【小学生の不登校】二学期の終わりに再登校できた子への親の期待

なかなか再登校ができなかった子でも、小学生の場合、二学期の後半、特に12月になると随分と授業内容が緩やかになるようです。

面談・懇談のある一週間は午前中だけの授業。それに、担任の先生の配慮によっては、「お楽しみ会」や「クリスマス会」などの、比較的ゆるやかなイベントを時間割に組み込んで下さることもあります。終業式間際の12月23日には祝日もあり、12月中旬から終業式にかけては、「長時間の授業を受けるのが負担」という不登校の子にとっては、一気にハードルが下がります。

12月からは普通に再登校できたとまではいわないものの、上記のようなイベントや午前中だけの授業だけには登校できるという子は少なくありません。もちろん、その前提には担任の先生やクラスメートの積極的な声かけや働きかけがあってのことです。もちろん、まだ完全登校ではないものの、親御さんにとっては「久しぶりに登校してくれた!」「2学期の終わりには3日も登校できた!」と、少しでも登校できた喜びは強そうです。

しかし、ここで注意すべき点が!。親御さんの考えの中に「二学期の後半で行け始めたんだから、三学期は『キリ』も良いし、もっと登校しやすくなるのではないか」、という期待が強くなってしまうことです。

実際、三学期が始まるといかに小学校といえども二学期の終わりと同じように「ゆっくり」とはいえないようです。始業式の翌日からは給食も始まり、通常授業もすぐに始まってしまうのです。ここで、親御さんが「二学期の再登校を弾みに」と「行け行けオーラ」を出してしまうと、せっかく盛り上がった再登校ムードにかげりがさしてしまうハメに・・。

二学期の後半に再登校できたのは事実です。そう考えると、子どもさんはもはや、登校する気のない子ではないのです。そして、「何かのきっかけや条件が整えば再登校できるのでは?」という視点で不登校のカウンセリングをすすめていただいた方が解決しやすいのは間違いありません。少なくとも、少し前には「学校」という場に足を運び、クラスメートや担任の先生と時間を共にしたわけです。登校したときの記憶は比較的新鮮に残っているものです。この時の話題をテコにカウンセリングを進めていくのも当センターの特徴の一つです。

関連記事

「女性に多い摂食障害(拒食症・過食症)」家族や教師の協力大切(日本経済新聞より)

このコーナーは、摂食障害(過食症・拒食症)にかんする情報コーナーです。本症にお困りのあなたやご家族の方にお役にたつかもしれないと思いお知らせしております。淀屋橋心理療法センターから出版された著書からの抜粋紹介や、その他新 […]

2013.03.05

ひきこもりの甘え下手だった子が甘えん坊に(発達しょうがい アスペルガー)

4人兄弟姉妹の長女として小さい時から仕事で忙しい親代わりに下の子の面倒をみてきたしっかり者のS美さん。25歳になり仕事でのつまずきからひきこもり。PCでネットショッピング、ネットサーフィン、オンラインゲームの毎日。スマー […]

2013.08.06

ネット依存から不登校のカウンセリング(発達しょうがい・アスペルガー)

全国の中高生のネット依存が50万人を越えたというニュースがありました。日々進化しているネットの世界は子ども達にとっては、それは魅力的だろうし又仲間とのコミニュケーションツールとしても非常に重要な役割になっているのでしょう […]

シリーズ記事

2014.11.20

1.【不登校】小学生の不登校。再登校後のフォローもしっかりと!

不登校だった子がようやく登校する気に。これまで、クラスメートや担任の先生からこまめに連絡をもらい、休みの日には遊びに誘ってもらったり。一方の親御さんもカウンセリングでのアドバイスを受け、必死な対応の毎日だったと思います。 […]

2014.11.21

2.【不登校】会話の少ない時は「テレビ」などを活用して!

子どもさんが不登校やひきこもりになると、親子の会話も減ってしまうことがあります。一生懸命話しかけると嫌がられ、同じことを何回か言うと「しつこい!、うるさい!」の一言どまり・・。会話が少なくなると家庭の雰囲気も次第に暗く・ […]

2014.11.21

3.【不登校】小学生の不登校。「保健室」を拠点に教室登校へ

学校には行っているものの、なかなか教室には入れず、まずは保健室に。小学生の中には「保健室」を拠点とし、そこから少しずつステップアップしながら「教室」登校にこぎつけるケースが意外と多いのです。 数十人を受け持っている担任の […]

2014.11.26

4.【不登校】小学生の不登校。自分から友だちを誘えない内気な子

小学生の不登校の子は、学校(授業)のある時間帯は家でひっそりしているものの、放課後になって友だちから遊びの誘いがかかると、すんなりと行ける子がいます。放課後や学校の休みの日ならば近所の公園で遊ぶこともできるし、自宅で数人 […]

2014.12.04

5.【不登校】小学校低学年・中学年の「同伴登校・親子登校」

毎朝一緒に登校してやったり、授業中でも近くで見守ってやったり別室で待機してやったりと、「同伴登校」とはまさに「親子密着登校」といった感じです。以前は「小学1、2年生」の定番の再登校のステップの一つだったのですが、このとこ […]

2014.12.09

6.【不登校】小学生のさみだれ不登校は、もう一歩で安定登校!

小学生のうちは、毎朝のように学校に行き渋ったり、実際に何日か休んでしまった場合でも、「何日かに一回は登校できる」という子がいます。いわゆる「さみだれ不登校」です。さみだれ不登校は、当センターのカウンセリングでは「安定登校 […]

2015.01.18

7.【小学生の不登校】二学期の終わりに再登校できた子への親の期待

なかなか再登校ができなかった子でも、小学生の場合、二学期の後半、特に12月になると随分と授業内容が緩やかになるようです。 面談・懇談のある一週間は午前中だけの授業。それに、担任の先生の配慮によっては、「お楽しみ会」や「ク […]

2015.05.19

8.【小学生の不登校】担任の先生の「これる時にきたらいいよー」という配慮が報われない時

担任の先生の中には、毎日お忙しいにも関わらず、不登校の子がいつでも来れるようにとの配慮から「いつ来てもいいからねー」と、子どもを思いやった言葉をかけてくださる方がおられます。もちろん、そのお陰でちょっとずつ学校に行き始め […]

2015.07.09

9.【小学生の不登校】弟や妹をいじめる子

小学生の不登校の子にとって、気になる事は「再登校」「勉強の遅れ」「友だち」だけとは限りません。意外と家庭の中にも気になる事があるのです。その一つが「弟・妹」たちです。 特に弟や妹が小さい場合(0才~幼稚園)、どうしても母 […]

2016.03.01

10.【小学生の不登校】わざと親に叱られようとする子(暴言・暴力)

「わざと悪いことをして母親に叱られよう」という、いわゆる「親の気を引く行動」は、幼児(幼稚園児)や小学校低学年の子に多くみられる傾向です。子どもさんがまだまだ小さくて、親の方が力や口で勝っているうちは、「手のかかる子だな […]

コラム一覧へ