【不登校】「寝たくない!」は睡眠障害?

睡眠障害」は一般的に「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」「せっかく早く寝たのに途中で目が覚めてしまう」など、いわゆる「不眠症」のように自分の意に反して睡眠がうまくコントロールできない場合に使われます。

しかし、不登校のカウンセリングで親御さんから「いくら注意しても子どもがなかなか寝ないんです」「ゲームやネットとか朝方までやって、いつも寝不足なんです」といった相談をよくお受けします。さらに「これは睡眠障害でしょうか?」とも・・。

確かにインターネットやゲーム機・スマホなど便利なものが普及するほど、楽しいことに時間をかけてしまい寝る時間が遅くなっているのは事実でしょう。しかし、その子が「不登校」となると話は別です。不登校の小学生・中学生・高校生など、たくさんの不登校の子たちの声をひろってみたところ、意外な発言を耳にすることがあります。それは・・

寝たくない!。寝たら明日がくるから!」なのです。

ユニークな表現ですが、意外と多くの不登校の子がこのように言うのです。これは「『寝落ち』するまでネットゲームやスマホを手放さない子」と同じような心理状態だと考えられます。いわゆる翌日の登校のことを考えると気持ちが重たくなり、眠ってしまって明日(登校当日)になってほしくないのです。

不登校のカウンセリングでは、一生懸命に早く寝かしつけようという親御さんの気持ちを踏まえつつ、なかなか寝ようとしないのは翌日の「登校不安」からきているということを説明します。そして、登校不安の解決や解消の方に重点をおいた方が早く寝付けるようになる上、不登校問題も解決しやすいという「一石二鳥」案をお勧めしています。

関連記事

2013.11.07

ひきこもり 親を責めて暴力を振るう子ども

親との関係に苦しむ若者は沢山います。小さい時からうまくいなかい人もいますが、多くは思春期に自分の性格が変わる時、親との関係をうまく変えられなかった人達です。そういう人達は、つまづいた時の立ち直りの力がフルパワーで発揮出来 […]

2015.02.09

【不登校】「転ばぬ先の杖」vs「失敗から学ばせる」

不登校の子をお手伝いしていると、「この子はまだ不登校だけど、ずいぶんとたくましくなってきたなー」と、家庭の中の様子をうかがっているだけで実感する場合があります。たとえば、近所の皮膚科に行かないといけない日。以前は「そろそ […]

2014.05.01

お母さんの罪悪感・・・1

当センターに来てほしいのは子どものためならどんな苦労もいとわない、頑張り続ける自信があるという子どもさんに対し熱い思いのある親御さんです。 そんな親御さんに来て頂けたらこちらの士気もいっそうあがります。子どもさんに対する […]

シリーズ記事

2014.06.18

1.【不登校】「寝たくない!」は睡眠障害?

「睡眠障害」は一般的に「眠りたいのに眠れない」「いつも眠たい」「せっかく早く寝たのに途中で目が覚めてしまう」など、いわゆる「不眠症」のように自分の意に反して睡眠がうまくコントロールできない場合に使われます。 しかし、不登 […]

コラム一覧へ