心身症タイプの不登校

「心」のストレスが「身体」にでる「心身症」

古くから「病は気から」と言われるように心と身体は密接に結びついていて、互いに影響を与えあっています。では、心のストレスが身体の症状となって現れる心身症はどうして起こるのでしょう。そのメカニズムを簡単にご紹介します。

まず、いじめや学業不振などを経験すると「怒り、憎しみ、悲しみ、恥ずかしさ」などの感情(心のストレス)がわき上がってきます。それらの感情は大脳の中の辺縁皮質でキャッチされ、すぐ下の視床下部に伝えられます。これらの感情が溜まりに溜まって許容範囲を越えてしまった場合、視床下部に影響を及ぼします。視床下部には二種類の自律神経が集まっています。一つは各器官の働きを活発にする「交感神経」、もう一つはその働きを静める「副交感神経」です。両者は互いに調和をたもつことでうまく機能しています。視床下部でキャッチされた感情が交感神経を刺激することで各器官の働きが活発になるわけですが、この刺激が強すぎると自律神経がバランスを崩し、頭痛、腹痛、下痢など身体の変調をきたしてしまうわけです。

S.O.S. その1「言いたいことが言えない」

心身症タイプには気もちの優しい子が多く、どうしても相手のペースに合わせがち。「しんどいけど誘いをことわったら嫌われるかなー」「わからないことを聞きたいけど、先生は忙しそうだしなー」など、いつも相手中心に物事を考えてしまいます。

こんなタイプの子が言いにくいのは「不満」「悪口」「ことわり」など相手がイヤがりそうなこと。「不安」「悩み事」なども「相手に心配をかけたくない」と考えて言いにくくなります。言いたいことが言えずにいると、それがストレスとなってドンドンたまっていってしまいます。それが限度を超えると身体の方が悲鳴をあげてしまうわけです。

S.O.S. その2「自分らしさがわからない」

意外と見落としがちなのがこのポイントです。たとえば、周囲から見ると「ゆっくりテンポ」なのに、本人にはそういった自覚が全然ないということがあります。ゆっくりテンポの子は、自分であせっても人からせかされても動きがぎこちなくなります。それがわからずに行動すると心(頭)と身体のバランスを崩しやすくなります。

同じようなことが「友だちづきあい」にもよく見られます。先生が見かけた時はいつも友だちとニコニコと話をしている。一人ぼっちのことがなく、いつも誰かと一緒に行動している。この子は友だちづきあいは大丈夫だ・・。ここに落とし穴があるわけです。無意識のうちに相手に合わせてしまっているのかもしれません。こんな子は顔ではニコニコしていても、心の中では「おもしろくないなー」「なんかしんどいなー」と思っているかもしれないのです。

アドバイス編

緊張感が高まる話でもできる子に。「会話の主導権」が対応のキーワード

私どもでは会話を重視します。生徒さんのペースで会話をすすめることができれば、言いにくいことでも言えるようになり、それだけでずいぶんと気が楽になります。そのため、生徒さんが一言しゃべったら、先生は相づちやオウム返しで継ぎながら、次に出てくる言葉を待ってみて下さい。心身症タイプの子は「気づかいのベテラン」が多いですから、「相手が気にしそうなこと=強い緊張感」となって言いにくいのです。根気づよくつきあっているうち「勉強がわからないから学校に行きづらい」「友だちがいなくてさびしい」などの「感情」が出てきたら大成功。感情を出し慣れていない子はここで強い緊張感を味わいますが、緊張感は「避ける」より「慣れる」ことで免疫力をつけることができるのです。

一方、返事が待ちきれず次々と質問したり、「なぐさめ・はげまし」等には注意が必要です。会話が途切れたり主導権が先生にうつってしまう可能性があります。

自分の得手・不得手をしっかりと認識し、自分らしくふるまえる子に

こんなタイプの子がカウンセリングにやってきた時、私どもでは親御さんへの対応のアドバイスと共に、本人にも自覚をうながすアドバイスをお出ししています。たとえば、先生が「昨日は何してた?」と質問したとします。すると本人は「うーん・・・ちょっと勉強して・・本屋にいって・・」と、緊張した面もちでなかなか話が進みません。そんな時「じっくり考えてゆっくり話すのが君の持ち味みたいだね。その調子でいいよ」と、自覚をうながすと同時に、自分らしくふるまって良いことを伝えてあげます。すると、回を重ねるごとに本人の口数が増えてきたり、リラックスした感じで会話ができるようになってきます。

