発達障害・アスペルガー症候群

発達障害・アスペルガー症候群

わが子が「発達しょうがい・アスペルガー症候群」と診断されても

淀屋橋心理療法センターの考え

  • 「なぜうちの子は 友達とうまく遊べないのか」
  • 「子どもが集団行動についていけなくて困っている。どうしてそうなんだろう」
  • 「うちの子は注意散漫で、なんど言ってもわからないようです。どうしたらよくなるでしょうか」

といった疑問を親ごさんから投げかけられることもよくありました。なぜそうなのか、「発達しょうがい・アスペルガー症候群」という症状名を聞いて、理由や原因がわかりホッとされているご両親もたくさんいることでしょう。

そういう概念ができたことで社会の理解が深まる事はとてもよいことです。しかし一方で私は「発達しょうがい・アスペルガー症候群」という概念を子どもの状態にあてはめ、それ以上の解決をあきらめている傾向があるように思えます。これはややもすると「子どもの能力の成長はあきらめなさい」ということに使われたり、「子どもの成長の芽を必死でさがすことをあきらめる口実に使ったりする」ことになってはいないかと危惧しています。

当センターでは「発達しょうがい・アスペルガー症候群かもしれない」と思われる子どもさんに対しても、決して「この子はこれ以上伸びません」と決めつけません。その子どもさんの発達しょうがい・アスペルガー症候群はどんなタイプか、それをまずしっかりと見極めます。そしてその子どもさんのタイプにあったカウンセリングを行っていきます。

子どもさんの状態をそのまま受け入れてあげることも必要な場合があるでしょう。またその子の伸びしろをみつけ、最大限伸ばせるようカウンセリングで導くことも大切です。当センターでは親御さんに接し方のアドバイスを出しながらカウンセラーと手を携えて、子どもの小さな成長の芽を大きく伸ばすカウンセリングをおこなっています。発達しょうがい・アスペルガー症候群と診断されたことで救われないお気持ちでおられる親ごさん、ぜひ淀屋橋心理療法センターにご相談ください。

最終更新日:2019.3.31

ケースアドバイス

2010.5.19

不登校:発達障害(アスペルガー症候群)

「発達障害者支援法」において、発達障害は、 「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援 […]

2011.5.21

発達障害(学習障害)と言われて

小6の頃のI君は漢字を覚える事が大の苦手で小1の漢字さえ危うい状態でした。担任の先生に発達障害の一つである学習障害と言われました。「これから高校、大学とこの子の将来は・・・」と心配そうなお母さん。「苦手な所ばかり目を向け […]

2011.6.10

発達障害と診断された親御さんの気持ち

我が子が発達障害と診断されたら親御さんは周りに理解してもらおう、我が子の足りない所を出来るだけフォローして生きやすくしてやろうと考える傾向にあるようです。 しかしそればかりでなく、本人を成長させ世間と上手く折り合いを付け […]

コラム一覧へ

推薦図書
- 淀屋橋心理療法センター
の著書 -

お子様のこのようなことで
悩まれていませんか?
- お悩みは抱え込まずに、
是非家族療法
の専門家にご相談ください -