摂食障害(過食症・拒食症)と万引き

<摂食障害と万引き>

7月26日(火)に『過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会』が行われましたので、そこで親御さんからいただいた質問を、一つご紹介したいと思います。

「娘がスーパーでお惣菜を万引きしてしまったのですが・・・」

摂食障害と万引き、実は珍しいことではありません。あるマラソン選手が摂食障害に苦しんで万引きを繰り返してしまい、何度も逮捕されたニュースを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

娘がスーパーでお惣菜を万引きしてしまったのですが・・・

その選手は「食べて吐くために万引きをした」と語っていました。体重制限が厳しいスポーツ(陸上、体操、フィギュアスケート、バレエ、柔道など)をしている人は、摂食障害を発症しやすくなると言われていて、研究が進められています。

<なぜ万引きしてしまうのか?>

 所長の福田俊一が今まで出会ってきた摂食障害の患者さんのなかにも、万引きをしてしまう人達がいました。盗むものはコンビニやスーパーでパン、お弁当、お菓子などの食料品が中心でした。本人に「どうして盗んでしまうのか?」と聞いても、最もらしい答えを言えた人はいなかったそうです。「わからない」と言ったり、「覚えてない」と言ったり、黙り込んでしまったり。

本人に「どうして盗んでしまうのか?」と聞いても、最もらしい答えを言えた人はいなかったそうです。

なぜ万引きしてしまうのか?本人達がその理由を語ることはほとんどないため、明確なところは分かりませんが、考えられる理由はいくつかあります。そのうちの一つをご紹介します。摂食障害を発症すれば、拒食症・過食症どちらでも、人間の本能である食欲と闘い続ける状態が、ずっと続きます。特に過食症では、極限まで押さえ込んでいた食欲が、ある時爆発してしまいます。それはどんなに頑張っても止められない衝動のようなものです。

もし、スーパーにいる時に突然そういう衝動が起こってしまったら、無意識のうちに目の前の食べ物をサッと盗ってしまうかもしれません。気づいたら盗んでしまっていた、というような感じです。

その場面での本人には、見つかれば捕まってしまうという意識がないことが多く、隠れて万引きしようという姿勢はあまり見られません。傍から見れば、堂々と商品を盗っている風にも見えるでしょう。そのため、すぐに店員さんに発見される人が多いです。

また、前述のマラソン選手のように、過食嘔吐のために大量の食べ物が必要な場合もあります。『ちょっとだけ食べて終わるはずが、もう○○カロリーも食べてしまった・・・これでは体重が増えてしまう』という恐怖から、『とにかく何としてでも吐かなければならない』と考えてしまう。そして吐きやすくするためには、たくさん食べなければいけないとなり、大量の食べ物を必要としてスーパーに行き、魔が差して万引きしてしまっている。そういったことも考えられます。

<摂食障害の治療が求められる>

現在では、摂食障害の合併症状の一つとして、窃盗症(クレプトマニア)があることが分かっています。万引きをはじめとする窃盗で捕まり、刑罰を科された人のなかには、本当は摂食障害の治療が必要な人がいるのです。

摂食障害の合併症状の一つとして、窃盗症(クレプトマニア)があることが分かっています。

もちろん、万引きは犯罪であり許されるものではありません。しかし、本人に刑罰を科すだけでは、根本的な解決には至らず、また万引きを繰り返してしまう可能性があるということを、私たちは理解しておきたいと思います。

【淀屋橋心理療法センター 公式 LINE】から、勉強会のお知らせや、最新記事の更新などをお知らせしております。ぜひご登録ください!

友だち追加

2022.09.19  著者:《大阪府豊中市 淀屋橋心理療法センター》池尾有希子

               

記事内容の監修医師

淀屋橋心理療法センターの所長 福田 俊一

淀屋橋心理療法センター所長 福田 俊一

  • 医師。精神科医。淀屋橋心理療法センターの所長であり創業者。
  • 日本の実践的家族療法の草分け的存在。
  • 初めて家族療法専門機関を日本で設立し、実践、技法の開発、家族療法家の育成に貢献した。
  • その後は、摂食障害、不登校、ひきこもり、うつ、家庭内暴力(子から親へ)、リストカット等の家族療法の開発に尽力している。
  • 著書多数。

シリーズ記事

2022.12.23

1.過食症治療
子どもの将来を変えるのは、
親御さんの今の本気です!

11月18日(金)に、 親御さん向け過食症治療説明会を開催しました。 拒食症と過食症の人の違い 「拒食症は命に関わるけれども、本人の自信は保たれていることが多いのが特徴。 それに対して、過食症は命に関わることは少ないけれ […]

2022.11.15

2.昔は手のかからない良い子? 過食症になる人・ならない人

9月9日(金)開催 過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会 当センターで開催している過食症に特化した勉強会は、今回で第6回目となりました。 第1回目から遡ってみると、「過食症の正体とは何か」や、「過食症の治療には、な […]

2022.09.19

3.摂食障害(過食症・拒食症)と万引き

<摂食障害と万引き> 7月26日(火)に『過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会』が行われましたので、そこで親御さんからいただいた質問を、一つご紹介したいと思います。 「娘がスーパーでお惣菜を万引きしてしまったのです […]

2022.06.17

4.痩せることに執着する気持ちをケアする

★「過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を5月17日に開催しました★ <ダイエットは本能との闘い> 「私は太っている。痩せたい。どうしても痩せたい。スリムになれば明るい未来が待っているはず。どうすれば良いのだろう […]

2022.05.16

5.過食症・対人緊張の克服
Noと言える優しくて“強い子”に育てる

4月15日(金) 親御さん向け過食症勉強会を開催いたしました。 冒頭で勉強会にお越しいただいた理由をお聞きすると 「薬を使わない治療法が良いと思った」 「親の関わり方を具体的に学びたいと思った」 と親御さんたちが回答して […]

関連記事

2009.02.04

質問4:父親をきらう、悪く言う

Q4:「お父さんきらい。顔をみるのもいや」と、父親をきらっています。仕事から帰ってきても「お帰り」も言わず、プイッと部屋に入ってしまったりします。父親は父親で「いつまで食べ吐きやっとるんや」と批判的です。あいだにたって母 […]

2021.05.18

摂食障害になったのは頑張り屋の優しい女の子でした2【過食症 小説】

前回までのあらすじ 「痩せていない自分は価値がない」「人に気を遣えないと自分の存在意義がなくなる」と、自分を追い詰めてしまい過食と後悔を繰り返す奈々子さん。職場の上司や後輩のリカさんは「NO」と言えない奈々子さんに対し、 […]

摂食障害(過食症・拒食症)の家族療法

ここ十年間で十倍に増えた摂食障害(過食症・拒食症) 淀屋橋心理療法センターで二番目に相談の多い摂食障害(過食症・拒食症)が、ようやく一冊の本にまとまりました。店頭に本が並んだとたんにテレビ局から取材依頼が舞いこんでくるな […]

記事一覧へ