家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの不登校

内面(うちづら)と外面(そとづら)

家庭で荒れる子の多くは、学校ではおとなしく目立たない子が多いようです。注意をしても反発する様子もないし、口ごたえもしない。むしろ扱いやすい子かもしれません。ところが、家庭での様子をきくと、口のきき方はきたないわ、親を自分の手足のように使うわと、内と外のギャップの大きさに驚かされるばかりです。

(子どもを)避けても(要求に)応じてもダメ

子どもの荒れが日常化してくると、親は徐々に子どもを避けるようになります。また、子どもを刺激しないことに気をとられたり、荒れさせないために子どものいうことをきくようになります。これが悲劇の始まりです。子どもは親が自分を避けていることに過敏になったり、要求に応じたその時だけは落ちつくものの、次第に要求がエスカレートしたり、要求する間隔が縮まってきたりと状況は悪化の一途をたどります。逃げ道のない状態がつづいたり、家庭内暴力に発展してしまうと親の方が疲れはててしまい、解決がいっそう困難になってしまいます。

荒れることでしか表せない主張

荒れる子の特徴をみると、「ゆっくり」が持ち味の子や、幼いころから「口数が少ない」「受け身」だった子やあまり親に「反発しなかった」子が多いようです。そんな子は思春期をむかえ自我が強くなってくると苦労します。これまでの経験から、何か言いたいことがあっても「どんな風に言ったらいいのか」「はっきり言っても叱られないか」といったことが気になって言えないことも。また、ゆっくりテンポのため、「今言おうとおもったのに」「言われなくてもわかってるのに」と、発言を先取りされることでもストレスを感じるようになります。言いたいことが言えない(わかってもらえない)ストレスから、荒れるという形で発散することをおぼえてしまうのです。

「王様」と「奴隷」

荒れるのをおさえようとして子どもの要求をのんでしまうと大変です。言いたいことだけでなく、外部のストレスや将来の不安さえも荒れるという形で発散しかねません。また、「親を自分の手足のように使う」「高額な物を買わされる」とエスカレートし、ついには親を奴隷のようにこきつかう悪い王様になってしまいます。一方の子どももいくら親が尽くしても相変わらず「あれしろ、これしろ」の単語ばかり。これでは「言いたいことを言葉にする」という方向に進まないばかりか、家庭内暴力に発展しかねません。また、専門家に相談する場合でも、親が疲れていたり逃げ腰になっているとアドバイスをもらっても実行できない場合が多いのです。

ポイント1言いたいことがしっかり言える子に

「親がせっかちだからこうなった」と考えるのは、それこそせっかちな考え方です。親がせかさないことはもちろんのこと、もっと大切なことがあります。それは子ども自身が「表現力をつける」「言い返す力をつける」ことです。子どもが力をつけるまではペースを合わせてやっても、最終的には親がせかしても「待って!」「せかすな!」と言い返したり、せかされても自分の言いたいことを言い切るぐらいの力をつけられると完璧です。

ポイント2子どもの「依存心」には要注意

親を動かすことに味をしめてしまうと、それが習慣になって元に戻すのも一苦労です。小さなことからでもコツコツと減らしていきましょう。子どもに言われる前にやってあげていることはありませんか?。「あれしろ、これしろ」も断り方を工夫できませんか?。また、意外と重要なのが「質問」や「迷い」に答える時です。「どの服を着たらいい?」と聞いてきたり、「どのハンバーガーにしようかなー」とメニューを迷っている時など、親がすぐに答えずに本人に上手に考えさせるとうまくいきます。

ポイント3「落ちついている時」にこそしっかり頑張る

荒れている状態の中でも比較的おだやかな時はありませんか?。子どもの自己主張が伸びてきた時もそうですが、落ちついている時やうまくいきかけている時に気をぬかないことが肝心です。当センターに相談にこられる方の中にも、良くなりかけてまた悪くなるというパターンを繰り返す方がおられます。たいていの場合は「油断」が原因です。ずっと「忍の一字」で耐えてこられた辛さはよくわかりますが、荒れる子ほど親の変化に敏感です。安全圏に入るまではご辛抱を。

先生からみた「家庭で荒れる子」チェックリスト

普段から目立たずおとなしいタイプである。

笑うことはあっても表面的のようだ。

主張や積極性があまり感じられない。

何を答えさせても単語中心である。

声が小さくボソボソと話すタイプだ。

クラスメートに歩調を合わせているようだ。

教師に反発・反抗することはない。

親が疲れているようだ。

親と電話で話すと妙によそよそしい。

* チェックが多いからといって、必ずしも家庭で荒れているとは限りません。ご心配の場合はもっともな理由をつけて学校に呼び出すと効果的です。

関連記事

摂食障害(過食症・拒食症)の治療のポイントと「一人で治したい」の落とし穴(由美 摂食障害・過食症)

