2.子どもの要求を否定せず、会話のチャンスに

「あれ欲しい、これ買ってくれ」この時親子で話し合いを

息子(雄一、20才)が、ひきこもりはじめて二年になる両親が来所した。高校はなんとか卒業したけれど、そこでつまづいた。大学には進学せず、さりとて職を探す意志もない。「そのうち何かやりだすやろ」と、両親は見守っていたが二年が経過した。内心あわてた両親は、インターネットで探しあてた当センターの扉をたたいた。今までのいきさつを話す両親に、皆さんもいっしょに耳を傾けてみよう。

子どもの要求を否定せず、会話のチャンスに

セラピスト:高校を卒業されて、就職か進学かでまよわれたんでしょうか?

母親:いいえ、進学するって言ってたんです。でももうそれまでに欠席も多くて、出席日数もかつかつで。担任の先生のおなさけでやっと卒業できたようなしだいで。

セラピスト:なるほど。それでは学力が足らなくて、大学を合格できなかったとか。でも浪人という手もありますよね。

母親:いえ、それが。ねー、あなた、あのことお話したら?

父親:いやー、わがままなんですよ、もともとあいつは。バイクの免許がとりたいと言い出しましてね。そんな金かかることは大学へ行って、バイトの金でやれってゆうたんです。

母親:でも免許くらいとらせてやってもよかったのに。

父親:ばか、お前はだから甘いんや。免許とってバイクはいらんゆうことないやろ。ぜったいあいつのことや「買うてくれ」ゆうてくるんわかってるやないか。

セラピスト:それで結局ダメだと言われたんですね。だいじなことは、そのときどのくらい父親と息子さんで話し合いができたかなんですが。お父さんは息子さんが納得ゆくまで「なぜダメなのか」という説明をされましたか?息子さんの「どうしても欲しい。こんな理由があるから必要なんだ」という要求に耳を傾けられましたか?また息子さんは反対されてもめげずに、何度も頼んだり交渉しようとされたりしましたか?こんなことがとても大切なコミュニケーションなんですが。 父親:いやー、あかんもんはあかんのです。

母親:主人が一回ダメと言ったら、もうダメなんですね。だから雄一は、それから頼もうとはしませんでした。

セラピスト:納得してあきらめたというんじゃないんですね。一方的にという印象を受けますが。

母親:はい、そうです。それからです。雄一が主人と食事をいっしょにしなくなったのは。私とはするんですが。主人がいると、自分の部屋へ持っていって食べるようになってしまって。

セラピスト:それじゃ、それ以来引きもってしまわれたんでしょうか?

母親:いえ、まだあるんです。バイクの件は高一のときで。二年のときにケイタイ騒ぎがありまして。

セラピスト:ケイタイ騒ぎ?

父親:いやー、約束した金額よりオーバーしたから取り上げたんですよ。まだ稼ぎもしてないのに、月の払いが一万円も越えて。五千円までと約束して買いあたえたんですから、親として当然です。金銭感覚のないものが、これ以上もつことはいかん。よけい悪い影響がでるにちがいないんやから。

母親:でも今の子はケイタイがないと連絡を取り合えないでしょう。「雄一君、ケイタイないから話ししにくいわ」ゆうて、こないだぐうぜんA君にあったらゆうてました。それをむりやりにとりあげるなんて。雄一はあとでくやし泣きしてましたで。

父親:なんや、おまえまでそんなこと言うんか。朝起きてくるんは遅いし、勉強はせーへん。そんな子どもにケイタイやバイクもたせたらどないなる。親として管理できると思うか。他で口やかましいこと一つもいわへん父親やのに、なんでここで非難されることあるんや。心外きわまりないな。

