【不登校】暴言・暴力を伴う子のカウンセリング|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】暴言・暴力を伴う子のカウンセリング

当センターでは、親に対して暴言を吐いたり、時には親に暴力を振るう子の不登校もお手伝いしています。程度のひどい場合は「どこかに入院させた方がいいんでしょうか」「精神が異常だと思います」と、カウンセリングで解決するのは不可能だろうと半ばあきらめた感じで来所される親御さんもいらっしゃいます。

当センターのカウンセリングで重要視するのは、親御さんのやる気・根気、それに親子の会話(対話)の余地があるかどうかです。もちろん、必要に応じて薬を併用しながらカウンセリングをすすめていく場合もあります。

現状では会話が少ない場合でも、親御さんからの声のかけ方や、返事の仕方などを工夫することによって、会話が少しずつでも増えてくれば解決の「脈あり」です。たとえ暴言であっても、最後まで言い切ってスッキリする+言った後の親子の関係が気まずくならないよう工夫ができるならば「良し」です。

ところが、暴力や暴言が慢性化している親子の関係を細かくみていくと、悪化しだす前から発言量自体が少ない子が意外と多いのです。小さなころからブツブツうるさい子ではなく、手のかからないおとなしい子や、おっとりした子が多いのです。その一方で、親御さんの持ち味が子どもさんと対照的な場合もあり、もともと相性が噛み合ないということもあります。

当センター独自の家族療法では、「暴言・暴力だからどうする」という話だけでなく、このような子どもさんの元々の持ち味を分析したり、親子の持ち味の違いに注目するなど、様々な角度からカウンセリングを進めています。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

2012年10月18日

【不登校】暴言・暴力を伴う子のカウンセリング

親に対して暴言を吐いたり、時には親に暴力を振るう子の不登校もお手伝いしています。当センター独自の家族療法では、「暴言・暴力だからどうする」という話だけでなく、子どもさんの元々の持ち味を分析したり、親子の持ち味の違いに注目するなど、様々な角度からカウンセリングを進めています。

  1. 【不登校】暴言・暴力を伴う子のカウンセリング

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」