拒食症 親の対応 問題の中心から離れた所に解決の鍵がある

12月10日金曜日、第1回目の「拒食症勉強会」を開催いたしました

以前は「摂食障害勉強会」を開催していたのですが
今回は拒食症に的を絞った勉強会でした。

拒食症に的を絞った勉強会

拒食症 親の対応:勝てるところで勝負をする

拒食症のお子さんは、日に日に痩せていきます。
親御さんは心配のあまり、
「少しは食べようよ」「痩せすぎて心配やわ」などとお子さんに言うと、
お子さんは不機嫌になってしまい、うまくいかない。
同じ様な事を何度も繰り返してしまっている。
そんなことはありませんか?
拒食症のパターンは強敵です。

この様な状況に関して、当センター所長で医師の福田は
勝てる所で拒食症と勝負をしましょう」と親御さんにお伝えしています。

拒食症のお子さんに対して、
どうしても問題の中心である“体型”や、“食べる” “食べない”の話をしてしまいがちですが
当センターでは、問題の中心から少し離れたところで勝負をします。
その方が拒食症パターンに勝ちやすいからです。

問題の中心ではなく、少し離れた周りからの勝負に勝っていくと、
子供さんにイキイキ感が戻り、自信がつき、パワーがつき
中心にある痩せていなければいけない気持ちが溶けてくるのです。

所長の福田から、お子さんの心の中心にある痩せていなければいけない気持ちが
どの様に勝負をすることで溶けてきやすくなるのか説明がありました。

臨床心理士 福田俊介による事例紹介

〜「もう病院やカウンセリングには行きたくない」〜

拒食症のAさんは、これまで近所の心療内科や大学病院に行きました。
しかし、なかなか自分に合った先生が見つからず、病院疲れをしてしまいました。

もう絶対に病院やカウンセリングは行かない」という Aさんに困り果てた親御さんは、
本人の来所が不要なカウンセリングを探され、当センターを見つけられました。

摂食障害の人たちの多くは、甘えたり、弱みを見せるのが上手ではないのですが 

親御さんが当センターのアドバイス通りにお子さんに接していただくと
様子が少しずつ変わってきました。

Aさんが、お母さんの肩に頭を乗せてきたり、
お母さんの布団に入ってくるようにもなりました。
私な、本当は寂しかってん」など、
少しずつ今まで言えなかった事も言えるようになってきました。

私な、本当は寂しかってん

親御さんが当センターに来所されてから3ヶ月後
「娘が明るくなってきた感じがします」と、お母さんがおっしゃいました。

 Aさんは確かに変わってきました。

しかし体重は下がり続けています。
親御さんから当センターに問い合わせの電話を受付けた時が30kg
 当センターに初めて来所していただいた頃が29kg
 元気になってきた3ヶ月目で28kgです。

本音を言えるようになってきた A さんはこう言いました。
治りたいし・・・治りたくないねん。

Aさんは、体重が戻ってしまったら、「もう親は私に注目してくれない」
「きっと良くないことが起こる」などと、不安に思っているのでしょう。

しかし諦めなかった親御さん
当センターに来所され、5ヵ月経った頃、
Aさんは、大学の友達と撮った写真を家族のグループ LINE に送ってきました。
(摂食障害になってから 自分が写真に写ることをとても嫌がっていたのに、何かが違うな。
自信がついたのかな?)と、親御さんは驚かれました。

体重が増えだしたのは、この頃からです。

その数ヶ月後、摂食障害を克服した Aさん
よく食べるようになり、元気だった頃の体重に戻りました。

体重が戻ると、拒食に負けた様に感じるお子さんも見られるのですが、
Aさんは、自分から選んで食べる様になったので、負けた感じになりません。
過食も全くありません。

元気に授業に参加し、サークル活動が終わった後は友達とファミレスで盛り上がります。

そんなある日のこと。
友達が、「ガストにしよ」と言いました。
Aさんはそれに対して、
「今日はサイゼリヤの気分やわ。先週もガストに行ったから、今週はサイゼリアにしない?」

今までは、体重が増えなかっただけでなく、
友達に嫌われることを気にして、自分の意見を言えなかったAさんが
上手に自分の考えを言えるようになりました。

※Aさん ご本人は一度も来所されず、拒食症を克服しました。

ご本人は一度も来所されず、拒食症を克服しました。

ご質問のコーナー

・娘が体重計に乗ってくれない
・母親の私にたくさん食べさせようとしてくる
などのご質問をいただきました。

一般的な回答は出来ましたが、そのご家庭によって状況が違いますので
より具体的な対応策がお知りになりたい場合は、
当センターにカウンセリングにお越し下さい。

より具体的な対応策がお知りになりたい場合は、当センターにカウンセリングにお越し下さい。

<親御さんが落ち着いて対応できるうちに>

所長の福田は言います。
お子さんの身長が157㎝の場合、体重が35kg以上あれば
心配な中でも、親御さんは落ち着いて対応することができる場合が多いです。

一方で、体重が35kgを下回ってしまうと、親御さんは落ち着いて対応できず、
カウンセリングがなかなか軌道に乗りにくくなってしまいます。
そのため、早めに来所されることを強くお勧めします 。

