました。NTTドコモ「dメニュー」の「ママテナ」より「愛着障害」について所長の福田が取材を受けました。記事は3回に分けて掲載されています。
8月 24日
8月25日木曜日の16時45分からの関西テレビの番組「ワンダー」のコーナー「イマ知り!」で取材を受けました。所長の福田が出演いたします。是非、ご覧ください。
6月7日
所長の一言に「カウンセリングに来所して頂いている皆様へ」を追加いたしました。現在大変混雑しており、10日後の予約を希望されても空きが無いケースが多発しております。1ヶ月先の予約であれば、比較的希望の日時で取りやすくなっております。ご希望日時に来所頂く為に、先々数回分の予約を取って頂きますよう、是非皆様のご協力をお願いします。
5月 16日
マスコミ出版社への取材コーナーに『NTTドコモ「ママテナ」より「五月病」について取材を受けました。』を追加いたしました。NTTドコモ「dメニュー」の「ママテナ」より「五月病」について所長の福田が取材を受けました。記事は3回に分けて掲載されています。
4月 26日
5/3(火)~ 5/5(木)は電話受付しておりませんが、ご予約された方の診療は予定通りです。尚、5/10(火)は全体会議の為、お電話が繋がりません。
4月 22日
スタッフのつぶやきに「腕が重い・しびれるが、検査しても異常なし」を追加いたしました。心の問題の症状として頭痛や腹痛はよくありますが、例えば、腕が重く感じる、しびれるといったご相談も数件ですがありました。いくつかの病院での検査結果も異常はありません。そこで、当センターへ来られた親御さんにお子さんへの対応を工夫して頂くようにお願いしました。すると次第に腕がしびれるという話題は出なくなり、職場復帰も果たされました。
4月 20日
スタッフのつぶやきに「九州地方で起きた大地震」を追加いたしました。九州地方で起きた大地震、被災された方々の心労を思うと心が痛みます。心よりお見舞い申し上げます。当センターに来られているクライアントさんで、不自由なく生活できることに罪悪感が沸いたり何もできないことに申し訳ない気持ちになり酷く落ち込まれる方が結構いらっしゃいます。心優しい人達と、現場の人達の気持ちがうまく繋がってプラスの動きが出てくればいいなと思います。
4月 15日
スタッフのつぶやきに「春 卒業・受験合格のうれしいご報告」を追加いたしました。今年も卒業や受験合格のご報告を頂きました。担当カウンセラーではなくても、とても嬉しく感じます。良い結果が出るには、早い段階でご相談にお越し頂くに越したことはありません。親御さん、お子さんのご卒業(合格)おめでとうございます。そして本当にお疲れ様でした!
4月 13日
不登校専門外来に「【不登校】「前の担任からきいていますよー」の一言で」を追加いたしました。4月の新学期はクラス替えで担任の先生も替わるのが一般的ですが、親御さんの願いは、前の担任の先生から昨年度の登校状況や本人の情報や性格などをなるべく細かく引継ぎしておいてほしいのです。不登校のカウンセラーとして一番大事にしたいのは、親御さんのモチベーション・安心感などです。
4月6日
スタッフのつぶやきに「うつ病心理テストチェックリスト」を追加いたしました。現在は色々な心理テストがあり、気軽に試してみる事もできますが、具体的にどうすればよいかという対応策はどうでしょうか。症状を改善するには、一人一人の悩みに沿った個別対応による具体的なアドバイスが必要だと思います。

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

QRコード

QRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」