母親が気づく子どもの【過食症】【拒食症】チェックリスト─早期発見は子どもの命を救う|チェックリスト診断

チェックリスト診断
母親が気づく子どもの【過食症】【拒食症】チェックリスト─早期発見は子どもの命を救う

摂食障害(過食症・拒食症)専門外来ページも御覧下さい。ページ上部のボタンをクリックすれば表示されます。

次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことなります

(1)子どもの摂食障害(過食症・拒食症)を早く見つけるチェックリスト

子どもの摂食障害は子ども自身が隠そうとする傾向があり、初期段階で見つけるのはたいへん難しいものがあります。早期発見と適切な治療が遅れると、だんだん症状が重くなりこじれてきます。完全治癒が難しいのみならず、回復まで長くかかることになります。身近な家族ができるだけ早く気がついて、専門家の適切な治療を受けることをおすすめします。

母親が気がつきやすい【過食症】【拒食症】のサインを集めてみました。下記にあげた項目はしばしば健康な人にもみられますが、これらのチェック項目がいくつか重なるときは要注意です。次のチェックリストをやってみてください。

(このチェックリストは、当センターに来所された摂食障害(過食症・拒食症)のクライエント約1500人を参考に作成しました)

【母親が見つける子どもの過食症】

食べ物のことばかり話題にする

「ダイエットしてるから」と、やけにダイエットにこだわっている

スーパーやコンビニの大きな袋を抱えて、こそこそと逃げるように自室に入っていく

このごろ「お金ちょうだい」という回数が増えてきたが、なにを買っているかがわからない

たくさん食べているのに、少しも太らない

食べ物をテーブルの上など見える所に置いておくと、すごく怒る

大きなペットボトルにお茶や水をいれて、自分の部屋においている

このごろ食材がなんとなく減っているなと感じる

料理をよく作るが自分では食べず、「お母さん食べてね」とすすめる

食べたあと必ずトイレにかけこんで、長時間でてこない

出たあと便器のまわりや床が汚れており、吐いたような臭いがする

やせ薬や下剤などの空き箱が、ごみ箱に捨ててあった

食べたあと、ゆううつそうにふさぎこんでいる

何度も体重計にのって、体重を測っている

「○グラム増えた」「○グラムしか減ってない」と、体重の増減にこだわる

【母親が見つける子どもの拒食症】

最近顔色がわるくやせてきたように感じるが、体の病気がみあたらない

階段を上ったり下りたり、やせているのに人一倍よく動いて運動をする 

食材の重さをはかる計りを買ってきて、食事前に毎回はかっている

食材のカロリー値をよく知っている 

ダイエットをしており、わかめ、酢の物などカロリーの低い物を中心に食べる

ごはん、パン、じゃがいもなど好きだったのに、このごろ極端に避けている

あきらかにやせてきているのに、「いや、まだ太ってる」と強く主張する

「もっと食べないと」とすすめても、絶対に食べようとしない

お茶碗一杯のご飯が食べられず、お箸でかきまわしたりしている

ガリガリにやせているのに、すごぶる元気

何度も体重計にのって、体重を測っている

「○グラム増えた」「○グラムしか減ってない」と、体重の増減にこだわる

「お弁当は少しでいいよ」と、弁当箱がだんだん小さくなっていく

弁当の中身をよく残す(残した物を捨てているようだ)

冷蔵庫のなかに、ヨーグルト、しらす干し、わかめなどカロリーの少ない食べ物ばかり入れてある

体はやせていくのに、「気分爽快よ」と言っている

摂食障害(過食症・拒食症)専門外来ページも御覧下さい。ページ上部のボタンをクリックすれば表示されます。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

福田俊一 所長 精神科医
増井昌美 過食症専門セラピスト 作成

2008年7月17日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」