「親に迷惑かけたくないんです」だから一人で治したい。 なぜ過食症や拒食症になると思いますか? 由美:短気やったり、素直でなかったりするから。だからいらいらして過食してしまうんかなって。弟に『ぶたまん』って言われたことか、 […]

2015.02.26

【不登校】親子で再登校の話をする時は「親の目をみて、きちんとした態度」で話すべき?

世間一般に、大事な話をする時はいくら親子の間といえども「相手(親)の目をみて話すべき」「静かな雰囲気で姿勢を正して話を聴くべき」とお考えの親御さんは多いでしょう。もちろん、それが伝統的な「常識」なのです。確かに、子どもが […]

2008.05.29

「貧乏くじばっかりひかされてきたんや、わたしは」と、泣いて叫んで(多美 高3)

過食症がもとで、不登校からひきこもりに 多美は高校3年生。過食症になって3年目になります。この春3年生に進級したとき、一週間登校しただけで、とうとう学校に行けなくなってしまいました。「いったいなに考えてるんや。学校にいか […]

シリーズ記事

1.小学生の不登校

原因不明の不登校 「いじめはないみたいだし、勉強にもついていけてるはずなんだけど・・」。小学生の我が子が登校をしぶりだしたものの、はっきりした原因がわからない。原因がわからないから強く押していいものか、無理をさせない方が […]

2.心身症タイプの不登校

「心」のストレスが「身体」にでる「心身症」 古くから「病は気から」と言われるように心と身体は密接に結びついていて、互いに影響を与えあっています。では、心のストレスが身体の症状となって現れる心身症はどうして起こるのでしょう […]

3.摂食障害(過食症・拒食症)の家族療法

ここ十年間で十倍に増えた摂食障害(過食症・拒食症) 淀屋橋心理療法センターで二番目に相談の多い摂食障害(過食症・拒食症)が、ようやく一冊の本にまとまりました。店頭に本が並んだとたんにテレビ局から取材依頼が舞いこんでくるな […]

4.対人恐怖症・対人緊張症タイプの不登校

「対人恐怖症・対人緊張症」とは・・・ 「人と目が合わせられない」「周囲の視線が気になる」「人と話をするとドキドキする」「自分の態度が相手に不快感をあたえているのではないか」。このように、人と接する時の辛さ・しんどさを訴え […]

5.非行タイプの不登校(非行っぽい子の意外な素顔)

「非行」は「怠け」? 学校はちょくちょく休むし、来たかと思えば遅刻に早退。まじめに勉強する気もないみたい。おまけに茶髪・ピアスに服装違反。きびしく注意しても効き目なし。親の注意もなんのその。いつも帰りは午前様。いったいこ […]

6.不登校…休み始めたらすぐ動く!

「見守りましょう」の落とし穴 新学期のスタートをきっかけに再登校できる子もいれば、機会を逃して休み続ける子や、新しい環境になじめず休み始める子もいます。とりわけ、不登校に縁のなかった親御さんにとっては新学期早々のつまずき […]

7.明るい不登校

急増する「明るい不登校」 不登校になった初めのころは部屋にこもったり、親と口をきかなかったT夫。今ではTVをみて笑ったり、雑談もできるほどに落ちついてきた。気分のムラもなく学校に行っていないことを除けばいたって普通。そん […]

8.家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの不登校

内面(うちづら)と外面(そとづら) 家庭で荒れる子の多くは、学校ではおとなしく目立たない子が多いようです。注意をしても反発する様子もないし、口ごたえもしない。むしろ扱いやすい子かもしれません。ところが、家庭での様子をきく […]

9.過食症と拒食症

「過食症と拒食症」を出版しました 当センターで「不登校」とトップを争うほど相談の多い症状です。摂食障害(過食症・拒食症)から不登校に陥るケースも珍しくありません。養護教諭の先生の出番も多く、担任の先生よりも早く症状に気づ […]

10.いじめ不登校

「長いものには巻かれろ」 ひと昔前ならクラスに一人二人は「正義の味方」がいたものです。それが今では「長いものには巻かれろ」主義が横行し、いじめられた子をかばうとその子までがいじめられてしまう世の中になってしまいました。「 […]

コラム一覧へ