「もう疲れはてました。助けて下さい」と、母親の声が(菜月17才 摂食障害・過食症)

過食症になやむ娘さん(菜月17才)のことで、淀屋橋心理療法センターのホームページをみてお母さんが問い合わせてこられた。

当センターの(旧)ホームページを開くと、トップページに「診療科目」というのがある。そのなかから「過食症」をクリックすると、12の項目にわかれている。各項目には、摂食障害(過食症、拒食症)に悩むさまざまな家族の姿と治療のようすが書かれている。そのなかの一つが娘さん(菜月)の目に止まったようだ。以下に来所にいたるまでのお母さんと菜月さんのやりとりを紹介しよう。

「これ、私らにそっくり。お母さん、一度聞いてみて」

「ねえ、お母さん、これ、読んでみて」「えー、どれどれ。ふーん」「これって、私らにそっくりやね」「ほんまやね」「お母さん、一度この淀屋橋心理療法センターってとこに、電話して聞いてみて」「そうやね、聞いてみようか」。インターネットのホームページを前にして、母と娘でこんなやりとりがかわされた。とりあえず母親が電話をかけて、ようすを聞いてみることになったという。

菜月の見つけたホームページの記事の抜粋 参考までに・・

過食に悩むあなたへ:『吐けない!太る!この恐怖をなんとかして!』

「食べた後、吐くのに必死なの。苦しくて指をのどにつっこんで。やっと吐けた、やれやれ。でもね、体重計にのったらいつも1Kg増えてるの」。この瞬間から美佳のパニックがはじまる。「今でも太ってるのに。これ以上太りたくない。お母さん、なんとかして」と、母親に泣いて訴える。「だいじょうぶよ、ちっとも太ってるふうには見えないから」と、なだめてもダメ。恐怖感はだんだんエスカレートして、手当たり次第に物を投げだす。止めようとする母親にもなぐりかかる。「太る恐怖」に追いつめられて、母親と騒然とした争いの毎日。なのに毎日食べる事をやめられない。(つづく)

「娘が過食症なんです。助けてください」

ホームページの記事を読んで母親はこう思った。「たしかに私たちの争いにそっくりだわ。ここに電話すれば、なんとかなるかも」。それに加え「親御さんへのアドバイスを中心にお出ししています」という内容も、疲れはてた母親にはうれしかったようだ。母親はさっそく淀屋橋心理療法センターに電話をかけてみた。

当センターでは、摂食障害についての相談は不登校とならんで一番多い問い合わせの一つである。過食症と一言で言っても、症状にはいろんなパターンがあるので、どんな質問をお受けしてもお答えできるよう準備してあらゆる角度から準備している。もちろん及ばない点はあると思うが。以下は菜月の母親と電話受付のやりとりを、参考までに抜粋してみた。

電話での質問と対応のようす

母親:もしもし、聞いてください。娘が摂食障害なんです。・・すごい量食べて吐いて、それが毎日なんです。

受付:それはいつごろからでしょうか?

母親:中三の秋ごろからって、娘は言ってます。今高校二年だから二年前からですか。

受付:はじめっから過食でしたか?

母親:はじめは拒食だったんです。そのころ私ちっとも気がつかなくて。けど、いつのまにかものすごい量を食べる過食に変わったようです。食べたあと吐くんですけど、吐ききれなくて。「太る、なんとかしてっ!」って、たいへんなんです。毎朝、親子げんかで、もう修羅場ですね。

受付:そうですか。それはたいへんですね。もう少し大事な質問を聞かせてください。今、身長と体重は?

母親:163cmと50kgです。

受付:あとお食事は、朝、昼、晩と三食、食べられますか?

母親:私が気をつけてるばあいは、朝昼晩と食べるんですけど。あのもう、過食の日は、朝起きてすぐ食べて、吐いて、その繰り返しで、疲れて寝てしまったりとか。生活はとても不規則です。

受付:過食はどのくらいの頻度でされますか?

母親:えー、ひどいときは、ほとんど毎日で。うまく吐けないと「太るっ」って、暴れたりします。

受付:今病院に行かれたり、薬をのまれたりはありますか?

母親:ないです。あのー、娘がお宅のホームページ読んで、「私にそっくりだから、ここに相談してみたい」って。それと母親の私が精神的に追い込まれてしまって、もう疲れはてました。助けてください。

受付:それはたいへんですね。じつは「事前相談」といって、無料の相談日があるのですが。

母親:え、事前相談?それはどんなものですか?

受付:はい、一度こちらにおいでいただいて、ご相談内容を直接カウンセラーにお話いただきます。こちらでカウンセリングを受けて、良くなる見込みがあるかどうかを相談させていただいたりします。またこちらの治療の進め方なども説明させていただきます。

母親:それは無料なんですか?

