2.「過食嘔吐の回数を減らすヒントが見つかったの」

過食が止まらなくて、一日3~4回食べ吐きを繰り返している人がいる。大学三年の美佳子さん。高校時代にダイエットしたのがきっかけで、過食症に陥ってかれこれ5年になる。「食べ吐きを止めたい、けど止められない」。そんな思いに追いかけられる気がして、気持ちが安まる時がない5年間だった。

5回目のカウンセリングのとき、「私、過食嘔吐の回数をなんとか減らせないものかと考えてやってみたんですけど、それが意外によかったんです。話していいですか?」と、美佳子さんはうれしそう。

「私、お昼ごはん食べたあとだらだら過食してしまってたの。この過食をなんとか止められないものかと考えて『お昼ごはん、抜いてみようかな』って思いついたんです。そしたらお昼の過食にストップがかけられたんです。ついこないだまで一日3~4回過食嘔吐していたでしょ。もう追われて追われて、なんにもできないって感じで。お昼ごはんと過食を止めてから『えー、こんなにゆとりがあるの。あー、なんだか時間が味方になったような気がするな』って思えだしたの。こんな感じはじめて。だけどうれしい」。

「え、過食の回数減らすって、そんな口で言うほどやさしいことではないですよ。それを美佳子さんはやってるんですか。なんとえらいなー。食べたいの我慢するってつらいでしょう」と、セラピストはほめながら聞いていた。「はい、もう食べたくて、食べたくて。できるだけ食べ物を見ないようにしてます。つらい反面時間ができるうれしさもわかってきたし、お母さんも応援してくれるからなんとか続けてみようと思ってます」と、美佳子さんは笑顔で話した。

過食症の人がこんな話しをしだしたら、治る道筋を歩みだしたと言える。「時間ができるうれしさもわかってきた」と思えるのは、食べること以外に関心を寄せる余裕ができてきたという証でもある。

過食嘔吐の回数が減ってきて、お母さんも喜んでいる。「美佳子、よっくがんばってるね。お母さんでできることあったらいつでも言ってね」と、応戦してくれる。美佳子さんはそんなお母さんの対応がうれしくて、その後も頑張って昼ごはんをぬくことで過食の回数をおさえる努力を続けている。

すべての過食症の人がこのやり方で過食嘔吐を減らせるとは限らない。美佳子さんは自分でこの方法を見つけてやってみたところ、たまたまあっていたということだ。自分にあった方法を、自分で見つけていくことが過食嘔吐を減らしていくきっかけにつながることがよくある。また食べることだけを問題にして過食症を治そうとすると、なかなか難しい。他のところも変わってきて次第によくなっていくということにつながることが多い。美佳子さんの場合は母親の応援を受けて、コミュニケーションを取りながら治していったというのが改善につながったと言えよう。

関連記事

2010.11.04

「職場のうつ」ケースに効果をあげた精神科医とカウンセラーのチームワーク

職場うつ:男性36才(銀行勤務)一年の休職中 36歳の銀行勤務の男性です。職場を休職して一年がたったのですが、なかなか症状が改善しないということで来所されました。カウンセラーが状況をくわしく聞いていきます。日常生活の過ご […]

2011.04.26

「アドバイスどおり小さな働きかけを地道に積み重ねてきてよかった!」・・お母さんの喜び

娘がひきこもって十年、万策つきて母親が来所 美香さん(33才)はひきこもって十年になります。二階の自分の部屋からでてこず、お風呂とトイレ、必要な時だけしか下に降りてきません。お父さんとの関係がこじれにこじれてひきこもって […]

こんな本あるよ。読んでみて

インターネットで友人が過食に関して検索していたら、こんな本が目にとまったという。「過食・拒食の家族療法」(ミネルヴァ書房)。「へー、たしか病院の心療内科で薬もらってのんでたよね」「そう、うつの薬と安定剤と。もう四年になる […]

シリーズ記事

1.自然体で接してくれるお兄さんに感謝

「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食をなんとか治してやりたいと必死だ。セラピストから「できるだけ清香さんが、自分の気持ちを素直に言葉で伝えら […]

2.成績の下がった私なんて、私じゃない

「お母さん、いっしょに死んで。もうこれ以上生きていけない。食べるのを止めることもできないし、吐くのもうまく吐けない。先月から3kgも増えたのよ。大好きなGAPのブラウスもピチピチで、ジーパンも入らないし。もう最悪。生きて […]

3.吐けない!太る!この恐怖をなんとかして!

「食べた後、吐くのに必死なの。苦しくて指をのどにつっこんで。やっと吐けた、やれやれ。でもね、体重計にのったらいつも1Kg増えてるの」。この瞬間から美佳のパニックがはじまる。「今でも太ってるのに。これ以上太りたくない。お母 […]

4.夢中になれるもの見つけようよ!

「どうしたら食べるのが止められるの」「もう食べ吐きにほとほと疲れはててしまって」「下剤つかってだしてるけど、体がだるい。でもやめると太るんじゃないかと不安だし」――こんな訴えを毎日のように耳にする。そこで次のようなアドバ […]

2011.08.29

5.1.「こんな本あるよ、読んでみて」(淀屋橋心理療法センターから刊行)

* 『過食・拒食の家族療法』福田俊一・増井昌美(ミネルヴァ書房) 「食べだしたら止まらない」「食べることとやせることで、頭がいっぱい」 あなたもこうではありませんか?本を読もうとしても、テレビを見ようとしても、人と話をし […]

2011.08.29

6.2.「お母さん、一度決めたメニューかってに変えないで!」

過食症の人は一度話し合って決めたり約束したりしたことを、勝手に変えたりするとパニックを起こすことがよくあります。 「うん、わかった。それでいいよ」といったん納得すると、ずーっとそれを信じているところがあります。夕飯のメニ […]

2011.08.29

7.3.過食症に苦しむあなたの叫びと脱出へのアドバイス

「吐けない、太ってしまう、太る恐怖をなんとかして!」 「食べた後、なかなか吐けなくて。時間がかかるから必死なの。苦しくて指をのどに突っ込んで、やっと吐けた。やれやれ」。でもね、体重計にのったらいつも100g増えてるの。あ […]

2011.08.29

8.4.「おかあさーん、3キロも増えて制服が入らないよー!」

「お母さん、いっしょに死んで。私、もうこれ以上生きていけない。食べるの止めることもできないし、うまく吐けないし。前の月から3キロもふえたのよ。制服のブラウスもぴちぴちでスカートははまらないし。もう最悪ー、生きてく希望もな […]

2011.09.17

9.1.「お父さんお母さん、そんなに気づかわれるとよけいしんどいわ」

子どもの一言一言に耳をそばだてる両親 「腫れ物にさわるような親の接し方は、息苦しくて」と清香(大学一年、19才)は言った。お父さんもお母さんも、清香の過食症をなんとか治してやりたいと必死だ。両親はセラピストから「できるだ […]

2011.09.17

10.2.「過食嘔吐の回数を減らすヒントが見つかったの」

過食が止まらなくて、一日3~4回食べ吐きを繰り返している人がいる。大学三年の美佳子さん。高校時代にダイエットしたのがきっかけで、過食症に陥ってかれこれ5年になる。「食べ吐きを止めたい、けど止められない」。そんな思いに追い […]

コラム一覧へ