<不登校は病気?>

~第8回「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!~

当センターでは、去る9月28日(火)に、「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。 勉強会は、まず当センターの所長、福田俊一の話から始まりました。

<不登校と疾患>

不登校のお子さんが「起立性調節障害」と診断されることがある。その影響がとても強い子もいるが、自分が楽しみな事がある時にはササッと起きられる子の場合、体の不調よりも、気分の影響の方が大きいと考えられる。気分は、なかなか上向かないが、能動性を高める事に成功すると、気分のコントロールはだんだん良くなってくる、という内容です。

<具体的な解決事例>

続けて、臨床心理士の福田俊介から、当センターのカウンセリングで不登校が解決した2つの事例が紹介されました。

① しっかり者で社交的な中3女子のケース

学級委員を務め、社交的で歌やダンスが得意。そんなしっかり者のAさんが突然不登校になりました。「なぜ学校に行けないのか分からない」と本人も理由が分からず泣きます。 当センターに来所されたお母さんがAさんへの対応を変える事で、色々な事がわかってきました。Aさんは「実は無理をしていた」という事に気づき、そこから流れが変わっていく…という内容です。

② 親の言うことを聞かない高1男子のケース

B君は幼い時からとにかく指示されるのが嫌いで、親や先生の助言を全く聞きません。遅刻や欠席を繰り返し、留年の危機に陥りました。 ご両親が、B君の性格を理解し、対応を変えること三ヶ月。 B君は徐々に自主性が伸びてきました。人の指示はあまり聞きませんが、自主的に課題をこなしたり、早く寝るようになり、様々な変化を遂げる中で無事進級できた、という内容です。

<質問コーナー>

「不登校だが趣味には活動的、というのも能動性・自主性なのか?」というご質問に対し、所長からは、それも素晴らしい自主性で強みになるが、今後はどう幅を広げて発展させていくかというのが課題になる。親が会話を工夫して対応し、成果が出れば素晴らしい、という回答がありました。

「ゲームばかりしていて喋らない子にどう対応したらよいか?」というご質問に対し、福田俊介からは、親御さんは「ゲームを辞めてほしい」と考えがちですが、それが伝わると、ゲームの話が盛り上がらない。むしろゲームに興味があるそぶりを見せ、ゲームの話題を活性化させた方が、子どもがイキイキとしてくる。 それをチャンスとして再登校に近づける、という回答がありました。

今回は質疑応答の時間が長く、心理士見習いの自分としても、皆様の生の声をお聞きする事ができ、勉強になりました。皆様にはお忙しい中ご足労頂き、誠にありがとうございました。

2021.10.08  著者:《大阪府豊中市 淀屋橋心理療法センター》益子玄一郎

シリーズ記事

2021.10.08

1.<不登校は病気?>

~第8回「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!~ 当センターでは、去る9月28日(火)に、「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。 勉強会は、まず当センターの所長、福田俊一の […]

2021.09.14

2.<不登校 子どもは多面体>

~第7回「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!~ 当センターでは、去る8月24日(火)に、「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。 勉強会は、まず当センターの所長、福田俊一の […]

2021.08.23

3.「不登校を乗り越えるため親御さん向け勉強会」を開催しました!

「不登校の子ども、見守るだけ本当にいいの?」 長い夏休みも終わりを迎えようとしています。 今年の休みは自粛中ということもあり、なかなか予定を立てられなかったかたも多いのではないでしょうか。 7月30日に開催した不登校勉強 […]

2021.06.29

4.<不登校 お子さんを様々な角度から観ることが大事>

〜「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!〜 当センターでは去る6月15日(火)に、「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。勉強会は、まず当センターの所長、福田俊一の話から始ま […]

2021.06.06

5.不登校を乗り越えるための勉強会

— 親が対応を変えることで見えてくる お子さんの成長 — 「今年は家でアウトドア気分を楽しもう!」 「来年こそは海外旅行に行こう!」 「オンライン帰省も意外と楽しいな!」 今年はいつもとは違うゴールデンウィーク。 皆さん […]

6.ギリギリ再登校

新しい年が明け、年度末が近づいてきました。これまで子どもさんの不登校で悩みつづけてこられたご両親にとって、そろそろ「学年の変わり目の方が行きやすいだろう」「四月からは何とか」と、次の学年に目を向けはじめる方が増えてくる時 […]

7.ギリギリ再登校(2003.01.21)(17:00~18:30)

ご家族対象の不登校勉強会は毎月第三火曜日に開催しています。(※只今休止中です。) 2003.01.21夕方から、ご家族対象の不登校勉強会が開かれました。テーマは"ギリギリ再登校"。数名の父親もまじえ、 […]

関連記事

2014.01.31

母と娘(不登校の相談で)

A子さんのお母さんが来所されました。お母さんとの出会いは7年前の不登校のカウンセリングが最初でした。現在は不登校も解決し大学生になり親元を離れて下宿されています。今回は弟さんの相談も兼ね報告に来てくださいました。 A子さ […]

2014.11.26

【不登校】小学生の不登校。自分から友だちを誘えない内気な子

小学生の不登校の子は、学校(授業)のある時間帯は家でひっそりしているものの、放課後になって友だちから遊びの誘いがかかると、すんなりと行ける子がいます。放課後や学校の休みの日ならば近所の公園で遊ぶこともできるし、自宅で数人 […]

不登校の個別相談について

2002年の8月は勉強会を開催しない代わりに「個別相談」を開催いたします。毎日一組限定ですので、ご希望の方は早めにご予約下さい。夏休みだからこそできること、二学期に向けてやっておくべきこと等についてアドバイスいたします。 […]

記事一覧へ