母親:―――

子どもの要求を否定せず、会話のチャンスに

父親の語気に母親はだまってしまった。親として小さい頃から息子になにも言わずやってきた父親。「こんないい父親はいないぞ」と言い張る。息子の気持ちがわかる母親はなんとかそれをわかってもらおうとするのだが、いつも父親に押されてしまう。父親は小さい頃から息子に何も言わない、干渉しないことで、何の力もつけてやれずにきてしまったことに気づくだろうか。息子の世代に必需品とも言えるケイタイを取り上げて、外へ出ていかないのは、本人が規則正しい生活を送らないからだと決めつけているのだが、これはどうだろう。

雄一が外の世界へ出ていくには、家族ぐるみの特に父親をまじえたカウンセリングが必要であること。バイクを買う買わない、ケイタイを渡す渡さないといった問題を通じて、親子が話し合う機会をもつこと。また親からの働きかけで、小さくてもいろんな力をつけていく必要があると感じた。

関連記事

2011.05.26

【不登校】休み休み登校できる力・遅刻早退しながらでも登校できる力

数ヶ月や一年以上も完全不登校だった子にとって、再登校しはじめの頃は体力的にも精神的にも疲れを感じやすく、毎日ヘトヘトになって帰ってくる子も多いでしょう。そんな子が、せっかく行き始めたと思ったら一ヶ月もたたないうちに学校を […]

2009.02.10

質問5:「よけいなことせんといて」

Q5:「なんでこんなよけいなことするんよ、お母さんは!」と、過食症の娘(康子28才)は怒っています。私が気を利かして買っておいたケーキを見たようです。過食しているとき「もうこんなけしかないの。食べる物もうないの。これじゃ […]

3.治療を開始して一年後、小さな主導権がとれだした

孝夫ってこんなに小うるさい、細かい子やったんかいな治療をスタートしてほぼ一年がたった。母親との会話はもちろんのこと、いつのまにか父親とも話せるようになっている。車や経済のことは父親と、食事や家事のことは母親と、というふう […]

シリーズ記事

1.淀屋橋心理療法センターにおける「ひきこもり」の解決率は98%

親の熱意とねばりが解決にこぎつけるひきこもりの治療にかんしては、親が熱心に淀屋橋に通うことができ、こちらのアドバイス(そんなに難しいものではありません)にしたがうことができ、ねばり強く通っていただければ、たとえ本人が来れ […]

2.1.母親との会話にリズムがでてきたら変化のきざし(24才 ひきこもり4年・男)

お母さんとの掛け合いがリズミカルに健司(24才)は、ほとんど自室にこもったままで一日を過ごす。こんなひきこもり生活がもう四年になる。食事も家族とは食べない。すきなときにラーメンを作ったりしている。テレビを見たりマンガを読 […]

3.2.子どもの要求を否定せず、会話のチャンスに

「あれ欲しい、これ買ってくれ」この時親子で話し合いを息子(雄一、20才)が、ひきこもりはじめて二年になる両親が来所した。高校はなんとか卒業したけれど、そこでつまづいた。大学には進学せず、さりとて職を探す意志もない。「その […]

4.3.親の主張よりも、もっと子どもの声に耳を傾けて(ひきこもり4年、23才男)

健治がひきこもりだしたのは、大学二年生のころからだ。あれから4年がたってしまった。母親はいろんな病院や相談機関へ出向いたが、状態は変わらなかった。友人の紹介で当センターへ来所。カウンセリングを通して母親の話しをきくうちに […]

5.4.問題家族はこんなところに気もちが届いていない(ひきこもり4年 26才女)

来所するお母さん方に一枚のアンケート用紙を書き込んでもらった。多い順番に並べるとだいたい次のようになる。 質問1:「あなたは小、中、高校と、子どものどこに関心をもってきましたか」 学校や塾の成績 交友関係 規則(約束)を […]

6.5.就職でのつまづきを、親に問いつめられて自室にこもってしまった勇樹(27才)

大学をやっと卒業。しかしその後部屋の戸を閉めたまま勇樹(27才)が「大学でたんやから、ちょっと好きにさして」と、言ってきたのが5年前。「え、大学でたらどっかへ就職して働くんがあたりまえやで」と、母親は言った。父親も「なに […]

コラム一覧へ