過食の費用を自分で管理できだすと、過食のコントロールもできだす(恵子19才 摂食障害・過食症)

小づかい帳をつけて、過食の費用を管理

過食と闘って4年目の恵子さん(19才)。当センターのカウンセリングを受けて一年がたつ。来所し初めのころは、自暴自棄に陥っていた。「もうどうにでもなれ。太るだけ太れ!」こんな心境ですと話していた。もちろん過食にかかる費用など計算したこともない。本人のやる気が危機に瀕している状態で、どこまで治せるだろう。これは母親の協力、熱意にかけるしかないとセラピストは判断した。

恵子さんの過食がわずかづつ好転しだしたのは、母親の協力を得て「お金の管理」をしだしたころから。全ての金銭と通帳、はんこ、カードを母親に預かってもらった。毎日最低必要な費用だけををもらう。過食の費用も上限一日千円と決められた。苦しくても食べたくてもお金がないから買えない。家の冷蔵庫をあけても、すぐに食べられる物はおいてない。この状態が三ヶ月続いた。もちろん両親や家族の納得、協力がないとできることではないが、さいわい母親の「どんなことでも頑張ります。治してやれるものなら」という治療への熱意を示してもらえた。

やがて母親の管理の手をはなれ、恵子さんは自分で小づかい帳をつけ始めた。過食の費用として別の封筒に一月分をまとめて入れ、それ以上は使わないと決めた。が、そんなにうまくいくものではない。その間の苦しい気持ちを恵子さんは次のように寄せている。

恵子さんの手紙

「もうコントロールできてるはずなのに、一日千円が守れず、チョコレートとシュークリームを買ってしまいました。お母さんがお風呂に入ってるあいだに、食べて吐いて。「またやってしまった」という後悔の気もちでいっぱいです。長い間、協力してくれて、応援してくれてるお母さんには言えません。どんなにがっかりするかと思うと、情けなくって。

小づかい帳、今まできっちりつけてたのに、今日でゴチャゴチャになってしまいました。過食の費用も守れてたのに、自信ががらがらと崩れてしまいました。「こんなに過食に使ってしまって」と自己嫌悪になりそうです。先生、私ってほんとうにダメ人間ですね。はたして治る時がくるのでしょうか。

過食の費用を自分で管理できだすと、過食のコントロールもできだす。

何回かの失敗を経験し、くじけそうになりながらも恵子さんはこの試みに挑戦した。半年たったころからきちんと「過食の費用は一日千円以内」を守れるようになり、感情の波が落ち着いてきた。「過食の費用が千円以内であれば、食べてもそんなに太らないんですね」という言葉がでるようになってから、逆にこの金額が下がりだしている。

関連記事

2013.12.05

【不登校】朝に腹痛や頭痛を訴えて学校を休む子(心身症タイプの不登校)

淀屋橋心理療法センターのカウンセリングでは、いろいろなタイプの不登校の解決のお手伝いをしています。その中で「朝になると腹痛や頭痛を訴えて登校できなくなる」という「身体に何らかの症状が現れる子」のご相談はとても多いのです。 […]

2012.04.14

整理整頓 アスペルガー(発達しょうがい)

OLのK子さんのお話です。美味しそうなケーキを見つけたので買って帰りました。家に帰って冷蔵庫を開けてびっくり。同じ様なケーキがすでに冷蔵庫に入っています。そういえば一昨日買ったことを思い出しました。K子さんは賞味期限が迫 […]

2011.08.29

4.「おかあさーん、3キロも増えて制服が入らないよー!」

「お母さん、いっしょに死んで。私、もうこれ以上生きていけない。食べるの止めることもできないし、うまく吐けないし。前の月から3キロもふえたのよ。制服のブラウスもぴちぴちでスカートははまらないし。もう最悪ー、生きてく希望もな […]

シリーズ記事

1.摂食障害(過食症・拒食症)の治療のポイントと「一人で治したい」の落とし穴(由美 摂食障害・過食症)

「親に迷惑かけたくないんです」だから一人で治したい。 なぜ過食症や拒食症になると思いますか? 由美:短気やったり、素直でなかったりするから。だからいらいらして過食してしまうんかなって。弟に『ぶたまん』って言われたことか、 […]

2.過食の費用を自分で管理できだすと、過食のコントロールもできだす(恵子19才 摂食障害・過食症)

小づかい帳をつけて、過食の費用を管理 過食と闘って4年目の恵子さん(19才)。当センターのカウンセリングを受けて一年がたつ。来所し初めのころは、自暴自棄に陥っていた。「もうどうにでもなれ。太るだけ太れ!」こんな心境ですと […]

3.過食症(摂食障害)の状態がどこまで良くなったか、チェックシートで確認する(摂食障害診断)

過食症は良くなってきたか?治療が第二段階に入れるかどうか。 (1)本人について 一人で外へ出かけられる。買い物、映画、絵画展など、母親や姉妹とならいっしょに楽しめる。きわめて親しい友人となら、レストランなどで食事ができる […]

4.「父はむち、母はあめ」の役割分担が効果あり(涼子20才 摂食障害・過食症)

厳しくてもダメ、甘やかしも心配。さじ加減がわからない 過食になった子は「よく外出をする」タイプと「家にこもる」タイプとにわかれるようだ。両方ともそれなりに子どもの言い分を聞くとなるほどと納得がいく。今日は「よく外出をする […]

5.『良くなるきざし』をお知らせします(由美高校三年生 摂食障害・過食症歴3年)

もう3年めの過食。でもこのごろなんか違ってきたの 「長く苦しい過食といつおさらばできるのか。もう永遠にとりつかれたままではないかしら」 こんな気もちを訴える人は本当に多いのです。面接治療も何度も暗礁にのりあげながらも、航 […]

6.お母さんとの会話がはずみだしたらOK(祥子22才 摂食障害・過食症歴2年)

じょうすな相づちとへたな受け答えのちがいが決め手 祥子(22才)が過食になってもう二年になる。勤めていた銀行も過食のために昨年やめた。毎日食べたり吐いたりに、ほとほといやになってしまった。「なんとかこの苦しさから逃れたい […]

コラム一覧へ