ゲーム依存症

ゲーム依存専門外来

ゲーム依存は淀屋橋心理療法センターの経験では、ゲームを禁止しなくても、ゲーム以外の事への関心を深め広げていったり、親子関係の改善をはかる中で、解決する例も相当数あります。一概にゲームを全て断つという治療に偏らず、クライアントの状況に応じた治療が選ばれる事を望みます。

最終更新日:2019.3.29

ケース&アドバイス

2014.11.27

高校一年生 スマホ依存の相談で

不登校でスマホを片時も離さない娘さんの相談です。高校一年の娘さんは学校でトラブルがあったようですが親御さんには詳しく不登校の理由を話してくれません。親に心配をかけたくないというより今まで勉強も運動もできて『よくできる娘さ […]

2014.8.6

夏休みのゲーム依存の相談で 4

猛暑が続く毎日、子ども達はどうしてもゲームに走りがちです。小学校低学年のお子さんならまだ親御さんの言うことを聞くでしょうが、思春期にさしかかると親の言う事を聞かないという愚痴があちこちで聞こえてきます。中学生、高校生にで […]

2014.7.24

夏休みのゲーム依存の相談で 3

小学校、中学校も長い夏休みが始まりました。親御さんもご飯の用意や頻繁にある兄弟げんか、友達の出入りなどお忙しいことだと思います。 猛暑だとどうしても家でゲームをする機会も増えてくるものです。ネットゲーム環境がますます充実 […]

コラム一覧へ

推薦図書
- 淀屋橋心理療法センター
の著書 -

お子様のこのようなことで
悩まれていませんか?
- お悩みは抱え込まずに、
是非家族療法
の専門家にご相談ください -