ゲーム依存症

ゲーム依存専門外来

ゲーム依存は淀屋橋心理療法センターの経験では、ゲームを禁止しなくても、ゲーム以外の事への関心を深め広げていったり、親子関係の改善をはかる中で、解決する例も相当数あります。一概にゲームを全て断つという治療に偏らず、クライアントの状況に応じた治療が選ばれる事を望みます。

最終更新日:2019.3.29

ケースアドバイス

2013.8.6

ネット依存から不登校のカウンセリング(発達しょうがい・アスペルガー)

全国の中高生のネット依存が50万人を越えたというニュースがありました。日々進化しているネットの世界は子ども達にとっては、それは魅力的だろうし又仲間とのコミニュケーションツールとしても非常に重要な役割になっているのでしょう […]

2013.9.25

ネット依存 ゲーム依存からの脱出(発達しょうがい アスペルガー)

中学生の頃から相談に来られていた現在22歳の会社員B介さんのお母さんの話です。「B介が言うんです『この前に買ったゲーム、一週間でまだ8時間しかしてないことに自分でもびっくりや』って」 どう言う事かというと、彼は小さい時か […]

2013.10.28

ネット依存から家庭内暴力に

高校1年のM菜さんのネット依存状態がひどく成績も下がり気味になってきた為、親御さんが午後10時以降のネット使用禁止と厳しい制限をかけました。そうしたらM菜さんは突然変貌し荒れて物を投げたり暴れて大声で叫んだり・・・。その […]

コラム一覧へ

推薦図書
- 淀屋橋心理療法センター
の著書 -

お子様のこのようなことで
悩まれていませんか?
- お悩みは抱え込まずに、
是非家族療法
の専門家にご相談ください -