【不登校】会話の少ない時は「テレビ」などを活用して!

子どもさんが不登校ひきこもりになると、親子の会話も減ってしまうことがあります。一生懸命話しかけると嫌がられ、同じことを何回か言うと「しつこい!、うるさい!」の一言どまり・・。会話が少なくなると家庭の雰囲気も次第に暗く・重たくなっていくのではないでしょうか。

淀屋橋心理療法センターでも「会話」を非常に大事に扱います。会話が多くなればなるほど対応のアドバイスもお出ししやすくなり、解決の見通しも開けてきやすくなるからです。ただ、私どもの元に相談に来られるご家族でも「会話が少ない」という例は少なくありません。

カウンセリングでは会話を増やすための方法も考えていく前に、まずはご家族の雰囲気や日頃のご家族の生活の様子をしっかりと把握しておきます。すると・・・親子の会話が少なくなってしまう要素(理由)が色々と浮かび上がってくることがあります。

よくあるのは「両親ともにあまり口数が多くない」「子どもが一人っ子で、親以外に話し相手がいない」「特別なことが無い限りテレビはつけない」などでしょうか。

こんな場合、まず手をつけやすいのが「テレビ・・」でしょうか。「テレビを(ほとんど)つけない」という場合、どうしても家族間の「会話のネタ」が少なくなってしまいがちな気がします。逆に言えば、テレビこそ「ネタの宝庫」とも言えるのです。テレビは放っておいても次から次へとネタを提供してくれます。もちろん、全てのネタに反応するわけではないでしょうが、たまたまリビングにお茶を飲みに来た時、テレビがついているだけでちょっと立ち止まったり、リビングにやってくる回数が増えるということも。

当センターに相談に来られているご家族でも「バラエティ番組をつけておいたら、少し笑うようになりました」「歌番組を少しみたなーと思ったら、後でその歌をハミングしていました」など、ちょっとした変化を起こしてくれる事があります。ここに親御さんの「笑い」や「○○だなー」といった、ちょっとしたコメントがあるだけでも、家庭のムード自体が変わってくることがよくあります。

こうなってくるとカウンセリングでも「会話を弾ませる」ためのアドバイスがお出ししやすくなってきます。場合によっては「こんなん○○やん!」「わたし、このタレント嫌い」など、批判的なコメントがでてくることも。ここで慌ててチャンネルを変えたり、「そんなことないでしょー」と批判を和らげようとすると、かえって口数が少なくなる事があります。意外に思われるかもしれませんが、こんな「批判精神」も会話を伸ばす「チャンス」なのです。

関連記事

2011.12.22

(発達しょうがい)怒りっぽい

18歳のG君は新しいスマートフォンが発売されるのを心待ちにして発売日直後にショップに購入に行きました。案の定長蛇の列です。やっと順番が来て契約手続きです。アスペルガーと言われている彼は事前にしっかり調べ上げているので手続 […]

2009.02.04

質問4:父親をきらう、悪く言う

Q4:「お父さんきらい。顔をみるのもいや」と、父親をきらっています。仕事から帰ってきても「お帰り」も言わず、プイッと部屋に入ってしまったりします。父親は父親で「いつまで食べ吐きやっとるんや」と批判的です。あいだにたって母 […]

高校やめるゆうんですわ。どないしましょ。

「単位制の高校へ代わるゆうんです。あと一週間行けば進級できるのに」と、真美(高一)のお母さんがかけ込んでこられました。長く不登校ケースとしてみていたのですが、昨年の秋ぶじ再登校にこぎつけたケースです。あれ以来多少の波風は […]

シリーズ記事

2014.11.20

1.【不登校】小学生の不登校。再登校後のフォローもしっかりと!

不登校だった子がようやく登校する気に。これまで、クラスメートや担任の先生からこまめに連絡をもらい、休みの日には遊びに誘ってもらったり。一方の親御さんもカウンセリングでのアドバイスを受け、必死な対応の毎日だったと思います。 […]

2014.11.21

2.【不登校】会話の少ない時は「テレビ」などを活用して!

子どもさんが不登校やひきこもりになると、親子の会話も減ってしまうことがあります。一生懸命話しかけると嫌がられ、同じことを何回か言うと「しつこい!、うるさい!」の一言どまり・・。会話が少なくなると家庭の雰囲気も次第に暗く・ […]

2014.11.21

3.【不登校】小学生の不登校。「保健室」を拠点に教室登校へ

学校には行っているものの、なかなか教室には入れず、まずは保健室に。小学生の中には「保健室」を拠点とし、そこから少しずつステップアップしながら「教室」登校にこぎつけるケースが意外と多いのです。 数十人を受け持っている担任の […]

2014.11.26

4.【不登校】小学生の不登校。自分から友だちを誘えない内気な子

小学生の不登校の子は、学校(授業)のある時間帯は家でひっそりしているものの、放課後になって友だちから遊びの誘いがかかると、すんなりと行ける子がいます。放課後や学校の休みの日ならば近所の公園で遊ぶこともできるし、自宅で数人 […]

2014.12.04

5.【不登校】小学校低学年・中学年の「同伴登校・親子登校」

毎朝一緒に登校してやったり、授業中でも近くで見守ってやったり別室で待機してやったりと、「同伴登校」とはまさに「親子密着登校」といった感じです。以前は「小学1、2年生」の定番の再登校のステップの一つだったのですが、このとこ […]

2014.12.09

6.【不登校】小学生のさみだれ不登校は、もう一歩で安定登校!

小学生のうちは、毎朝のように学校に行き渋ったり、実際に何日か休んでしまった場合でも、「何日かに一回は登校できる」という子がいます。いわゆる「さみだれ不登校」です。さみだれ不登校は、当センターのカウンセリングでは「安定登校 […]

2015.01.18

7.【小学生の不登校】二学期の終わりに再登校できた子への親の期待

なかなか再登校ができなかった子でも、小学生の場合、二学期の後半、特に12月になると随分と授業内容が緩やかになるようです。 面談・懇談のある一週間は午前中だけの授業。それに、担任の先生の配慮によっては、「お楽しみ会」や「ク […]

2015.05.19

8.【小学生の不登校】担任の先生の「これる時にきたらいいよー」という配慮が報われない時

担任の先生の中には、毎日お忙しいにも関わらず、不登校の子がいつでも来れるようにとの配慮から「いつ来てもいいからねー」と、子どもを思いやった言葉をかけてくださる方がおられます。もちろん、そのお陰でちょっとずつ学校に行き始め […]

2015.07.09

9.【小学生の不登校】弟や妹をいじめる子

小学生の不登校の子にとって、気になる事は「再登校」「勉強の遅れ」「友だち」だけとは限りません。意外と家庭の中にも気になる事があるのです。その一つが「弟・妹」たちです。 特に弟や妹が小さい場合(0才~幼稚園)、どうしても母 […]

2016.03.01

10.【小学生の不登校】わざと親に叱られようとする子(暴言・暴力)

「わざと悪いことをして母親に叱られよう」という、いわゆる「親の気を引く行動」は、幼児(幼稚園児)や小学校低学年の子に多くみられる傾向です。子どもさんがまだまだ小さくて、親の方が力や口で勝っているうちは、「手のかかる子だな […]

コラム一覧へ