ひきこもりタイプの不登校|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
ひきこもりタイプの不登校

「ひきこもり」の「五段階」

「ひきこもり」の深刻度・解決の難易度のチェックリストです。

((C)淀屋橋心理療法センター2002)

第1段階(登校はしている、または、時々休む)

身体がだるそうで、朝なかなか起きてこない。

父親など、特定の家族を避けるようになる。

好きな話題については自分からよくしゃべる。

自分から友達の家には行かないが、訪ねてくると自室で笑い声も聞こえるぐらいよく話している。

自室で過ごす時間が長くなり、好きなことをしていることが多い。

第2段階(不登校になるが、家族とは交流がある)

食事は家族といっしょにとる。声をかけると、返事はないが割りと早く食卓につく。

自分のやりたいことがいくつかある。

母親とは色んな話題について話す。主張もする。

友人はほとんどいないか一人くらい。訪れてくれば自室で話したりする。

自室の掃除を月に1~2回、自分でやっている。

第3段階(不登校。心を許して話すのは母親のみ)

食事は家族と一緒に食べる。食後、母親とだけなら一緒にテレビをみたり会話をすることがある。

父親や他の家族にあいさつはするが、話し合おうとしない。母親を介して用件を伝えたする。

外出は夜に一人でコンビニに行く程度。

学校や友人からの電話にでるのを嫌がる。訪ねてきても、会うのを嫌がる。

第4段階(食事は一人で。母親とも少しの会話)

食事は出てきて食べるが、家族と一緒は避ける。

会話は母親とだけ。二、三言交わせる程度。

買ってきてほしい物、借りてきてほしいビデオ等を母親に頼む。

部屋の掃除をめったにせず、窓も閉め切ったまま。

父親を極端に避ける。

第5段階(こもりっきり。家族への不信感も顕著)

自室から出ず、食事も自室。一日一食が多い。

言葉での会話ができなくなる。メモなど。

無理に話しかけたり部屋から出そうとすると、親にでも暴力をふるう。

朝起きても着替えはほとんどせず、着たきり。

「腫れ物あつかい」「変人あつかい」になりがちな親子関係

ひきこもった子と毎日つきあっていると「やりにくい・あつかいにくい」と感じるのではないでしょうか。「右と言えば左」「やれと言えばやらない」と、いわゆる「あまのじゃく」で困っているという声をよく聞きます。無理じいすると激怒する子もいます。でも、よくよく考えてみるとそんな行動はひきこもってから始まったというよりは、以前からの「持ち味」である場合がけっこう多いものです。また、「何をやらせてもグズい」「ガンコで融通がきかない」「怒らせると恐い」「社交的でない」・・。他人と比べるとあまりにも違う面・変わった面が多いと感じるかもしれません。こういった気持ちは対応面にも影響がでてきます。「どうせ言っても無駄だし」「言ったら怒らないかしら」となり、本人も敏感に親の気持ちを察知します。これではなかなか前に進めません。

「みにくいアヒルの子」症候群

ひきこもっている子はある意味で「個性的」です。特に、物事を深く考える・決断に時間がかかる・発想がユニーク・のめりこみやすい・・など、身近な人と比べてもその違いがよくわかります。当の本人も「みんなと違う」という意識があり、それを意外と気にしています。また、自分と他人を比べているうち「みんなと同じように気軽にできない」「みんなのように誰とでも仲良くできない」、ついには「自分はおかしいんじゃないか」という気持ちに至ってしまうこともあります。とりわけ、日本人は「流行っているから私もやろう」「行列ができているから、きっとおいしい店にちがいない」といった、「多数派が正しい」という人が多いように思われます。これでは個性的な子ほどますます孤立感を感じざるを得ません。「みんなと違う」=「おかしい人・変人」となるわけです。

伸びる「芽」がここにあった!!

「ひきこもり」は「病気」ととらえるよりも「状態」ととらえた方がうまくいきます。「誰もわかってくれない」「元気がでない」「自分は人とは違うからダメ」といった気持ちのままではなかなか脱出できません。では、どうすれば子どもさんをひきこもり状態から脱出させることができるでしょうか。

話をしっかり聴いてやる。

本人が話すことに関心をむけ、相づちやオウム返し中心で対応することで、次第に口数が増えてきます。最初は批判でも不満でもかまいません。本人が「5」しゃべれば、こちらは「1」ぐらいで。なぐさめ・はげましやアドバイスは逆効果です。

