摂食障害(過食症・拒食症)

厚生労働省では難病指定されている摂食障害(拒食症・過食症)

摂食障害とは食行動の重篤な障害を呈する精神疾患の一種である。近年では嚥下障害の機能的な摂食障害との区別をつけるため、中枢性摂食異常症とも呼ばれる。厚生労働省の難治性疾患(難病)に指定されている。

ご存知ですか?摂食障害(拒食症・過食症)は、
厚生労働省では難病指定されています

摂食障害とは…

摂食障害とは食行動の重篤な障害を呈する精神疾患の一種である。近年では嚥下障害の機能的な摂食障害との区別をつけるため、中枢性摂食異常症とも呼ばれる。厚生労働省の難治性疾患(難病)に指定されている。

症状

症状は、拒食症、過食症などのタイプによっても異なり、また同じ拒食症・過食症などでも、患者によって症状は多様である。

  • 拒食症では極端な食物制限が中核となる。食事を食べているところを他人に見られたがらない場合も多い。
  • 体重を減らそうとして運動をするなどの過活動がみられることもある。
  • 拒食によって体重低下がすすんだ結果、異常な低体重となり、女性の場合は月経が停止することもある。
  • この時期でも本人はいたって元気な様子をみせ、病識がない場合が多い。
  • 摂食障害の存在を周囲に隠したいため、人前では食品を食べてみせ、直後にトイレに行き全て吐くといった行動をとる患者もいる。
  • 自分の思うとおりにならない自分を、摂食行動において完ぺきにコントロールしようとする気持ちの背後には慢性的な不安があり、摂食障害者は一様に強迫的な性格傾向を有する。

拒食症のむちゃ食い・排出型や過食症などでは、短時間に多量の食べ物を摂取する過食行動がみられる。自己誘発嘔吐や下剤乱用などの行為を伴うことも多い。自己誘発嘔吐によって、咽頭に爪による潰瘍を生じたり、利き手の指や手の甲に吐きダコができたりすることもある。

拒食状態ではエネルギーとなる糖が少なく、低血糖におちいる。その結果脳の活動が阻害され意識障害がおこる。極端な低血糖が持続した場合、脳萎縮など脳細胞に回復不可能な障害が引き起こされる。嘔吐や毎日の下剤使用により、電解質(カリウム、ナトリウム、クロール等)の低下が起こり、心機能の低下や前進の脱力感、痺れ(テタニー)を生じる。低カリウム状態では心不全におちいり、心臓が停止することもあり危険である。

血中のコレステロールは高く、血圧は低い。手足の末端は冷たくなり、脱毛、皮膚の乾燥、背中にうぶ毛が生えることもある。

拒食

神経性無食欲症が爆発的に増加したのは、1960年代から1970年代にかけてと言われる。・・・・・・社会の価値観はスリムな女性を理想像として迎えた。やせていることは克己心、禁欲、美しさ、高い精神性などの隠喩がこめられてお り、今は「やせる事は女性にとって価値があること」になった。摂食障害の人にとって、この「価値あること」がキーワードなのである。

自分には何の取り柄もないという自己不信を根底に抱える人は、その抑うつを防衛するために、人とは際立ってちがう、優れた、特別な自分であり続けなければならない。・・・・・やせを実現するには、食欲を抑え、自分に打ち勝つ必要がある。やせることに成功したときには、自分をコントロールすることができた彼らは、結果を出す事で得られる賞賛と万能感により、中核にある自己不信を救済する。

彼らは負けず嫌いであり、いつも負けていると思っている。現実の中で特別な価値の獲得に失敗した人は、「せめてやせていないと取り柄がない」という感覚から、誰もが望み、簡単にはできないダイエットへと挑戦する。・・・・・ダイエット成功は直接的に自己価値を高める。・・・・・価値意識は「どれだけやせているか」へと変換され、体重増加は恐ろしいほどの価値の低下につながる。人よりやせることは常に人より上に立ちたい、勝ちたい、輝きたいと願う彼らの存在証明でもある。

