令和3年みっつの明かり

当センターでは、治療を進めていく中で親子の相性が良くなることは大切な要素のひとつです。 親子関係がうまくいき始めると、その過程で子供には色々な良い変化が起こってきます。 新年はじめは、3組の親子の明るい笑いをお届けしたいと思います。

〈カニばさみ〉

親子関係が良くなってくると、子供が自主的にお母さんの肩たたきをしてくれるようになったという話はよく聞きますが、「カニばさみ」をしてくれた話は聞いたことありますか?!

20代のゆうこさんは以前、自室に引きこもった状態で隠れて過食を繰り返していました。過食をしたあとは不機嫌になり、食材を買ってくる親が悪いと責めました。お母さんは、そんなゆうこさんに対してうまく対応できず、反論したり言い合いになってしまいます。ゆうこさんは部屋に引きこもったり家出をすることもあり、不満が募り分かり合うことができずにお互いが苦しみました。

そんなゆうこさんが、今はお母さんにちょっかいをかけたくて仕方がないようです。お母さんがリビングでTVを観ていると、ゆうこさんがススス・・とやってきます。足でお母さんの体をぎゅっと挟むと、こう言いながら笑いました。
「カニばさみ~ 捕獲~!」

〈カニばさみ〉

                                     

〈ネズミの穴〉

暗くてどこか寂しそうな音楽が小さく漏れている中学生のしょうごさんの部屋の前に、お母さんはそっと夕ご飯を乗せたお盆を置きました。部屋の中に入ることはもちろんドアをノックすることも許されません。しょうごさんは不登校が続いており、家庭内暴力で両親を困らせることもしばしばです。しんどかったとき、家の中で暴れまわり自分の部屋の壁に大きな穴を空けたこともあります。その後のカウンセリングにより再び学校に通えるようになり、気持ちも少しづつ安定しました。食事も家族と一緒にとることができるようになりました。

やがて家族が自分の部屋の中に入ることも拒まなくなると、さっそく入ってきたお父さんに言いました。
「これ、でかいネズミが空けたんや」
しょうごさんが指を指すその先には、かつて自分で空けてしまった大きな穴が。
お父さんは少しはにかみながら
「え~!?お前がどついたんちゃうか?」
と、穏やかに刺激しないよう言いました。久しぶりの何気ない会話のやり取りです。
「いや違うで。まわし蹴りで空けたんや!」
まさにひねった返しです。

しょうごさんは、幼い頃のようないたずらな笑顔でニカっと笑いました。しょうごさんの部屋から流れてくる以前とは違った明るい音楽を、隣の部屋でお母さんが聴いていました。

〈ネズミの穴〉

                                    

〈父親譲り〉

なおきさんの部屋は一日中真っ暗です。誰かと話すことも明かりをつけることもないまま布団をかぶり、ずっと引きこもって暮らしていました。その後は徐々にリビングに出てくるようになり、お父さんお母さんがいる同じ空間でテレビを観れるほどになりました。だけど親御さんは、どんなお笑い番組を観ていても無表情のままなのが気にかかります。

日々は流れていき、ある日「爆笑レットカーペット」を観るなおきさんがクスっと笑うところを見つけました。12月に入ると「M-1グランプリ」を観るなおきさんがははは…と笑うようになり、さらに年末の「ガキの使いやあらへんで 笑ってはいけない○○」の頃には、「父さん、方正おもしろいな!がはははは」とお腹を抱えて笑っていました。

当センターに来所された当初、不安で不安で仕方がないといった表情をしていたお父さんでしたが、
「先生、あいつ声がでかいんですよ!がはははは」
めいっぱい笑いながら、私にそんなことを話してくださいました。「笑い方はお父さん譲りですね」とこっそりカウンセリング中に思ったことは秘密です。最近は夜になると、なおきさんの部屋の明かりがついているそうです。

〈父親譲り〉

                                      

今年は明るい一年になりますように・・・

※ 記事は、当センターに来所されている方々複数の事例をもとに作成しています。登場する名前は仮名であり、ご本人が特定されないようにしております。

シリーズ記事

2021.03.01

1.焦らずスモールステップ

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」など昔から言われているように、この時期はあっという間に過ぎていく気がします。長い冬が終わり、もうすぐ春が訪れる。ワクワクする気持ちの人と、そうでない気持ちの人がいると思います。春に […]

