痩せることに執着する気持ちをケアする

★「過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を5月17日に開催しました★

<ダイエットは本能との闘い>

「私は太っている。痩せたい。どうしても痩せたい。スリムになれば明るい未来が待っているはず。どうすれば良いのだろう?」 ダイエットに関する情報は世に溢れています。ネットで徹底的にリサーチし、手探りで、ありとあらゆる方法を試します。

しかし・・・食欲という強力な本能との、辛く長く果てしない戦い、ほとんどの時間は勝てたとしても、最後には負けてしまう。「ああ、もうガマンできない!」そして、「どうしてこんなに食べてしまったんだろう、なんて自分はダメなんだ・・・」と自己嫌悪。そしていつのまにか、痩せる事が人生の何よりも優先される、一種の「ダイエット教」の虜になってゆくのです。

ダイエットは本能との闘い

所長で医師の福田俊一によれば、過食症は、服薬やダイエット法、あるいは栄養指導ではなかなか改善しない場合も多いのです。説得や叱責は高確率で失敗に終わります。 ではどうすれば良いのでしょうか?過食症の子は、ダイエットが心の拠り所になっているので、それに代わる「精神的な柱」を見つけられるよう支援し、痩せる事に執着する気持ちをケアする。一人で柱を作り上げるのは困難なので、母と子の共同作業で作っていく、ここがポイントなんですね。

服薬やダイエット法、あるいは栄養指導ではなかなか改善しない場合も多い

<ケース紹介>

 続けて、臨床心理士の福田俊介から、当センターのカウンセリングで、薬を使わず過食症が治癒した2つの事例が紹介されました。

• 「過食した後に家族に当たり散らす20代女性のケース」
• 「真面目で優しくNoと言えない30代女性のケース」

筆者が関心をひかれたのは、摂食障害の子は顔色を読むことに長けているので、親が興味がないのに、子どもの話に「興味があるフリ」をしてもバレてしまう。なので、まずはお子さんの趣味にもっと興味を持つようにする。また「約束」をとりわけ重視する人が多いので、たとえ口約束であっても守らないと信頼を損ねやすい、という点です。

また、2つ目の「優しすぎてノーと言えず、損な役目を押し付けられやすい女性」のケースでは、弱気な娘に業を煮やした母親が、「そんなのは断りなさい!」「言い返しなさい!」などと忠告していましたが、それは効果がないので止め、別のアプローチをして頂きました。そのことで、お子さんは自分を上手に主張できるようになりました。

どちらのケースも、本人の性格に合った対応をする事で過食が徐々に減って、最後には止まり、イキイキと毎日を過ごす事ができるようになったのです。

本人の性格に合った対応をする事で過食が徐々に減って、最後には止まり、イキイキと毎日を過ごす事ができるように

<Q&Aコーナー>

「娘は3年前からダイエットをはじめ、大量に食べては毎日のように吐いているが、仕事はできていて、恋人や友達も居るし、ハッキリ自己主張し、自信もあるように見える。どこに問題があるか良く分からないが、どう考えれば良いか?」という問いに対し、所長からは、「典型的なケースではないが、ダイエットを契機に痩せる事に執着しているのは同じ。お子さんへの接し方に改善の余地はあるはずなので、母子の会話を見直し、よりお子さんのエネルギーが出せるようになる喋り方を身につけて貰えるよう支援します。」という回答がありました。

お子様の過食に悩まれている親御さん!どうか勇気を出して、当センターまでお電話ください。経験豊富なスタッフが、親身にお話を伺います。一本の電話・・・・それが、解決への大きな一歩になります。

2022.06.17  著者:《大阪府豊中市 淀屋橋心理療法センター》公認心理師 益子玄一郎

               

記事内容の監修医師

淀屋橋心理療法センターの所長 福田 俊一

淀屋橋心理療法センター所長 福田 俊一

  • 医師。精神科医。淀屋橋心理療法センターの所長であり創業者。
  • 日本の実践的家族療法の草分け的存在。
  • 初めて家族療法専門機関を日本で設立し、実践、技法の開発、家族療法家の育成に貢献した。
  • その後は、摂食障害、不登校、ひきこもり、うつ、家庭内暴力(子から親へ)、リストカット等の家族療法の開発に尽力している。
  • 著書多数。

シリーズ記事

2022.06.17

1.痩せることに執着する気持ちをケアする

★「過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を5月17日に開催しました★ <ダイエットは本能との闘い> 「私は太っている。痩せたい。どうしても痩せたい。スリムになれば明るい未来が待っているはず。どうすれば良いのだろう […]

2022.05.16

2.過食症・対人緊張の克服
Noと言える優しくて“強い子”に育てる

4月15日(金) 親御さん向け過食症勉強会を開催いたしました。 冒頭で勉強会にお越しいただいた理由をお聞きすると 「薬を使わない治療法が良いと思った」 「親の関わり方を具体的に学びたいと思った」 と親御さんたちが回答して […]

関連記事

質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです。カウンセリング相談(セラピー)をとおしてよく聞かれる内容とアドバイスを、まとめてお話したいと思います。 母親 […]

2010.07.26

事例3:「入院して治療をしなくては命が危ない」と主治医は言われますが、「入院は絶対にいや」と子どもは主張しています。母親としてこんな時、どうすればいいでしょうか?

夏美は中学一年生、当センター来所時は、身長157cm 体重33kgでした。小学六年生のとき病院で拒食症と診断され入院したことがあります。その時入院時の体重は31kgでした。 今年医師から「命の危険がありますから入院です」 […]

過食症の状態がどこまで良くなったか

摂食障害(過食症・拒食症)専門外来ページも御覧下さい。ページ上部のボタンをクリックすれば表示されます。 次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。通常の医学的な診断基準とはことな […]

記事一覧へ