質問1:「娘が過食症です。どうしていいかわかりません。助けてください」

過食症・拒食症の娘をもつお母さんは、不安や悩みでいっぱい

「最近なんかようすがおかしい。食べたあとトイレで吐いてるみたい」

「大きなコンビニの袋をもって、こそこそと自分の部屋へ。あれってお菓子かパンじゃないかしら」

「チョコレートやスナック菓子の袋がごみ箱にいっぱい捨ててあったわ。それが毎日なの」

「このごろ急にやせてきたようだけど、だいじょうぶかしら」

摂食障害(過食症・拒食症)という呼び名も、いまではだいぶお母さんたちの耳にも届くようになってきました。上記のような「なんかようすがおかしい。でも声かけはできなくて」という不安を抱いておられるお母さんたちが多くいらっしゃいます。

ダイエットがきっかけで過食症・拒食症に

過食症・拒食症は若い女性によくあるダイエットがきっかけに、はまってしまうことがよくあります。娘さんがダイエットをしておられるなら、チェックリスト「母親が気づく子どもの【過食症】【拒食症】チェックリスト─早期発見は子どもの命を救う」を参考になさってください。リストの項目一つ一つが、気をつけてみておくポイントになります。

早いカウンセリング治療(セラピー)で、早い回復を

当センターにはたくさんの摂食障害(過食症・拒食症)の本人やご家族が来所されています。設立以来26年、1500余の症例を担当してきました。

「早期発見、早期回復」は摂食障害(過食症・拒食症)にもあてはまります。お母さん、ご心配でしたら、すぐにでも淀屋橋心理療法センター(06-6866-1510)にご連絡・ご予約ください。

シリーズ記事

2008.12.18

1.質問1:「娘が過食症です。どうしていいかわかりません。助けてください」

過食症・拒食症の娘をもつお母さんは、不安や悩みでいっぱい 「最近なんかようすがおかしい。食べたあとトイレで吐いてるみたい」 「大きなコンビニの袋をもって、こそこそと自分の部屋へ。あれってお菓子かパンじゃないかしら」 「チ […]

2009.01.21

2.質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する

Q2:過食症の娘、香奈(25才)のことです。毎日料理をつくっては、私に「食べろ食べろ」と強要します。「吐き気がするから食べられない」と言うと怒りだし、食べ終わるまで私のそばから離れません。どうしたらいいでしょうか? ケー […]

2009.01.28

3.質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる

Q3:「お母さん、過食するから早く食べ物買ってきて」と、当たり前のように言います。私は両手いっぱいスーパーの袋を抱えて帰ってくるのですが、こんなことしていていいのでしょうか?自分で買いにいかせたほうがいいのでは? ケース […]

2009.02.04

4.質問4:父親をきらう、悪く言う

Q4:「お父さんきらい。顔をみるのもいや」と、父親をきらっています。仕事から帰ってきても「お帰り」も言わず、プイッと部屋に入ってしまったりします。父親は父親で「いつまで食べ吐きやっとるんや」と批判的です。あいだにたって母 […]

2009.02.10

5.質問5:「よけいなことせんといて」

Q5:「なんでこんなよけいなことするんよ、お母さんは!」と、過食症の娘(康子28才)は怒っています。私が気を利かして買っておいたケーキを見たようです。過食しているとき「もうこんなけしかないの。食べる物もうないの。これじゃ […]

6.質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです。カウンセリング相談(セラピー)をとおしてよく聞かれる内容とアドバイスを、まとめてお話したいと思います。 母親 […]

7.質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつお母さんからよく聞かれる悩みです。家計にも直撃する問題だけに、お母さんも真剣です。 母親の不安: 「過食症の娘が『食べ物を買うお金、これだけじゃとても足りない。なんとかして』ってし […]

関連記事

2012.12.03

4.「ガンコ者はきらわれるよ、なんど言っても変えようとしないガンコな子なんです。困ってしまいます」とお母さん

■「ガンコ」は摂食障害にかかった人によくみられる性格の一つです。「うちの子はガンコで困ります」という親御さんの声はよく聞かれます。はたしてこの「ガンコ」は、ほんとうに困った性格なのでしょうか?決してそうではないという事実 […]

「小さなひっかかること」が、言葉で言えだした(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

「小さなひっかかることを書き留めて」が効果をあげて 過食症で佳代が淀屋橋心理療法センターにかよいだして、半年がたつ。佳代自身の問題、家族とのかかわり、職場でのストレス、友人関係などいろんな面に焦点をあてながらカウンセリン […]

2013.10.11

1.一人暮らしで過食症を発症。3ヶ月で母親といっしょにカウンセリング治療をスタート、半年で克服(過食症歴3ヶ月、大学一年18才)

慣れない一人暮らしのさびしさに、完璧症が加わって(真美 大学一年 18才) 真美は東京にある大学に合格し、親元を離れ下宿生活をはじめた。慣れない一人暮らし。気を許して話せる人のいない淋しさ。なかでも毎日3度の食事づくりは […]

記事一覧へ