受付:はい。一回限りですが無料でそういった相談日をもうけております。

母親:そうですか。それじゃ事前相談の予約をお願いします。できるだけ早い日でお願いします。

もう疲れはてました、とのお母さん。

母親は、いままでの娘との食をめぐる争いに疲れはてたのか、一日もはやく来所したそうなようすだった。ホームページに書いてある「親御さんにもアドバイスをさしあげます」という言葉が救いだと話していた。過食症という症状は、親へのアドバイスだけで治るほどシンプルなものではない。親と同時に子ども自身の努力も不可欠である。が、親の対応の仕方でかなり改善できる部分もあり、なによりどうしていいかわからないと疲れはてている母親にとっては救いになるであろう。行動レベル、言葉掛けレベルの具体的なアドバイスは、まちがいなくまよった親御さんたちの道案内の役割をはたすものと思われる。

関連記事

性格・行動関連編:粗暴・暴力児

『粗暴・暴力児』(別冊PHPより) 暴力児には二つのパターンがあります。まず、非行型の徒党を組む子は、「認められない」気持ちから、 「寂しさ」がつのって、同じような「仲間」に惹かれていく子です。こういう子は暴力以外にも、 […]

2011.09.25

『克服できるリストカット症候群』(星和書店)福田俊一・増井昌美 著

淀屋橋心理療法センターからリストカットの本を出しました。内容をわかりやすくまとめてご紹介させていただきます。 『克服できるリストカット症候群』星和書店(2011.6.26) 著者:福田俊一 所長・精神科医  & […]

こだわる子に手こずっていませんか

「もうええやないの、そこまでせんでも」。亮君(中学二年)のこだわり症には、いつもお母さんはへきえきしています。 亮君はなにをするにも時間がかかるゆっくりさん。登校前にも「おかん、背中のほうに埃付いてるか見てくれ」と言って […]

シリーズ記事

1.摂食障害・過食の費用がだんだん増えてきた。どうしたらいいの?(百合大学二年生 摂食障害・過食症)

過食症の食材を買うお金って、みんなどうしてるのかしら 過食症の食べ吐きについやす金額は「一日1000円」と決めていても、毎日のことだけにばかにならない。やりくりの仕方は人それぞれだが、おおまかに分けると次の三つのパターン […]

2.頑張るお母さんは疲れが心配(美香29才 摂食障害・過食症とひきこもり)

過食症でひきこもりになった娘さんのご両親が、この春からカウンセリングに来所されている。いつも二人でそろってこられ、待合い室でも仲よさそうに話をされている。29才になる次女の美香さんが、二年前から過食症に、その半年後にはひ […]

3.「ホッとするもの、ありますか?」(信子25才 摂食障害・過食症歴5年)

「食べ物から解放されたい」 過食症に悩まされている人は、決まって次のようなことを口にします。 「もうずーと、ずーと食べ物のことばっかり考えています。あー、チョコレート食べたい。アイスクリーム食べたい」。それじゃ食べたら満 […]

4.「ホッとするもの、どんどん増えてきた」(信子25才 摂食障害・過食症歴5年)

食べ物や体重の話はかわしながら、カウンセリングをすすめる 過食症の治療がスタートして10ヶ月がたった。セラピーでは意識して食べ物とか体重についての話はなるべく避けていた。過食にまつわるいろんな質問や嘆きや怒りの声が出され […]

5.「もう疲れはてました。助けて下さい」と、母親の声が(菜月17才 摂食障害・過食症)

過食症になやむ娘さん(菜月17才)のことで、淀屋橋心理療法センターのホームページをみてお母さんが問い合わせてこられた。 当センターの(旧)ホームページを開くと、トップページに「診療科目」というのがある。そのなかから「過食 […]

6.「私、本屋さんでバイトしたい」(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

「引っかかること」が出てくる出てくる 過食症の治療で「小さなひっかかること」を言葉で伝えることができだすと、少しづつようすが変わってくる。佳代も『一日のうち、ひっかかること一つはお母さんに伝えよう』という課題はほとんど完 […]

7.「小さなひっかかること」が、言葉で言えだした(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

「小さなひっかかることを書き留めて」が効果をあげて 過食症で佳代が淀屋橋心理療法センターにかよいだして、半年がたつ。佳代自身の問題、家族とのかかわり、職場でのストレス、友人関係などいろんな面に焦点をあてながらカウンセリン […]

8.「小さなひっかかること」を、書き留めて(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

過食症の治療で役立つ小さな質問 どうすれば過食を止められますか? 体重を減らしたいんですけど、いい方法を教えてください 過食を治したいんです。他のことはいいんです こうした質問は過食症のセラピーをスタートしたころよくださ […]

9.「親にアドバイスをくれる所」これが来所の決め手です(清美25才 摂食障害・過食症歴7年)

清美(25才)は、過食症にかかって7年になる。病院の精神科に3度入退院をくりかえしたが過食症は治らず、その後はひきこもり同然の生活を送っていた。三年前の春、当センターが出した本「過食・拒食の家族療法」と「過食症と拒食症ー […]

10.「猛烈な食べ吐きで・・一人ではダメですか?」(香奈28才 摂食障害・過食症歴半年)

過食症の子は気持ちが不安定 香奈は大阪の本町で証券レディとして働いていた。大学の英文科を卒業、すぐに入社したから今まで6年間働いたことになる。勤務態度はまじめ、気くばりはいい。上司にも「よく働くいいコだ」と、評判はよかっ […]

コラム一覧へ