【不登校】4月から毎日登校しているのに安心できないって本当?

小学生時代を不登校のまま卒業して中学一年生となり、入学と同時に「見違えたように頑張る子・一日も休まず登校する子」は意外とおられると思います。「小学校は卒業式さえも出られなかったのだから中学校もこのまま休み続けるんじゃないだろうか」と不安でいっぱいだった親御さんにとって、相当な安心感を抱かれたのではないでしょうか。

淀屋橋心理療法センターでも、中学一年生・高校一年生という「新しい環境」に変わった時点で再スタートを切る子がたくさんおられます。他にも、学年の変わり目から再登校をスタートされる子や不登校の最中に高校受験だけは何とか受けて(受かって)、入学説明会や教科書販売など、入学式の前から動きはじめる子もおられます。まさに「環境を変えて心機一転」という感じでしょうか。

ところが、毎日学校から帰ってくると無愛想であったり、帰ったら制服のまま寝てしまう子がいます。登校している一方でこのような状態が続いたり、口数が少なかったり極端に食が細くなっている場合は、今の状態は「黄色信号」かもしれません。

「自分の能力以上にあれもこれもと頑張りすぎている」
「新しいクラスメートに対して気をつかいすぎている」
「『話しかけられたらどうしよう・先生に当てられたらどうしよう』などで常に頭が一杯で、緊張しすぎている」
…ということもあるのです。

長らく学校やクラスメートとの接触がないと、学校での自分のペースや人との会話の仕方さえも忘れてしまっていることもあります。だからといって、一日でも休んでしまったら不登校になってしまうのではと、親のみならず子どもさん自身も「不登校の再発」を恐れている場合もあるのです。

「なんとしても毎日登校しなければならない」と無理に自分に言い聞かせているのか、「ほどほどにやっているけど、慣れるまでは疲れるなー」ぐらいの状態なのかによって、ゴールデンウイークあたりになると結果が二通りに分かれてきます。

「疲れ切ってダウン」なのか「やっと慣れてきて登校が楽になってきた」か、これは見た目の「毎日登校している」だけでは判断できないのです。

関連記事

2008.01.15

3話:柚子の香り―「しんどくて私、なにもできない。だって過食症やもん」が消えて

柚子の季節がやってきました。あのあまーいそれでいてすっきりするような香りに、思わず顔を近づけたくなります。このころになると、いつも笑顔でやってくる過食症の恵子さん(17才、高2)がいます。 「過食症やから・・できない,○ […]

頑張るお母さんは疲れが心配(美香29才 摂食障害・過食症とひきこもり)

過食症でひきこもりになった娘さんのご両親が、この春からカウンセリングに来所されている。いつも二人でそろってこられ、待合い室でも仲よさそうに話をされている。29才になる次女の美香さんが、二年前から過食症に、その半年後にはひ […]

2011.09.17

2.「お父さんに言いにくいことが言えたし、ちゃんと伝わったのでとても楽になった」

お父さんが昼間に帰ってくる。私が過食嘔吐をしていないか心配で見に帰ってくる。「心配」って言うけど私には「監視」としか受け取れないんだけど。 「昼間に帰る日は、前もって言ってね」と頼んでるのに、いきなり帰ってくる。いつもイ […]

シリーズ記事

2011.04.20

1.【不登校】4月から毎日登校しているのに安心できないって本当?

小学生時代を不登校のまま卒業して中学一年生となり、入学と同時に「見違えたように頑張る子・一日も休まず登校する子」は意外とおられると思います。「小学校は卒業式さえも出られなかったのだから中学校もこのまま休み続けるんじゃない […]

コラム一覧へ