【不登校】小学校低学年・中学年の「同伴登校・親子登校」|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】小学校低学年・中学年の「同伴登校・親子登校」

毎朝一緒に登校してやったり、授業中でも近くで見守ってやったり別室で待機してやったりと、「同伴登校」とはまさに「親子密着登校」といった感じです。以前は「小学1、2年生」の定番の再登校のステップの一つだったのですが、このところはお母さんの活躍の仕方を工夫していただいたり、子どもさんのタイプ・性別によっては「小学5年生」ぐらいまで応用できるようになっています。

同伴登校は、お母さんにとって「時間」をとられるだけでなく、授業中に過ごす場所がどこかによっては「夏は汗だく、冬は冷えとの戦い」という過酷な条件を強いられることもあります。それでも「私が一緒だったら行けるというなら!」と、毎日毎日がんばっておられるお母さんがたくさんおられるのです。

もちろん、不登校のカウンセリングでは少しずつでもお母さんの負担が軽くなることを視野に入れてすすめます。同伴登校しているうち、子どもさんが「担任の先生」「クラスメート」、「授業」などに少しずつ慣れていくことで、学校に対する安心感が生まれて(=登校不安が減って)きます。すると、「お母さんの同伴の必要性」が次第に低くなっていくのです。

一方、お母さんが同伴している時だからこそできることがあります。それは「学校」という「現場」を子どもさんと一緒に体験していることです。子どもさんの表現力はもちろんのこと、学校での一日の記憶を再現するには限界があります。しかし、お母さんが一緒に現場を目にされることで「○○君はしょっちゅう先生に叱られてるねー」「担任の先生って授業中は早口なんだねー」「前の席の子がしょっちゅう振り向いてたけど、嫌じゃなかった?」など、お母さん目線での感想(観察)を話してやることもできるのです。子どもさんにすると「日常のこと」「一つ一つは大きなストレスではないこと」などはなかなか記憶に残りにくいもの。そこをお母さんが補ってあげるわけです。

やがて、お母さんが途中から帰ってしまっても、お母さんから教わった見本を元に「今日の○○君はこうだった」「今日は前の席の子はねー」と話せるようになってくればしめたもの。このような「登校した時のストレスを上手に表現・再現できる力」は安定登校・継続登校には是非とも必要です。こうしてお母さんがついていてやらなければならない時間が短くなってくると、ついには「一人立ち(一人で登下校)」という形にもっていくこともできるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2014年12月4日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」