【不登校】小学生の不登校。「保健室」を拠点に教室登校へ|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【不登校】小学生の不登校。「保健室」を拠点に教室登校へ

学校には行っているものの、なかなか教室には入れず、まずは保健室に。小学生の中には「保健室」を拠点とし、そこから少しずつステップアップしながら「教室」登校にこぎつけるケースが意外と多いのです。

数十人を受け持っている担任の先生に比べ、保健室の先生(養護教諭)は自分だけをみてくれる、いわば「学校での母親」のような存在といったところでしょうか。保健室の先生が自分の良き理解者であり、味方だという安心感があれば、「教室は嫌だけど、保健室だったら行く」、または「教室に入るのは怖いけど、保健室なら行ける」という子はけっこういます。

不登校のカウンセリングでは、「保健室登校」までたどり着いている子ならば、あとはその子に合った方法を親御さんと相談していくことで、比較的スムーズに「教室登校」を実現させることができます。たとえば、仲の良い子がいれば休み時間に顔を見せてもらったり、担任の先生に馴染んでいなければ「1日1~2回の数分の顔合わせ」を何度かもっていただいたり、その子の「まあ、それなら」という所からスタートし、少しずつ友だちの人数を増やしていったり、担任の先生との接触時間を長くしていったりと、不登校の子が強い不安を感じないように慣らしながら、徐々にハードルを上げていくといった方法もあります。

他にも、小学生の不登校の場合なら色々な選択肢があるのです。好きな授業から少しずつ参加していったり、保健室で給食を親しい子と一緒に食べたり、低学年・中学年の子ならば、お母さんと一緒に廊下から授業を眺めるだけでも教室登校の役に立つのです。

同じような方法が中学生や高校生の不登校の子にも通じるかというと、そうは簡単には行きません。「小学生」ならではの解決方法は独特のものがあり、かつ、シンプルです。おまけに、低学年の子ほどさらに短期解決しやすいというのが実情です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2014年11月21日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」