ゲーム・スマホ依存「お母さん、みてみて」

ゲーム・スマホ依存の中学生の男の子

学校には行かず、ますますゲームの世界に深く入っています。親御さんとの会話はめっきりと減ってしまいました。話しかけても返事すら返ってきません。食事中もスマホで動画鑑賞。最近は食事におりてこない日も出てきました。

親御さんは、ゲームをする上でのルールについて何度も話し合おうとしたり、ゲームを取り上げたこともありましたが、暴言や暴力もあり、うまくいかなかったようです。「万策尽きました」と疲れた表情の親御さんが当センターに初めて来所されました。

親御さんだけで来所されるようになってから、お子さんに小さな変化がいくつか出てきました。カウンセラーの私が最初に注目した変化は、ゲーム中の「お母さん、みてみて」という発言です。部屋にこもって1人で黙々とゲームをしていた子ですが「お母さんにも見てほしい」「お母さんと楽しみを共有したい」と行動が変わってきたのです。

「お母さん、みてみて」が数週間経ち、「お母さん、みてみて。ようやくこのアイテムが手に入ってん」と久しぶりに笑顔を見せてくれました。また「お母さん、みてみて。この街は僕が作ってんで。センスが良いやろう?」と自信のある発言をするように変わってきました。

「お母さん、みてみて」が出てくるようになると、親子の会話が増え、徐々にリビングにやってくる時間が増えていきます。その後しばらくすると、お風呂になかなか入らなかった子が、スムーズに入るようになったりという変化も出てきたりします。ただし、これは「お母さん、みてみて」が出てきた時に親御さんが適切な対応をされた場合です。うまく対応できなければ、絶好のチャンスはすぐに消えてしまいます。

ゲーム依存、スマホ依存の相談は今とても増えていますが、当センターの面接室では、親御さんから『子どもが「お母さん、みてみて」と言うようになりました』と嬉しいご報告をよくお聞きしています。

現実の世界でも人と楽しみを共有したい、コミュニケーションを取りたいという意識が強くなってくると、ゲーム・スマホを適度に楽しみつつも、現実の世界で生きることが楽しくなっていきます。

2020.09.29  著者:福田俊介

シリーズ記事

シリーズ記事は見つかりませんでした。

関連記事

2013.08.06

ネット依存から不登校のカウンセリング(発達しょうがい・アスペルガー)

全国の中高生のネット依存が50万人を越えたというニュースがありました。日々進化しているネットの世界は子ども達にとっては、それは魅力的だろうし又仲間とのコミニュケーションツールとしても非常に重要な役割になっているのでしょう […]

2018.06.15

-御礼-<ファイナルファンタジーのユーザーの方、光のお父さんのモデルになった方へ>

前回、ゲーム依存についての記事のツイートに、ファイナルファンタジーのユーザーの方や、ドラマ光のお父さんのモデルになった方がリツイートしてくださいました。その後も、次々と、たくさんの方が当センターの記事をリツイートして下さ […]

2014.07.08

夏休みのゲーム依存の相談で 2

今は学期末の懇談や進路説明会などの時期で親御さんもお忙しいことだと思います。受験生にとっては夏休みは天王山。塾の夏期講習で勉強漬けの方も多いのではないでしょうか。 高校受験を控えているG君の親御さんの相談です。毎日塾に行 […]

記事一覧へ