【小学生の不登校】わざと親に叱られようとする子(暴言・暴力)|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【小学生の不登校】わざと親に叱られようとする子(暴言・暴力)

わざと悪いことをして母親に叱られよう」という、いわゆる「親の気を引く行動」は、幼児(幼稚園児)や小学校低学年の子に多くみられる傾向です。子どもさんがまだまだ小さくて、親の方が力や口で勝っているうちは、「手のかかる子だなー」と気にはなるものの、目先の育児・家事や仕事に追われてしまい、「そのうち落ちつくだろう」「しばらく様子を見てみよう」になりがちではないでしょうか?

「親の気を引く行動」を放っておけなくなるのは子どもさんが小学校の高学年あたりになるころでしょうか。普通に口で言えばわかるのに、急にイスを蹴ったり、弟や妹をいじめたり、大きな声でわめいたり命令したり・・・、確かに親の気は引けるものの(親の)理解は到底得られません。おまけに子どもさんが反抗期(小学校4~5年生あたり)に入ってしまうと対応の方もいっそう骨が折れてしまいます。

子どもさんの年令に関係なく、親の気を引きたい子はいわゆる「かまってちゃん」が多いもの。しかし、暴言や家庭内暴力にまで発展してしまう「かまってちゃん」は、大きなストレスを抱えながらも上手に発散できていなかったり、上手に親に表現できていないのかもしれません。さらに、これから中学生・高校生になることを考えると、さすがに放っておくわけにはいかなくなってきます。

しかし、このような子をカウンセリングに連れ出すのというのは至難の業でしょう。「カウンセリング」という言葉を出しただけで「俺が悪いっていいたいのかー!俺のことをチクるんだろー!」と、暴れるきっかけになってしまうことも・・。当センターでは暴力を振るう子(本人)抜きでもカウンセリングを進めることができます。親御さんに対応を工夫していただくことで、子どもさんの知らないところで、子どもさんの知らない内に、子どもさん自身に「表現力」をつけさせることができ、結果的に「落ちつかせる」ことが望めるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

2016年3月1日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」