友だちに対する気づかいはなかなか減らせませんが、自分の持ち味がわかり、先生や親に対して自分らしくふるまえるようになるだけでも症状から立ち直るきっかけとなります。

先生からみた「心身症タイプ」チェックリスト

体の不調をよく訴えるが、症状が変わりやすい。

よく迷い、決断に時間がかかる。

日ごろから穏やかで不平・不満をあまり言わない。

先生からの問いかけには必ず返答する。

勉強がわからなくても質問にやってこない。

友だちと話す時はいつもニコニコしている。

作文を書かせると良いことばかり書く。

注意しても言い返さない。

「べつに・・」「まあ・・」など単発表現が多い。

家庭訪問してもイヤがらずに会える。

関連記事

2011.05.27

自分の立てた予定が大事

発達障害と診断された高校2年のD子さんの事例を紹介します。 お母さんは部活で帰りが遅くなったD子さんの為に遅い夕食の用意です。冷めてしまったお味噌汁を熱々に温めてあげました。それを口にしたD子さんは急に不機嫌になり怒り出 […]

5.母親への対応アドバイスで、改善の道へ(礼子20才 摂食障害・過食症歴3年)

過食症になって三年がたつ。礼子(20才)は、いままで母親といっしょにいろんな医療機関をおとづれ、投薬をうけてきたが、症状は改善しなかった。「過食症で苦しんでるから、管理栄養士になりたい」と、大学の食物科に入った。ところが […]

2014.03.11

拒食症だけど過食症になりそう。恐い!でもだいじょうぶ。食べても太らない食べ方見つけたもん」(美香高3、拒食症歴1年)

摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は、大阪にある淀屋橋心理療法センターの「摂食障害専門外来」で行っております。 (大阪府豊中市寺内2丁目13-49TGC8-201(06-6866-1510) (TEL: 06-686 […]

シリーズ記事

1.小学生の不登校

原因不明の不登校 「いじめはないみたいだし、勉強にもついていけてるはずなんだけど・・」。小学生の我が子が登校をしぶりだしたものの、はっきりした原因がわからない。原因がわからないから強く押していいものか、無理をさせない方が […]

2.心身症タイプの不登校

「心」のストレスが「身体」にでる「心身症」 古くから「病は気から」と言われるように心と身体は密接に結びついていて、互いに影響を与えあっています。では、心のストレスが身体の症状となって現れる心身症はどうして起こるのでしょう […]

3.摂食障害(過食症・拒食症)の家族療法

ここ十年間で十倍に増えた摂食障害(過食症・拒食症) 淀屋橋心理療法センターで二番目に相談の多い摂食障害(過食症・拒食症)が、ようやく一冊の本にまとまりました。店頭に本が並んだとたんにテレビ局から取材依頼が舞いこんでくるな […]

4.対人恐怖症・対人緊張症タイプの不登校

「対人恐怖症・対人緊張症」とは・・・ 「人と目が合わせられない」「周囲の視線が気になる」「人と話をするとドキドキする」「自分の態度が相手に不快感をあたえているのではないか」。このように、人と接する時の辛さ・しんどさを訴え […]

5.非行タイプの不登校(非行っぽい子の意外な素顔)

「非行」は「怠け」? 学校はちょくちょく休むし、来たかと思えば遅刻に早退。まじめに勉強する気もないみたい。おまけに茶髪・ピアスに服装違反。きびしく注意しても効き目なし。親の注意もなんのその。いつも帰りは午前様。いったいこ […]

6.不登校…休み始めたらすぐ動く!

「見守りましょう」の落とし穴 新学期のスタートをきっかけに再登校できる子もいれば、機会を逃して休み続ける子や、新しい環境になじめず休み始める子もいます。とりわけ、不登校に縁のなかった親御さんにとっては新学期早々のつまずき […]

7.明るい不登校

急増する「明るい不登校」 不登校になった初めのころは部屋にこもったり、親と口をきかなかったT夫。今ではTVをみて笑ったり、雑談もできるほどに落ちついてきた。気分のムラもなく学校に行っていないことを除けばいたって普通。そん […]

8.家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)タイプの不登校

内面(うちづら)と外面(そとづら) 家庭で荒れる子の多くは、学校ではおとなしく目立たない子が多いようです。注意をしても反発する様子もないし、口ごたえもしない。むしろ扱いやすい子かもしれません。ところが、家庭での様子をきく […]

9.過食症と拒食症

「過食症と拒食症」を出版しました 当センターで「不登校」とトップを争うほど相談の多い症状です。摂食障害(過食症・拒食症)から不登校に陥るケースも珍しくありません。養護教諭の先生の出番も多く、担任の先生よりも早く症状に気づ […]

10.いじめ不登校

「長いものには巻かれろ」 ひと昔前ならクラスに一人二人は「正義の味方」がいたものです。それが今では「長いものには巻かれろ」主義が横行し、いじめられた子をかばうとその子までがいじめられてしまう世の中になってしまいました。「 […]

コラム一覧へ