質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつお母さんからよく聞かれる悩みです。家計にも直撃する問題だけに、お母さんも真剣です。

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さんの不安や疑問。

母親の不安: 「過食症の娘が『食べ物を買うお金、これだけじゃとても足りない。なんとかして』ってしつこく言ってくるんです。でも「過食症がエスカレートしないか」心配だし、それに家計のこと考えると、もうこれ以上は出せないっていうのが本音で。」

典子、18才高3、過食症になって2年。

典子(本人、18才高3、過食症になって2年)

「過食の食べ物買うお金が、少しづつせりあがって」

「お母さん、ちょっとまって。私もお買いものついていきたいから」と、典子の声がしました。「え、典ちゃんも行くの。わかった、まってるよ」。最近こんな会話ではじまって、ふたりで近くのマーケットへ買い物に行く回数が増えてきました。お母さんにはわかっています。典子が過食のための食材を買ってもらおうと思っていることが。「お母さん、これ買っていいでしょ」と言って、値のはらない食べ物をすばやく買い物カートにいれていきます。

過食の食べ物を買う金額は「一日千円」と決まっています。それ以外にお小遣いとしてひと月5千円わたしています。ノートや本の学用品、それにちょっとしたお化粧品を買う費用として使えるように。母親の心配は、この5千円がだんだん過食の費用にまわされてきていることです。もちろん典子はそんなそぶりはみせません。「今月は、参考書二冊も買わされたの。お金なくなってしまった」といったことを言います。「そう、参考書二冊じゃ、お金かかったね。それでその参考書はどこにあるの?」と聞きますと、「うん、まだ・・、あのー学校においてるの」と返事はかえってきますが、その言い方がなんか言いにくそうです。

「お小遣いとしてわたしているお金、ひょっとして過食の費用にまわされてるかも」と、母親は心配でたまりません。「もしや」と感ずいているのですが、はっきりとはわかりません。「どうしたらいいでしょうか。このままだと、どこまで食材を買う金額が増えていくのか、過食症がエスカレートしてしまうのか、不安で不安でたまりません」と、母親から相談がありました。

「過食の食べ物買うお金、これだけじゃ足りないよ」と本音が

セラピストからアドバイスをもらった母親は、思い切って過食の食材を買う費用について典子と話し合うことにしました。「典ちゃん、食べ物買う費用のことだけど、ちょっと話しあいたいの」ときりだすと、意外にも典子は「うん、いいよ。私も言いたいことあるから」と、のってきました。

「あのね、お母さん、今度の日曜日ね、由佳や愛といっしょにボーリングにいくことになったの。お金、ちょうだい。5千円あれば足りるかな。いいでしょ」と、またまたお金の請求です。母親は「またか」という顔をして、気分がゆううつになりました。でも言いなりになってばかりもいられません。きょうはセラピストからのアドバイスももらっているので、かなり強気です。「あのね、ひと月にね、過食の費用3万円以上は、出せないのよ。わかってね。家計の上限がきまってるんだから。一日千円がせいいっぱいの費用なの。この金額はずーと前に話し合って決めたでしょ。このごろ食べ物買うとはいわないけれど、あれやこれやでお金ちょうだいって言って、過食が増えてきているんじゃないの?」と、母親は強い語調でいいました。

典子は泣きそうになって「だって食べ物を買うお金、一日千円だけじゃ足りないよ。もっともっと食べたい。食べたくて、たまらなくなるんだもん」と叫びました。やはり母親が心配していたように過食が増えていたのです。

「過食のエスカレートを止めないと。今ならまだ間に合うよ」

典子の本音を聞いて、母親も涙がでそうになりました。でもここはふんばりどころです。過食の費用が増えていくと、お母さんが落ち込んでいかれるかもしれませんし、過食症全体にいい影響をあたえません。

