「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!

桜が咲き始め、少しずつ春らしくなってきましたが、コロナの不安も拭えないこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

当センターでは去る3月2日(火)に、「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。

勉強会は、まず当センターの所長、福田俊一の自己紹介から始まりました。

家族の力は大きい

元々はロケットエンジニア志望だったものの、親の反対もあり、医学部に入学しました。卒業後に勤務していた公立病院では、月曜日が一番不安でした。なぜかと言うと、特に不安定な若い入院患者さんは、週末の家族との面会の後、良い事だけではなく、余計に不安定になる等、悪い事も起こるからです。私は「家族の力の大きさ」を目の当たりにし、家族療法の理論に関心を持つようになりました。

お子さんの性格のタイプを見極める

当センターの家族療法は、子どもを想って一生懸命な親御さんが、お子さんが活き活きと元気に生きて行く力を伸ばす事に長けています。独自のチェックリストを用いて、お子さんの性格や持ち味を細かく分析し、タイプを見極めます。お子さんによって、同じことを言っても発言の受け取り方が異なるので、どう伝えるのが効果的か修正していきます。

具体的な解決事例

続けて、臨床心理士の福田俊介から、当センターのカウンセリングで不登校が解決した2つの事例が紹介されました。

1つ目のケースは、テキパキタイプのお母さんとマイペースな娘さんです。親が自分とは子どものタイプが違うんだなと子どもの性格を認める事で、お子さんが親に対して弱みを表現するようになり、素のままの自分を楽しむ事ができるようになりました。そして登校できるようになりました。

2つ目は、有名進学校に在籍し、家の手伝いもしますが、とても頑固で親の助言を全く聞こうとしない子のケースです。留年するのを避けるため、親が強引に勉強させようとすると、「生きてる意味が分からない」などと言って、家の中で荒れた事もありました。ご両親が、お子さんに正論は通用しないと考えを改め、お子さんへの対応を変えました。すると、締め切りギリギリですが、自ら課題を提出するようになり、留年を免れた、というお話でした。

参加者の皆様からは、「具体的な事例が聴けて参考になった」「事例がうちの子と一緒」、等のお声を頂戴しました。

いじめへの対応

質問のコーナーでは、「報復を恐れていじめられている事を相談できない子に、親としてどう寄り添えばよいのか?」という質問を頂きました。所長からは、いじめ問題の一番の難しさは表に出てこない事であり、いじめられている子の心を掴み、信頼関係を作る事が大事である。ただし、子どもが自分が虐められている事を語るようにするには、深い信頼関係が必要で、それを築くには“コツ”がいる、という話でした。

皆様には雨天の中ご足労頂き、誠にありがとうございました。

シリーズ記事

2021.03.23

1.「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!

桜が咲き始め、少しずつ春らしくなってきましたが、コロナの不安も拭えないこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 当センターでは去る3月2日(火)に、「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。 勉強会は、 […]

2021.03.01

2.焦らずスモールステップ

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」など昔から言われているように、この時期はあっという間に過ぎていく気がします。長い冬が終わり、もうすぐ春が訪れる。ワクワクする気持ちの人と、そうでない気持ちの人がいると思います。春に […]

2021.02.05

3.「過食」という強者

当センターには、過食の治療のために通われ、やがて卒業してゆく方々が多くいらっしゃいます。中には「とにかく今すぐに過食を治したい、過食を治して早く普通の生活を送りたい」と焦るかたも少なくありません。過食に限らず、自分の病気 […]

2021.01.23

4.軽い気持ちでダイエットが拒食症に

コロナの影響で、学生のお子さんは、1学期の大半という長い間、自宅待機を余儀なくさせられました。 ずっと自宅にいる中、(これといってやることもないなぁ・・・そうだ、今度みんなに会ったとき「やせたね~!」って言われるようにダ […]

2021.01.15

5.令和3年みっつの明かり

当センターでは、治療を進めていく中で親子の相性が良くなることは大切な要素のひとつです。 親子関係がうまくいき始めると、その過程で子供には色々な良い変化が起こってきます。 新年はじめは、3組の親子の明るい笑いをお届けしたい […]

2020.12.15

6.不登校を乗り越えるための 親御さん向け勉強会」を開催しました!

2020年も残すところあと数週間となりました。今年は、日々の生活スタイルが急速に変わった1年でした。きっと多くの方が戸惑い、これから先、当たり前の暮らしが戻ってくるのか、不安に思われているのではないでしょうか。そんな中、 […]

2020.11.30

7.淀屋橋のお茶会

お茶会といえば、「なんでもない日おめでとう!」と大騒ぎする、不思議の国のアリスに出てくるお茶会や、「いちご水」で有名な赤毛のアンのお茶会が思い浮かびます。どちらのお茶会も、豪華なケーキやクッキーや紅茶が用意されていて美味 […]

2020.11.11

8.親だって1年生

朝晩の冷え込みが増し、秋も深まってまいりました。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 近頃、本屋さんに出かけると、子育てノウハウ本や、親子問題について記された書籍が、たくさん平積みされているところを目にします。子育てに悩 […]

2020.10.30

9.なにげない日常の中にある小さな幸せ

ある雨の日。駅の入り口では、傘をさした母親が、「ここ!ここよ!」と迎えに来た車に向かって笑顔で手を振っていました。運転しているのは息子。助手席を見ると父親が座っています。多くの人にとっては、なにげない日常の一場面でしょう […]

2020.10.13

10.「不登校を乗り越えるための 親御さん向け勉強会」を開催しました!

長い自粛期間が明けて4か月ほど経ちました。街には徐々に人が増え、少しずつ以前の様子が戻り始めています。 電車の中でも、通学途中の生徒さんたちをたくさん見かけます。 友達と談笑している子や、参考書を開き勉強している子、一人 […]

関連記事

2015.07.01

不登校と「起立性調節障害」「自律神経失調症」

「学校へ行くのをぐずりだした。今のところは何とか行っているが…」「朝なかなか起きられず、遅刻が増えている」「お腹が痛い、頭が痛いと言って、段々休む日が増えてきた」等の症状が現れた時、親御さんは「もしかしたら子 […]

2013.12.05

【不登校】朝に腹痛や頭痛を訴えて学校を休む子(心身症タイプの不登校)

淀屋橋心理療法センターのカウンセリングでは、いろいろなタイプの不登校の解決のお手伝いをしています。その中で「朝になると腹痛や頭痛を訴えて登校できなくなる」という「身体に何らかの症状が現れる子」のご相談はとても多いのです。 […]

2014.06.11

【不登校】「気遣い」+「気遣い」=「つかれる」

気をつかいすぎる子が何かをきっかけに不登校になることはよくあります。最近では、不登校やカウンセリングの専門書や講演会などでしっかり勉強・研究をつまれ、カウンセラー顔負けと言って良いぐらい不登校・カウンセリングに対して知識 […]

記事一覧へ