2021.02.05

2.「過食」という強者

当センターには、過食の治療のために通われ、やがて卒業してゆく方々が多くいらっしゃいます。中には「とにかく今すぐに過食を治したい、過食を治して早く普通の生活を送りたい」と焦るかたも少なくありません。過食に限らず、自分の病気 […]

2021.01.23

3.軽い気持ちでダイエットが拒食症に

コロナの影響で、学生のお子さんは、1学期の大半という長い間、自宅待機を余儀なくさせられました。 ずっと自宅にいる中、(これといってやることもないなぁ・・・そうだ、今度みんなに会ったとき「やせたね~!」って言われるようにダ […]

2021.01.15

4.令和3年みっつの明かり

当センターでは、治療を進めていく中で親子の相性が良くなることは大切な要素のひとつです。 親子関係がうまくいき始めると、その過程で子供には色々な良い変化が起こってきます。 新年はじめは、3組の親子の明るい笑いをお届けしたい […]

2020.12.15

5.不登校を乗り越えるための 親御さん向け勉強会」を開催しました!

2020年も残すところあと数週間となりました。今年は、日々の生活スタイルが急速に変わった1年でした。きっと多くの方が戸惑い、これから先、当たり前の暮らしが戻ってくるのか、不安に思われているのではないでしょうか。そんな中、 […]

2020.11.30

6.淀屋橋のお茶会

お茶会といえば、「なんでもない日おめでとう!」と大騒ぎする、不思議の国のアリスに出てくるお茶会や、「いちご水」で有名な赤毛のアンのお茶会が思い浮かびます。どちらのお茶会も、豪華なケーキやクッキーや紅茶が用意されていて美味 […]

2020.11.11

7.親だって1年生

朝晩の冷え込みが増し、秋も深まってまいりました。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 近頃、本屋さんに出かけると、子育てノウハウ本や、親子問題について記された書籍が、たくさん平積みされているところを目にします。子育てに悩 […]

2020.10.30

8.なにげない日常の中にある小さな幸せ

ある雨の日。駅の入り口では、傘をさした母親が、「ここ!ここよ!」と迎えに来た車に向かって笑顔で手を振っていました。運転しているのは息子。助手席を見ると父親が座っています。多くの人にとっては、なにげない日常の一場面でしょう […]

2020.10.13

9.「不登校を乗り越えるための 親御さん向け勉強会」を開催しました!

長い自粛期間が明けて4か月ほど経ちました。街には徐々に人が増え、少しずつ以前の様子が戻り始めています。 電車の中でも、通学途中の生徒さんたちをたくさん見かけます。 友達と談笑している子や、参考書を開き勉強している子、一人 […]

2020.02.04

10.「ま いいか」

小学生で癇癪持ちの子。お出かけする時に「赤色のシャツがない!あのシャツじゃないと絶対にいやだ!」と怒り出し、外出するのにとても時間がかかっていました。しかし最近になり、お母さんが「あのシャツは洗濯中だよ」と言うと、「ま  […]

関連記事

2011.03.16

ひきこもり 治療に一歩を踏み出しませんか

ひきこもりは、家庭内暴力や非行などと比較すると「すぐさまなんとかしなければ・・」という親御さんの切迫感が少ないため、気にはなっていても「見守る」という名目で何もせずに気がつけば10年も経過していた、ということも少なくあり […]

2015.04.07

ひきこもりの相談で 新生活の時期に・・・

4月から新生活が始まった人も沢山いらっしゃると思います。新入学、新入社員・・・街には初々しい新品の制服姿が眩しくキラキラ輝いています。ひきこもりで悩んでいる人はこの季節が一番辛い様です。周りのみんなが輝いて見え、希望に溢 […]

2007.11.13

ひきこもりの相談で

高校2年生の息子さんが、突然高校に行かなくなり自室にひきこもってしまわれました。家族の呼びかけには一切答えないし、真っ暗な部屋で何をしているのか。お母さんはどうしていいか全く分からず泣き暮らしていらっしゃったそうです。 […]

記事一覧へ