【不登校】小学生の不登校。再登校後のフォローもしっかりと!|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】小学生の不登校。再登校後のフォローもしっかりと!

不登校だった子がようやく登校する気に。これまで、クラスメートや担任の先生からこまめに連絡をもらい、休みの日には遊びに誘ってもらったり。一方の親御さんもカウンセリングでのアドバイスを受け、必死な対応の毎日だったと思います。そんな努力が報われ、我が子がやっと登校する気になったのです。そして、友だちに迎えに来てもらい、とうとう再登校の第一歩が切れたのです。

「やれやれ。これで一安心」・・。カウンセラーももちろんそう申し上げたいのですが、しばらくは「再登校後のフォロー」をしっかりと頑張ってください。休んでいた期間に応じて勉強の遅れがあったり、休みはじめる前と比べてクラスの雰囲気や友だちのグループが変わっていることもあります(浦島太郎状態)。長期間の不登校+ひきこもりだった子なら体力面の心配もあるかもしれません。そうでなくても、一日中イスに座っているだけでも苦痛な場合もあるでしょう。

そうです、次は「頑張って登校をつづける」という試練が待っているのです。不登校のカウンセリングでも、「五月雨不登校(行ったり行かなかったり)」を繰り返したり、「やっと再登校したと思ったら、またすぐ不登校に」という相談も少なくありません。一方、登校が安定するまでのフォローをうまくこなしていただけると、登校が安定するだけでなく「また不登校になるのでは?」という不安さえもどんどん少なくなっていくことも十分にあるのです。

さらに、小学生の場合ならば、子どもさんのモチベーションを上げるために「プラスα」を考えてみる余地もあるでしょう。登校は「してあたり前」ではなく、「頑張った・よく我慢した」という「我慢の勲章」のような視点も加えてやるのです。「一週間がんばれたら日曜日はお寿司を食べに行こうかー」「二週間がんばれたら○○カードを1パック!」など、小学生ならでは飛びつきそうな「プラスα=ごほうび」を用意してあげると、いっそう登校のモチベーションが高まる子もいます。もちろん、ごほうびの内容や金額などはご家族次第。あくまで話をしっかり聴いてやり、当センターの他のアドバイスも実践していただいた上でのプラスαです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2014年11月20日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」