3.治療を開始して一年後、小さな主導権がとれだした

孝夫ってこんなに小うるさい、細かい子やったんかいな

治療をスタートしてほぼ一年がたった。母親との会話はもちろんのこと、いつのまにか父親とも話せるようになっている。車や経済のことは父親と、食事や家事のことは母親と、というふうに話題によって分けているようだ。一時はカップラーメンにお湯を注いで終わりという食事スタイルをとっていたこともあったが、そんな心配は今ではほとんどない。夕飯は家族といっしょに食卓を囲んでいる。父親も母親もできるだけ自分たちから話題をださないよう、また会話を先先進めないよう気をつけている。

当時の母親との会話を紹介しよう。前編での会話と比べてみると、孝夫が主導権をとって会話を進めているのがわかる。おっとりした子、無口な子、おおざっぱな子と、思っていたが、どうしてどうして。母親が閉口するくらい細かいところが出てきた。孝夫の本質がようやく浮上してきたといえよう。

(*生活記録より抜粋。特定できないように変えてあります)

上着を自分で洗濯しようとして

孝夫:これ、洗濯機で洗えるか?

母親:どれどれ、洗えるで。

孝夫:そやけど、なんか裏が起毛しとうで。こんなん洗たら毛がいっぱい他の衣類につかへんか?

母親:だいじょぶや思うけどな。

孝夫:それはなんの根拠があって「だいじょうぶ」と言えるんや。ええかげんなこと言うな。

母親:はー、すんまへん。

孝夫:洗濯機の取り説どこや。説明書ないかゆうとんや。はよさがさんか。

母親:えー、あれはやな。どこへしもたんやったかいな。

孝夫:ほんまになにやらせても、ええかげんなやつやな。あ、あった、あった。えーと、毛の物を洗うときわやな、あ、洗剤がちがうんや。アクロンとか中性洗剤つかうねんて。そいで、このボタン押してー。回転をゆっくりさせるんかな。やっぱり他の物とは一緒に洗わんほうがええみたいやで。 念のため、ゆうて書いてある。

母親:そうか、なるほど。

孝夫:なるほどやないで、今までお母さん、どないしてたんや。みんないっしょこたに洗てたんやろ。

母親:え、そんなんはネットに入れてな。

孝夫:あ、ネットゆう手もあるんやな。そやけどこのネット穴あいとうで。わかってたんか。ほんまにお母さんはええかげんやな。もうこのネットは捨てとくで。ええな。代わりのあるんか。なかったらすぐ買うてこんと。

母親:わかった。今日スーパーで新しいネット買うてきますわ。

治療が進み親が対応のこつを覚えてくると。

カウンセラー:いやー、変わってこられましたね。息子さん、初めの頃と比べたら違う人みたいですよね。

母親:はー、それはいいんですけど。小うるさいんはどうかなりませんかね。いちいちこだわりますねん。

カウンセラー:そのこだわる性格が息子さんの本質なんですよ。そう思われませんか。

母親:なるほど、そう言われますと、ようこだわりますわ。なんやきのうも暖房機のホースがどうのこうのゆうとりましたわ。な、お父さん。

父親:ガスファンヒーターつこうとるんですが、ホースが曲がっとるから、ここは固定せなあかんのやとか。消したかどうか、指さし確認するようにとか。なんでそこまでせなあかんのや。

母親:けっこうきつい言い方しますねん。あんな子やなかったのに。

カウンセラー:その「あんな子やなかったのに」というのが、キー・ワードなんです。いっとき悪くなったと思われるでしょう。が、それが良くなるプロセスなんです。ここは辛抱して、しっかりと聞き役に徹しながら、受け止めてあげましょう。やがてじょうずに自分のこだわりを出せるように成長されますから。

治療が進み親が対応のこつを覚えてくると、ひきこもりから脱皮して家族とともに生活できるようになる。親にとってこれほど嬉しいことはない。やっと大きな山を越えてくれたかと、安堵の胸をなでおろす。しかしまだまだこれから一山も二山も越えなくてはならない。その一山が本人の変化である。この会話にもみられるように、本人の本質が浮上してくる。いままで大人しい、おっとりしていると思われていた子が、けっこうきつい、うるさいこだわり気質の面がでてきたりする。

しかしこんなしんどい時期もしっかりと受け止めてやっていると、しだいに意見の出し方もじょうずになってくる。自分の性格のコントロールができてくるのである。孝夫は家事もできることは手伝うようになったし、歯医者とか散髪といった自分に必要なところは出かけるようになってきた。長い間音沙汰のなかった高校時代の友人とも連絡を取り合いだしたし、そろそろ大学に復帰の話しも出せるかなという雰囲気になってきている。

関連記事

2012.11.15

気付き(アスペルガー 発達しょうがい)

アスペルガー 発達しょうがいの人で自分が嫌いだ自信がないと自己評価の低い人を沢山みてきました。もったいないと思います。自分が短所だと思っている所は裏を返せば長所になる所が結構あるのです。 我々はまずそれに気付いてもらうお […]

必ずでてくる厳しい親批判の声

「親は何を言ってもわかってくれない。だからもう何も言わない」 家族との会話がなかった 親とのコミュニケーションがとれなくて、ずーと引きこもりの状態が続いていて。本を読んだり、自分なりに考えたことなんかをパソコンに文章化し […]

2011.11.19

(発達障害)相手の気持ちを読めない

高校2年のR菜ちゃんは友達が怒って帰っていった事が理解できません。 放課後の教室での出来事です。R菜ちゃんは友達のK子ちゃんと明日カラオケに行く約束をしていたのです。R菜ちゃんは少し風邪気味だったのですがK子ちゃんが楽し […]

シリーズ記事

1.1.ひきこもりでも、一番重い五段階目に入る

母親との会話も拒否して自室にこもる孝夫(20才、来所時年齢) 孝夫の母親が来所したのは、今から三年前の秋だった。母親はつぎのように孝夫の様子を話してくれた。「自分の部屋に引きこもって出てこうへんのですわ。食事も私が二階ま […]

2.2.生活の記録から見えてきた改善のてがかり

家族療法による治療がスタートした 「先生、読んでください。できるだけ息子にわからんように書いてきました」と、母親はつけてきた生活の記録をさしだした。どんな内容なのか、少しここに抜粋してみよう。 (*抜粋ですが、特定できな […]

3.3.治療を開始して一年後、小さな主導権がとれだした

孝夫ってこんなに小うるさい、細かい子やったんかいな治療をスタートしてほぼ一年がたった。母親との会話はもちろんのこと、いつのまにか父親とも話せるようになっている。車や経済のことは父親と、食事や家事のことは母親と、というふう […]

コラム一覧へ