過食

極端なダイエットは慢性の飢餓状態をつくり、結果的に過食を招く。過食は拒食のリバウンドである。彼らは食べたいのではなく、やせたい人たちなのである。やせていたいのに食べてしまうため、その埋めあわせに嘔吐をし、ときには下剤や利尿剤を用いる。過食行動は、どうでもよいというような自暴自棄の感情や、気分が落ち込んだとき、思う通りにならなかったとき、相手から拒否されたり否定されたと感じたとき、淋しかったりするときなどに生じる。それまで頑張ってきた体重減少の努力が無駄になったと感じられたときに過食が生じるのである。

・・・過食は頭が真っ白になって、ただひたすら味わうことなく食べ物を詰め込むように食べる。・・・子ども時代に甘えることを断念した彼らは、甘えや対象への一体化の幻想のなかで、幸せな乳児の状態へ回帰し、過食することで内部の衝動を満たそうとする。この感覚には恍惚感や満たされた感覚がともなうので、落ち込んだときに習慣化するようになる。しかし食べたあとには悔恨が生じ、嘔吐などの浄化行動で過食をなかったことにしようとする。一度浄化行動のルートが形成されると、過食はなかったことにできるので、容易に繰り返されるようになる。

身長と平均体重、平均体重の80%(kg)

女性 男性
身長 平均体重
(kg)
80%体重
(kg)
身長 平均体重
(kg)
80%体重
(kg)
150cm 51.7 41.3 160cm 57.8 46.2
155cm 53.4 42.7 165cm 59.6 47.6
159.5cm
(平均)
55 44 171cm
(平均)
61.8 49.4
165cm 56.8 45.4 175cm 63.2 50.5
170cm 58.6 46.8 180cm 65 52

厚生労働省「平成22年国民健康・栄養調査報告」を元に作成。平均身長は20歳のものを採用)

最終更新日:2019.3.28

チェックリスト

2008.7.17

母親が気づく子どもの【過食症】【拒食症】チェックリスト─早期発見は子どもの命を救う

摂食障害(過食症・拒食症)専門外来ページも御覧下さい。ページ上部のボタンをクリックすれば表示されます。 次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことな […]

2008.12.16

新【自己診断チェックリスト摂食障害(過食症・拒食症)】

摂食障害(過食症・拒食症)の新しいチェックリストを作りました。これまでのチェックリストを見直し、新しく作りなおしています。問い合わせ相談をお受けした1500ケース近くの摂食障害(過食症・拒食症)の事例を元にしています。来 […]

2014.7.25

チェックリスト:自己診断【摂食障害(過食症・拒食症)とうつ病】

チェックリスト:自己診断 摂食障害(過食症・拒食症)と二次障害の「うつ病」 摂食障害(過食症・拒食症)の人が、「うつ病」のような訴えをすることがよくあります。ほとんどの摂食障害の人は、吐いたあと「また食べてしまった!私は […]

ケース&アドバイス

2019.4.17

立ち直りかけたとき、うつの波が押し寄せて

第一志望の大学に合格しました!と、喜びもつかのま 中学一年のとき、ダイエットから過食症におちいってしまった。食べたり吐いたり、こんな繰り返しがもう七年も続いている。楽しいはずの青春を、自分はいったいなにしてるんだろう。着 […]

2019.4.17

友人が拒食症にかかっています

友人が拒食症にかかっています こんにちは。HPを拝見させていただきました。そこでぜひ相談にのっていただきたいとメイルを大送りしています。 私の友人S子のことですが、最近とくにやせがひどく拒食症ではないかと思います。「どう […]

2019.4.17

夢中になれるもの見つけようよ!

「どうしたら食べるのが止められるの」「もう食べ吐きにほとほと疲れはててしまって」「下剤つかってだしてるけど、体がだるい。でもやめると太るんじゃないかと不安だし」――こんな訴えを毎日のように耳にする。そこで次のようなアドバ […]

コラム一覧へ

推薦図書
- 淀屋橋心理療法センター
の著書 -


  • 過食・拒食の家族療法詳しく

  • 克服できる過食症・拒食症
    こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある詳しく

  • 母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放詳しく

お子様のこのようなことで
悩まれていませんか?
- お悩みは抱え込まずに、
是非家族療法
の専門家にご相談ください -