まず荒れる子を落ち着かせ、暴力をおさめることが最優先

圭介(中2父親との葛藤から家庭内暴力に)のケースを紹介しよう。

面接室には母親が一人座っていた。「こんにちは、息子さんのことでお困りと聞きましたが」という問いかけに、母親は「はい、そうなんです」と意外に明るい声で答えた。「ああ、そんなにひどい状態ではないのかな」。セラピストははじめそんな印象を受け、軽い気持ちで話を聞き始めた。

「中学一年くらいから暴力は始まりました。主人が帰ってきて『圭介は?なんやまたTVゲームか。おい、おまえ勉強もせんとなに遊んどんや。宿題はしたんか?まだやと』と、怒りをあらわにぶつけはじめました。息子は黙って下をむいたままだったようです。そしたら主人は突然TVゲームの機械を取り上げると、ぼかっと床へ投げつけたんです」まあ、それからが大変。ふだんは大人しい子なのに、そのときばかりはものすごい荒れようで。「なにするんや。僕のだいじなもん壊して」と、お父さんにかかっていきました。その時はまだ主人のほうが大きかったし、力も負けていませんでしたから、けっきょく組み伏せられて泣きじゃくって」。母親は一気にここまで話すと、大きく肩で息をした。これが圭介君の家庭内暴力の始まりであった。

話が進むに連れはじめ元気そうにみえた母親の表情はだんだん暗く、声はおもーくなってきた。やはりそうか。今大変な状態になってるにちがいない。せめて元気そうにでもしないと、自分が崩れてしまうのだ。そんなぎりぎりの瀬戸際にいる人ほど、表向きは明るい様子をみせることがよくある。「そうですか、その出来事からもう一年半がたっていますね。その間の様子を詳しく聞かせていただけますか。こちらはそういう家庭内暴力でお悩みの方がたくさん来られています。経験も豊富ですから必ずよくなっていただけると思います。安心してお話下さい」。「はい、よろしくお願いします」と、うなずく母親の目から涙がこぼれた。

(以下はその後の面接のようすである。セラピストの言葉は、家庭内暴力の治療における要である。)

母親:それからが悪夢でした。力ではかなわないと思ったのか、圭介は父親の大切な物攻撃にでました。明くる日帰宅時間を見計らって、洋服ダンスから背広をひっぱりだし、玄関に投げ捨てて。そこへ父親が帰ってきて、また一騒動。主人が怒るとその明くる日は仕返しのように、父親の持ち物を壊したり捨てたりしましたね。

セラピスト:やはりお父さんへの怒りが溜まりに溜まってということでしょうか。その他荒れるときはどんなときに?

母親:学校でいやなことがあった時とか、広島カープを応援してるんですけど、そこが負けたときとか。父親以外の理由でも荒れだしました。自分の部屋の壁をたたいたり、ドアをけったりして。

セラピスト:暴力がエスカレートしてきたと?

母親:はい、そうです。自分の部屋だけだったのが、だんだんリビングにあるものにも手を出して。花瓶を投げつけたこともあります。止めるとよけい荒れて。目がキッとなって、なんか正気じゃないみたいで、怖くて。荒れだしたら妹をつれて外へ逃げ出しました。

セラピスト:お母さんや妹さんに暴力はふるいませんでしたか?

母親:直接にはきませんでしたが、怒って物を投げた物がたまたまあたったりはしました。兄が荒れ出すと、妹は恐がって私のそばを離れません。でも必ずと言っていいほど父親のことをぶつぶついいながら暴れていますので、「ああ、やっぱり主人に対して怒りが噴き出しているんだ」と、思いました。一時間くらい外でブラブラして電話をかけるんです。その声で帰ってもだいじょうぶかどうかわかります。家にはいるとリビングは足の踏み場もないくらい、荒れ散らかって。椅子を起こしたり、割れたお皿を袋にいれたりして片づけていると情けなくて涙がでてきます。

セラピスト:そうですか、それはおつらいですね。回数はどれくらい、かなりひんぱんに荒れますか?