2021.12.23  著者:《大阪府豊中市 淀屋橋心理療法センター》福田俊介 戸塚光子

               

記事内容の監修医師

淀屋橋心理療法センターの所長 福田 俊一

淀屋橋心理療法センター所長 福田 俊一

  • 医師。精神科医。淀屋橋心理療法センターの所長であり創業者。
  • 日本の実践的家族療法の草分け的存在。
  • 初めて家族療法専門機関を日本で設立し、実践、技法の開発、家族療法家の育成に貢献した。
  • その後は、摂食障害、不登校、ひきこもり、うつ、家庭内暴力(子から親へ)、リストカット等の家族療法の開発に尽力している。
  • 著書多数。

シリーズ記事

2022.05.16

1.過食症・対人緊張の克服
Noと言える優しくて“強い子”に育てる

4月15日(金) 親御さん向け過食症勉強会を開催いたしました。 冒頭で勉強会にお越しいただいた理由をお聞きすると 「薬を使わない治療法が良いと思った」 「親の関わり方を具体的に学びたいと思った」 と親御さんたちが回答して […]

2022.03.08

2.<拒食症の治療は植物を育てるように>

<拒食症の治療は植物を育てるように> ~「親御さんのための拒食症治療説明会」が開催されました!~ *拒食症は体重の減少が急激な場合、すぐに治療に取り掛かる必要があるため、「勉強会」から「説明会」に名称変更しました。 まだ […]

2022.02.10

3.過食症は治らない? いいえ、家族療法で克服できます

<過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会を開催しました> 寒空に雪がちらちらと舞う1月18日(火)に「過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。過食症に限定した勉強会は2回目となります。 今回もお子 […]

2021.12.23

4.拒食症 親の対応 問題の中心から離れた所に解決の鍵がある

12月10日金曜日、第1回目の「拒食症勉強会」を開催いたしました 以前は「摂食障害勉強会」を開催していたのですが 今回は拒食症に的を絞った勉強会でした。 拒食症 親の対応:勝てるところで勝負をする 拒食症のお子さんは、日 […]

2021.11.16

5.過食症の治し方 ~親がカウンセリングを受ける理由~

<過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会を開催しました!> 秋が深まり金木犀の香り漂う11月2日(火)に「過食症を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。 当センターでは以前より、「摂食障害を乗り越えるた […]

2021.10.30

6.「心の中に眠る凄いパワー」揺るぎない自信を育てる摂食障害の治し方

「心の中に眠る凄いパワー」揺るぎない自信を育てる摂食障害の治し方 ~「摂食障害を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!~ 患者さんの心の結果が表れる「月曜日」 「太りたくない気持ち」はどこからくるの? 摂食 […]

2021.09.22

7.家族の力で摂食障害(拒食症、過食症)をきれいに治す

~今、家族にできること~ 『摂食障害(拒食症、過食症)を治す』と聞いてイメージするのは何でしょうか?今、思い浮かんだイメージは、当事者であるご本人がカウンセリングを受けたり、病院で様々な治療を頑張ったりされるものでしたか […]

2021.08.09

8.摂食障害 痩せる事への執着

~「摂食障害を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました~ 当センターでは、去る7月27日(火)に、「摂食障害を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。勉強会は、まず当センター所長、福田俊一の話から始 […]

2021.07.14

9.摂食障害の治療法 解決のカギは“食”以外のところに目を向けること

― 摂食障害(拒食・過食)を乗り越えるための親御さん向け勉強会を開催しました! - 梅雨の晴れ間の6月25日(金)に、摂食障害を乗り越えるための親御さん向け勉強会を開催しました。 プログラム 所長 福田俊一(医師)からの […]

2021.05.01

10.「摂食障害を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!

「いつかやろうと思っていたギターをついに始めました!」 「コーヒーミルを購入し、一から丁寧にコーヒーを淹れることにハマっています!」 コロナ禍で自粛が求められる今、なにかと我慢することが多い毎日ですが、「これを機会に」と […]

関連記事

3.「明るい自分演じるの、めちゃしんどい」と気がついた(真希17才 高2)

きのうの夜、またはさみで手首を傷つけて 「なんで切るの、なんでこんなことするの?」と、母親は涙ぐみながら真希に聞きました。パニック状態の母親にくらべると、真希はしらっとした感じです。「なんもそんなに深く切ってへんやん。大 […]

2014.12.09

【不登校】小学生のさみだれ不登校は、もう一歩で安定登校!

小学生のうちは、毎朝のように学校に行き渋ったり、実際に何日か休んでしまった場合でも、「何日かに一回は登校できる」という子がいます。いわゆる「さみだれ不登校」です。さみだれ不登校は、当センターのカウンセリングでは「安定登校 […]

2022.06.02

拒食症の本人を説得するのは難しい

<子どもの本来の性格> 「拒食症になるまでは、わが子は育てやすかったという方は?」と所長で医師の福田俊一が尋ねると、参加された親御さん全員が手を挙げられました。 これは4月19日(火)に行われた当センター主催の「親御さん […]

記事一覧へ