質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる

Q3:「お母さん、過食するから早く食べ物買ってきて」と、当たり前のように言います。私は両手いっぱいスーパーの袋を抱えて帰ってくるのですが、こんなことしていていいのでしょうか?自分で買いにいかせたほうがいいのでは?

過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる。

ケースの状況説明

過食の買い物を自分でせず母親にさせるということは、過食症においてはよくあることです。その関わり方はケースバイケースです。この質問をだされたお母さんの娘さん(23才)は、かなり重い過食症でほとんどひきこもり状態です。だから毎日のように過食の買い物に行かされています。

また別の事例ですが、本人(20才)は外には出かけるけれど「重いから車で連れてって」と、親の車に便乗して買い物をしようとします。あっちのスーパーこっちのお店と自分のこだわりの食べ物を買うために延々と時間がかかり、その度に親も振り回され根をあげることがよくあります。

A:アドバイス

過食症の状態は一人一人違います。アドバイスは個々に対して出しますので、お読みになった方はご自分の状態に応じて参考になさってください。

まずはじめの重いひきこもり状態のケースについてです。過食の買い物を母親がやったからといって、娘さんから感謝されるということはあまりありません。だんだん買ってきてもらうのが当たり前になってくるし、自分が食べたいと思った物を買ってこなかったからとトラブルのモトになります。「私が食べたい物、言わなくてもわかってるでしょ」と言ったり、「パンは角のパン屋さんで、ケーキは○ブランドのよ」と、要求がだんだん細かくなってきたりします。「もう一回買い直してきてよ!」といった要求を平気でだして、過食症の子どもが女王様で母親は召使いといった関係になって親が疲れ果ててしまうということになります。

後のケースは、自分では外出もできるし学校にも通っているという状態です。しかし過食の買い物は絶対に自分でしようとしません。「いっぱい買ってると、オヤッ過食症?と思われるのいやだから」とか「重いから持てない」とかいろんな理由を言い張ります。これも急に状態を変えるのは難しいものがありますね。「やってあげてもいいけれど、週に3回までにしてね」とか「重いものだけは、お母さんが車で行ってあげる。それ以外は自分で買ってね」というふうに、限度を決めて少しづつ任せていくというやり方もあります。「お母さんも忙しいから、疲れてるのよ」と、納得させながら進めていくことが大切です。

いずれのケースも親への依存という形で治る道筋ではありません。ただ良くないとわかってもそこからすぐに脱出できるかというとなかなか複雑で難しいものがあり、変化を促すにはセラピスト(カウンセラー)と二人三脚で緻密なアプローチをコツコツと積み上げていきます。時間はかかりますが、変えていくことはできます。

シリーズ記事

2008.12.18

1.質問1:「娘が過食症です。どうしていいかわかりません。助けてください」

過食症・拒食症の娘をもつお母さんは、不安や悩みでいっぱい 「最近なんかようすがおかしい。食べたあとトイレで吐いてるみたい」 「大きなコンビニの袋をもって、こそこそと自分の部屋へ。あれってお菓子かパンじゃないかしら」 「チ […]

2009.01.21

2.質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する

Q2:過食症の娘、香奈(25才)のことです。毎日料理をつくっては、私に「食べろ食べろ」と強要します。「吐き気がするから食べられない」と言うと怒りだし、食べ終わるまで私のそばから離れません。どうしたらいいでしょうか? ケー […]

2009.01.28

3.質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる

Q3:「お母さん、過食するから早く食べ物買ってきて」と、当たり前のように言います。私は両手いっぱいスーパーの袋を抱えて帰ってくるのですが、こんなことしていていいのでしょうか?自分で買いにいかせたほうがいいのでは? ケース […]

2009.02.04

4.質問4:父親をきらう、悪く言う

Q4:「お父さんきらい。顔をみるのもいや」と、父親をきらっています。仕事から帰ってきても「お帰り」も言わず、プイッと部屋に入ってしまったりします。父親は父親で「いつまで食べ吐きやっとるんや」と批判的です。あいだにたって母 […]

2009.02.10

5.質問5:「よけいなことせんといて」

Q5:「なんでこんなよけいなことするんよ、お母さんは!」と、過食症の娘(康子28才)は怒っています。私が気を利かして買っておいたケーキを見たようです。過食しているとき「もうこんなけしかないの。食べる物もうないの。これじゃ […]

6.質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです。カウンセリング相談(セラピー)をとおしてよく聞かれる内容とアドバイスを、まとめてお話したいと思います。 母親 […]

7.質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつお母さんからよく聞かれる悩みです。家計にも直撃する問題だけに、お母さんも真剣です。 母親の不安: 「過食症の娘が『食べ物を買うお金、これだけじゃとても足りない。なんとかして』ってし […]

関連記事

2018.06.15

過食症のカウンセリング:過食費用は減り、美味しいと思えるようになった

ある過食症の女性はほぼ毎日過食をしていました。過食に費やしたお金をメモしてきて下さるのですが、1日3食の食事とは別で、ドカ喰いの為だけに1日平均3000円を費やしていました。 カウンセリングによる治療が進み、1日の過食費 […]

過食症を克服して、大学に合格:母親からうれしい便りが

過食症で通っていた美香さん(現在24才)のお母様から「娘が大学に合格しました。4月から通うのを楽しみにしています」といううれしいお便りが届きました。 美香さんは高校一年のときに過食症になり、一日3~4回も過食をくり返して […]

2011.09.17

3.「夢中になれるもの見つけよう!」

「どうすれば過食症から抜け出せるの?」この切実な訴えに果たして答えはあるだろうか?確実にとは言えないまでもかなりの確率で脱出できることがある。それは「夢中になるものを見つけよう!」である。これまで実際に経験した事例をいく […]

記事一覧へ