母親:一週間に最初は2ー3回ありました。けど今ごろは一回くらいに減ってきてはいます。でも学校にまったく行かなくなってしまって。

セラピスト:お父さんにも来ていただかないといけませんね。

母親:はい、来ると思います。「学校だけは出てもらわないと」というあせりがありますから。

セラピスト:それは順番が違います。まず荒れる子を落ち着かせ暴力をなくすことが最優先です。次は圭介君が好きなことを一生懸命やって、自信がわいてくるのが二番目。学校うんぬんは三番目くらいですね。この順番をまちがうと治るものも治りません。「学校は行くようになりました。しかし父親への暴力はおさまりません」。これでは本当に治ったとは言えないでしょう。

母親:本人のストレスをうまく発散させる方法が見つかって、父親の対応がもうちょっとましになったら、暴力はでないと思うんですけど。

セラピスト:それはそうです。けどそうなるのは、簡単なことではないですよ。客観的な判断を下す人のアドバイスを得ながら、軌道修正を繰り返しぼちぼち進んでいきませんと。子どもの言い分を100%受けて聞いてやっていると、図に乗ってくるでしょう。しかし荒れを抑えるためには、さからわず耳を傾けてやる必要がありますし。子どもの反応を見ながら刻一刻と対応を検討して微妙に変えていきませんと。家庭内暴力の治療は丁々発止の意気込みで。中途半端が一番危険です。

母親:そうですか。帰って父親に相談してみます。父親もかなり強引に自分のやり方を押しつけてきたと、反省はしてるんですけど、実際どう対応していいかわからない状態で。次回は二人で来所したいと思います。

関連記事

2014.11.14

ひきこもりの相談で 母親の罪悪感

息子さん(35歳)がニートであるという親御さんからの相談です。学生時代から対人恐怖症に悩まされ、就職しても仕事が続かず転職を何度か繰り返し、今はひきこもりの状態です。 カウンセリングが進む中でお母さんが言われていました。 […]

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第1話(過食症と食べ物をめぐる親子げんか)

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋心理療法センターで治療したケースをもとに執筆、星和書店より出版したものです。本文のなかから症例や治療のポイント […]

不登校の個別相談について

2002年の8月は勉強会を開催しない代わりに「個別相談」を開催いたします。毎日一組限定ですので、ご希望の方は早めにご予約下さい。夏休みだからこそできること、二学期に向けてやっておくべきこと等についてアドバイスいたします。 […]

シリーズ記事

1.息子の暴力に悩むお母さんへの手紙─「見守りましょう」は落とし穴

拝啓、おたより拝見しました。 1月も終わりに近づき寒さもいちだんと厳しくなってまいりました。高校一年生の息子さんの家庭内暴力で悩んでおられるご様子、お察しいたします。ご参考になればと思い、当センターで対応した治療体験をも […]

2.家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)の「五段階」

不登校・非行・家庭内暴力専門外来ページも御覧下さい。ページ上部のボタンをクリックすれば表示されます。 次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなり […]

3.荒れる言葉にはキーワードがある本「しぐさでわかる心の病気」(エール出版社)

しぐさでわかる早期発見のサイン 「学校、試験」など、気にしている言葉を聞くと目がきつくなる。 朝おこすと「うるさい、ほっとけ」といった暴言をはき、足でけるまねをする。 わけもなく突然怒り出すことがふえてきた。 家人の出す […]

4.「え、親だけでの来所で、息子の暴力が治るんですか!」と、驚きの声

息子(高校3年)さんの家庭内暴力で悩むお母さんが来所されました。以前、電話で問い合わせをいただいたときは、「親ごさんの来所でお願いします。ご本人はぬきでおいでください」とお話ししたところ、「え、親だけの来所で息子の暴力が […]

5.まず荒れる子を落ち着かせ、暴力をおさめることが最優先

圭介(中2父親との葛藤から家庭内暴力に)のケースを紹介しよう。 面接室には母親が一人座っていた。「こんにちは、息子さんのことでお困りと聞きましたが」という問いかけに、母親は「はい、そうなんです」と意外に明るい声で答えた。 […]

コラム一覧へ