【小学生の不登校】弟や妹をいじめる子|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【小学生の不登校】弟や妹をいじめる子

小学生の不登校の子にとって、気になる事は「再登校」「勉強の遅れ」「友だち」だけとは限りません。意外と家庭の中にも気になる事があるのです。その一つが「弟・妹」たちです。

特に弟や妹が小さい場合(0才~幼稚園)、どうしても母親の目は下の子に向いてしまいがちになります。自分を構ってもらおうとすると「お兄ちゃんなんだから・お姉ちゃんなんだから我慢して」と取り合ってもらえない事もしばしば。そうなってくると、もはや弟や妹は「身内・家族」ではなく、母親争奪戦の「敵」になってしまうのです。【※カウンセリングの経験上、弟や妹をいじめるのは「男の子」の方が多い傾向にあります】

上の子は不登校。本来なら学校に行っているはずの朝や昼から兄弟喧嘩が絶えなかったり、一方的に弟や妹をいじめる・あれこれ命令する・テレビを独占するなど、ヘトヘトになって不登校の相談にこられる親御さんが以前よりも増えています。

親御さんの日常的な関わり方を教えていただき、不登校の子の性格が分析できれば、対応のアドバイスによって十分に解決可能です。この場合のカウンセリングは「何をやってもダメだから親として自信がなくなった」「親も限界に近づいてきているので何とか助けてほしい」と、一見すると「母親のカウンセリング」のような形からスタートします。しかし、子どもさんが落ち着いてくると、お母さんも次第に不登校の子の再登校のことを考える余裕(気持ち)が生まれてきます。実際のところ、「母親のカウンセリング」も「子どもの不登校のカウンセリング」も対応の基本は同じ。次は、それまでにつかまれた対応のコツを子どもさんの不登校・再登校に応用するだけなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年7月9日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」