「あのね、お母さん、典ちゃんのつらい気持ちわかるよ。でもね、食べる物が増えていくと、だんだん過食の量も回数も増えていくの。それだけ治りにくくなるし、あなたの体も痛めることになるのよ。それがわかってて、母親としてだまってお金を渡すことなんてできないの。なんとか過食がエスカレートしないよう、毎日はなしあいましょう。今ならまだ間にあいますって、過食症の専門の先生が言われたの。なんとかがんばって抑えていこうよ。お母さんも先生に相談しながら協力するから」。

典子は素直にうなずきました。「つらかったの。典子も不安でたまらなかったの。どんどん食べる量が増えていくんだもん。でもがんばってみる。過食がこれいじょう増えないよう、お母さんが専門の先生に相談しながら力をかしてくれるんなら、がんばってみる」と、答えました。その日から母と娘の「過食のエスカレートをストップ」する話し合いが始まりました。

関連記事

2013.09.09

ひきこもり過食10年のMさんと、メールのやりとりで克服への道

きっかけはこの本でした「過食症と拒食症―危機脱出の処方箋」 十年に及ぶ過食症とひきこもりのMさんのお母さんは、この夏に初めて来所した。大阪とはかなり離れた広島から、新幹線をのりついでやってきた。いままで心療内科の門をたた […]

「もう疲れはてました。助けて下さい」と、母親の声が(菜月17才 摂食障害・過食症)

過食症になやむ娘さん(菜月17才)のことで、淀屋橋心理療法センターのホームページをみてお母さんが問い合わせてこられた。 当センターの(旧)ホームページを開くと、トップページに「診療科目」というのがある。そのなかから「過食 […]

3.父親とうまく話せない洋次の姿がうきぼりに

好みがはっきりしてきた 「好きな物さがし」をつづけていくなかで、だんだん洋次の好みがはっきりしてきた。食べ物ではあっさりした物よりは、天ぷらのようなこってりした物のほうが好き。お茶は紅茶よりはコーヒー。洋服はブルーのTシ […]

シリーズ記事

2008.12.18

1.質問1:「娘が過食症です。どうしていいかわかりません。助けてください」

過食症・拒食症の娘をもつお母さんは、不安や悩みでいっぱい 「最近なんかようすがおかしい。食べたあとトイレで吐いてるみたい」 「大きなコンビニの袋をもって、こそこそと自分の部屋へ。あれってお菓子かパンじゃないかしら」 「チ […]

2009.01.21

2.質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する

Q2:過食症の娘、香奈(25才)のことです。毎日料理をつくっては、私に「食べろ食べろ」と強要します。「吐き気がするから食べられない」と言うと怒りだし、食べ終わるまで私のそばから離れません。どうしたらいいでしょうか? ケー […]

2009.01.28

3.質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる

Q3:「お母さん、過食するから早く食べ物買ってきて」と、当たり前のように言います。私は両手いっぱいスーパーの袋を抱えて帰ってくるのですが、こんなことしていていいのでしょうか?自分で買いにいかせたほうがいいのでは? ケース […]

2009.02.04

4.質問4:父親をきらう、悪く言う

Q4:「お父さんきらい。顔をみるのもいや」と、父親をきらっています。仕事から帰ってきても「お帰り」も言わず、プイッと部屋に入ってしまったりします。父親は父親で「いつまで食べ吐きやっとるんや」と批判的です。あいだにたって母 […]

2009.02.10

5.質問5:「よけいなことせんといて」

Q5:「なんでこんなよけいなことするんよ、お母さんは!」と、過食症の娘(康子28才)は怒っています。私が気を利かして買っておいたケーキを見たようです。過食しているとき「もうこんなけしかないの。食べる物もうないの。これじゃ […]

6.質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです。カウンセリング相談(セラピー)をとおしてよく聞かれる内容とアドバイスを、まとめてお話したいと思います。 母親 […]

7.質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつお母さんからよく聞かれる悩みです。家計にも直撃する問題だけに、お母さんも真剣です。 母親の不安: 「過食症の娘が『食べ物を買うお金、これだけじゃとても足りない。なんとかして』ってし […]

コラム一覧へ