【不登校】小学生の不登校。「保健室」を拠点に教室登校へ

学校には行っているものの、なかなか教室には入れず、まずは保健室に。小学生の中には「保健室」を拠点とし、そこから少しずつステップアップしながら「教室」登校にこぎつけるケースが意外と多いのです。

数十人を受け持っている担任の先生に比べ、保健室の先生(養護教諭)は自分だけをみてくれる、いわば「学校での母親」のような存在といったところでしょうか。保健室の先生が自分の良き理解者であり、味方だという安心感があれば、「教室は嫌だけど、保健室だったら行く」、または「教室に入るのは怖いけど、保健室なら行ける」という子はけっこういます。

不登校のカウンセリングでは、「保健室登校」までたどり着いている子ならば、あとはその子に合った方法を親御さんと相談していくことで、比較的スムーズに「教室登校」を実現させることができます。たとえば、仲の良い子がいれば休み時間に顔を見せてもらったり、担任の先生に馴染んでいなければ「1日1~2回の数分の顔合わせ」を何度かもっていただいたり、その子の「まあ、それなら」という所からスタートし、少しずつ友だちの人数を増やしていったり、担任の先生との接触時間を長くしていったりと、不登校の子が強い不安を感じないように慣らしながら、徐々にハードルを上げていくといった方法もあります。

他にも、小学生の不登校の場合なら色々な選択肢があるのです。好きな授業から少しずつ参加していったり、保健室で給食を親しい子と一緒に食べたり、低学年・中学年の子ならば、お母さんと一緒に廊下から授業を眺めるだけでも教室登校の役に立つのです。

同じような方法が中学生や高校生の不登校の子にも通じるかというと、そうは簡単には行きません。「小学生」ならではの解決方法は独特のものがあり、かつ、シンプルです。おまけに、低学年の子ほどさらに短期解決しやすいというのが実情です。

関連記事

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第4話(父親の影響)第3話(母親との関係が・・5)

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋心理療法センターで治療したケースをもとに執筆、星和書店より出版したものです。本文のなかから症例や治療のポイント […]

2013.01.25

特性1:「頼まれると断れず、周りを優先させる面倒見のよさ」

真美(高2、過食歴1年)のカウンセリング治療から 真美さんは高一のときに過食症を発症してほぼ一年になります。以前から人の話によく耳をかたむけるほうで、友人の話を聞いてあげていました。それがいつの間にか悩み相談を引き受ける […]

職場の人間関係がしんどくて、毎日が不安でつらくて(30才 男牲)

職場の人間関係がしんどくて、毎日が不安でつらくて(30才 男牲) 会社に入って8年目。かなり仕事に対してもやれる自信がついてきました。ところが人間関係の悪さに悩まされています。上司のやり方のまずさからか、非常に風通しの悪 […]

シリーズ記事

2014.11.20

1.【不登校】小学生の不登校。再登校後のフォローもしっかりと!

不登校だった子がようやく登校する気に。これまで、クラスメートや担任の先生からこまめに連絡をもらい、休みの日には遊びに誘ってもらったり。一方の親御さんもカウンセリングでのアドバイスを受け、必死な対応の毎日だったと思います。 […]

2014.11.21

2.【不登校】会話の少ない時は「テレビ」などを活用して!

子どもさんが不登校やひきこもりになると、親子の会話も減ってしまうことがあります。一生懸命話しかけると嫌がられ、同じことを何回か言うと「しつこい!、うるさい!」の一言どまり・・。会話が少なくなると家庭の雰囲気も次第に暗く・ […]

2014.11.21

3.【不登校】小学生の不登校。「保健室」を拠点に教室登校へ

学校には行っているものの、なかなか教室には入れず、まずは保健室に。小学生の中には「保健室」を拠点とし、そこから少しずつステップアップしながら「教室」登校にこぎつけるケースが意外と多いのです。 数十人を受け持っている担任の […]

2014.11.26

4.【不登校】小学生の不登校。自分から友だちを誘えない内気な子

小学生の不登校の子は、学校(授業)のある時間帯は家でひっそりしているものの、放課後になって友だちから遊びの誘いがかかると、すんなりと行ける子がいます。放課後や学校の休みの日ならば近所の公園で遊ぶこともできるし、自宅で数人 […]

2014.12.04

5.【不登校】小学校低学年・中学年の「同伴登校・親子登校」

毎朝一緒に登校してやったり、授業中でも近くで見守ってやったり別室で待機してやったりと、「同伴登校」とはまさに「親子密着登校」といった感じです。以前は「小学1、2年生」の定番の再登校のステップの一つだったのですが、このとこ […]

2014.12.09

6.【不登校】小学生のさみだれ不登校は、もう一歩で安定登校!

小学生のうちは、毎朝のように学校に行き渋ったり、実際に何日か休んでしまった場合でも、「何日かに一回は登校できる」という子がいます。いわゆる「さみだれ不登校」です。さみだれ不登校は、当センターのカウンセリングでは「安定登校 […]

2015.01.18

7.【小学生の不登校】二学期の終わりに再登校できた子への親の期待

なかなか再登校ができなかった子でも、小学生の場合、二学期の後半、特に12月になると随分と授業内容が緩やかになるようです。 面談・懇談のある一週間は午前中だけの授業。それに、担任の先生の配慮によっては、「お楽しみ会」や「ク […]

2015.05.19

8.【小学生の不登校】担任の先生の「これる時にきたらいいよー」という配慮が報われない時

担任の先生の中には、毎日お忙しいにも関わらず、不登校の子がいつでも来れるようにとの配慮から「いつ来てもいいからねー」と、子どもを思いやった言葉をかけてくださる方がおられます。もちろん、そのお陰でちょっとずつ学校に行き始め […]

2015.07.09

9.【小学生の不登校】弟や妹をいじめる子

小学生の不登校の子にとって、気になる事は「再登校」「勉強の遅れ」「友だち」だけとは限りません。意外と家庭の中にも気になる事があるのです。その一つが「弟・妹」たちです。 特に弟や妹が小さい場合(0才~幼稚園)、どうしても母 […]

2016.03.01

10.【小学生の不登校】わざと親に叱られようとする子(暴言・暴力)

「わざと悪いことをして母親に叱られよう」という、いわゆる「親の気を引く行動」は、幼児(幼稚園児)や小学校低学年の子に多くみられる傾向です。子どもさんがまだまだ小さくて、親の方が力や口で勝っているうちは、「手のかかる子だな […]

コラム一覧へ