「世間の常識は自分の非常識」ぐらいの気もちで。

「みんなが・・」「早く・・」は禁句に。世間の常識にとらわれていると、ついつい話の腰を折ってしまったり、顔にも出てしまいます。生活のリズムがくずれたり、風呂に何日も入らなくても大丈夫。後からいくらでも修正できるのです。何より大事なのは、自分のしゃべりたいことをしゃべりたいだけしゃべることです。

「気乗りすること」が大事

世間の常識だけでは動けないのと同じく、義務感が強すぎても動けません。不登校の子なら「学校にいかなければ」「勉強をしなければ」だけでは動けないのです。まずは「気乗りすること・興味のあること・夢中になれること」を探すことです。おなじゲームをするにも楽しんでやれる方が元気も出やすくなります。元気が出てくると「勉強してみようかなー」という気も起こりなりやすくなります。テレビをみてゲラゲラ笑ったり、趣味に没頭するのも効果的です。

個性的な自分を生かす

よくしゃべったり、気乗りして動けることが増えてくると、自分の性格(持ち味)が肯定できるようになってきます。「人と違っててもいいや」といった開きなおりでもいいのです。「自分の性格を理解してくれる人が身近にいる」+「自分の持ち味を伸ばしていこう、僕は磨けば光る(宝石の)原石なんだ」となれば大成功。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

不登校タイプ別対応の仕方

1. 非行タイプの不登校(非行っぽい子の意外な素顔)

非行タイプの特徴
 不良とのつきあい・バイク・喫煙・深夜の外出・校則違反の数々・学校でも遅刻早退は当たり前。親の心配や怒りは増すばかり。勉強や人間関係の不安から逃げているのかも。見た目や行動とはウラハラに寂しがり・甘えん坊・こわがりなのが特徴です。

非行タイプ特有のキーワード
「居場所さがし」「気軽な関係」「スキンシップ」「義理・人情」「現実逃避」「家庭のムード」など

2. 心身症タイプの不登校

心身症タイプの特徴
 朝になると「頭が痛い」「はき気がする」「しんどい」など身体の不調をうったえます。病院でみてもらっても問題がみつからない場合、心のS.O.S.が身体にでていることが考えられます。ふだんからあまり自己主張しない子や、相手に気をつかう心の優しい子に多く見られます。

心身症タイプ特有のキーワード
「自己主張を増やす」「緊迫感」「争いを避ける」「自分の性格や持ち味を知る」「気づかいを減らす」など。

3. 対人恐怖症・対人緊張症タイプの不登校

対人恐怖症タイプの特徴
 人の視線が気になる。人と話をすると緊張する。このように対人関係がきっかけで登校できなくなるタイプです。正直者で生真面目な子に多く見られます。この緊張感をわかってもらおうとして、人に話をするとかえってしんどくなります。緊張感の裏に勉強に対する不安などが隠れていることもあります。

対人恐怖症特有のキーワード
「正直すぎる」「罪のないウソ」「冗談」「世渡り」「柔軟性」「相手との距離感」など。

4. 家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの不登校

家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの特徴
 学校ではおとなしいのに、家庭では口調が荒かったり物にあたったり。暴力に発展したらまずいと思って、なだめたり言うことをきいているうち何でも親にさせるようになることも。腫れ物にさわるような対応や、親があきらめ気分だったり疲れきってしまうと解決が遠ざかります。

家庭内暴力タイプ特有のキーワード
「口の軽さ」「こわがり・寂しがり屋」「内づらと外づら」「自己主張」「親子のテンポのちがい」「依存心」など。

5. ひきこもりタイプの不登校

ひきこもりタイプの特徴
 こだわりや執着心が強く、ふだんから弱音をはかない子に多くみられます。勉強や友達関係など自分の気にしている事でいきづまり、一人で悩みつづけている可能性があります。長びくと無気力になったり、「どうでもいいわ」と投げやりになってしまいます。「気にしなくていいよ」は逆効果。

ひきこもりタイプ特有のキーワード
「こだわりの尊重」「ガンコ」「ひらきなおり」「融通性」「よき理解者」など。

6. 明るい不登校

7. いじめ不登校

8. 小学生の不登校

9. ぎりぎりタイプの不登校(高校生のギリギリ再登校)

10. 不登校…休み始めたらすぐ動く!

  1. 非行タイプの不登校(非行っぽい子の意外な素顔)
  2. 心身症タイプの不登校
  3. 対人恐怖症・対人緊張症タイプの不登校
  4. 家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの不登校
  5. ひきこもりタイプの不登校
  6. 明るい不登校
  7. いじめ不登校
  8. 小学生の不登校
  9. ぎりぎりタイプの不登校(高校生のギリギリ再登校)
  10. 不登校…休み始めたらすぐ動く!

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」