焦らずスモールステップ

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」など昔から言われているように、この時期はあっという間に過ぎていく気がします。長い冬が終わり、もうすぐ春が訪れる。ワクワクする気持ちの人と、そうでない気持ちの人がいると思います。春になると、進学や就職など新しい環境での生活を始める人が多くいますね。その様子を見て「他の人はどんどん未来へ進んでいるのに、私は何も決まっていない。私はダメな人間だ」と、自分を卑下する気持ちになってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かく言う私自身がそうでした。そして焦る気持ちばかりが募って、極端に高い目標設定をしてしまって、自分を追い詰めてしまう。その目標を棒高跳びの選手のように、ポーンっと飛び越えられたら良いけれども、それが難しいことも本当は分かっている。でもやっぱり焦る気持ちに追い立てられて、落ち着いて考えられなくなってしまうのです。

そんな時は“スモールステップ”でいきましょう。目標までの道のりを小さな階段に分けて、とにかく分けて、一段ずつ進んでみてほしいのです。「そんなにちょっとずつしか進まなかったら、いつまで経っても目標を達成できないじゃないか!」とお怒りの声が聞こえてきそうですが。実は、焦って高い目標をいきなりクリアしようとすることと、小さな階段を少しずつ進んでいくこと。振り返ってみると、そのスピードに大きな違いはないと思うのです。

一見すると、達成したかのように見せることはできるのですが(例えば学校に再登校する、就職先を見つけて働くなど)、その状態をキープし続けることはなかなか大変です。なぜなら駆け上がった一段の高さがとても高いですよね。もし「あれ?やっぱりちょっとしんどいかも」と感じても、ちょっと一段だけ下がるということができない。下がることは振り出しに戻るようなものだからです。だから心や身体が声をあげても聞こえないフリをして、また無理をしてしまう。でも、小さな一段を下がるだけだったら、そこまで追い詰めないはずです。一段下がっても振り出しに戻るわけではないので「ちょっと休憩して、それからまた進んだら良いや」と心に余裕を持って考えられますよね。

スピードに大きな違いがない理由は、そこにあります。高い一段を登って、絶対に下がれないと自分に無理をさせて、実際に下がってしまうと「もうダメだ、もうこんな高い一段なんて登れない」と思い詰めるよりも、小さな一段を少しずつ進んで、疲れたら一段下がってと、行きつ戻りつする。その方が費やす時間が短くて、「私はここまで来られている、だから大丈夫」と落ち着いて過ごせるように思うのです。

何よりも、一歩一歩踏みしめながら小さな一段を進む度に、自分を褒めてあげてほしいと思います。「よく頑張っているね、すごいよ!」と心の中で声をかけてあげて下さい。そうすれば「あれ?気づいたらこんな所まで進んでいた」と驚くあなたに会えるはずです。

シリーズ記事

2021.03.23

1.「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました!

桜が咲き始め、少しずつ春らしくなってきましたが、コロナの不安も拭えないこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 当センターでは去る3月2日(火)に、「不登校を乗り越えるための親御さん向け勉強会」を開催しました。 勉強会は、 […]

2021.03.01

2.焦らずスモールステップ

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」など昔から言われているように、この時期はあっという間に過ぎていく気がします。長い冬が終わり、もうすぐ春が訪れる。ワクワクする気持ちの人と、そうでない気持ちの人がいると思います。春に […]

2021.02.05

3.「過食」という強者

当センターには、過食の治療のために通われ、やがて卒業してゆく方々が多くいらっしゃいます。中には「とにかく今すぐに過食を治したい、過食を治して早く普通の生活を送りたい」と焦るかたも少なくありません。過食に限らず、自分の病気 […]

2021.01.23

4.軽い気持ちでダイエットが拒食症に

コロナの影響で、学生のお子さんは、1学期の大半という長い間、自宅待機を余儀なくさせられました。 ずっと自宅にいる中、(これといってやることもないなぁ・・・そうだ、今度みんなに会ったとき「やせたね~!」って言われるようにダ […]

2021.01.15

5.令和3年みっつの明かり

当センターでは、治療を進めていく中で親子の相性が良くなることは大切な要素のひとつです。 親子関係がうまくいき始めると、その過程で子供には色々な良い変化が起こってきます。 新年はじめは、3組の親子の明るい笑いをお届けしたい […]

2020.12.15

6.不登校を乗り越えるための 親御さん向け勉強会」を開催しました!

2020年も残すところあと数週間となりました。今年は、日々の生活スタイルが急速に変わった1年でした。きっと多くの方が戸惑い、これから先、当たり前の暮らしが戻ってくるのか、不安に思われているのではないでしょうか。そんな中、 […]

2020.11.30

7.淀屋橋のお茶会

お茶会といえば、「なんでもない日おめでとう!」と大騒ぎする、不思議の国のアリスに出てくるお茶会や、「いちご水」で有名な赤毛のアンのお茶会が思い浮かびます。どちらのお茶会も、豪華なケーキやクッキーや紅茶が用意されていて美味 […]

2020.11.11

8.親だって1年生

朝晩の冷え込みが増し、秋も深まってまいりました。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 近頃、本屋さんに出かけると、子育てノウハウ本や、親子問題について記された書籍が、たくさん平積みされているところを目にします。子育てに悩 […]

2020.10.30

9.なにげない日常の中にある小さな幸せ

ある雨の日。駅の入り口では、傘をさした母親が、「ここ!ここよ!」と迎えに来た車に向かって笑顔で手を振っていました。運転しているのは息子。助手席を見ると父親が座っています。多くの人にとっては、なにげない日常の一場面でしょう […]

2020.10.13

10.「不登校を乗り越えるための 親御さん向け勉強会」を開催しました!

長い自粛期間が明けて4か月ほど経ちました。街には徐々に人が増え、少しずつ以前の様子が戻り始めています。 電車の中でも、通学途中の生徒さんたちをたくさん見かけます。 友達と談笑している子や、参考書を開き勉強している子、一人 […]

関連記事

真弓(小学校6年不登校)【後編】

「彼女に負けないぐらいのお元気な先生はおられないでしょうか」。カウンセラーの依頼をうけた母親は、真弓にぴったりの先生を捜すためさっそく小学校をおとずれた。そこで白羽の矢が立ったのは保健室のT先生だった。相談に訪れた母親も […]

2011.09.14

発達障害(アスペルガー症候群)の子の扱われ方

アメリカに滞在経験のある人から、こんな話をきいたことがあります。 日本ではアスペルガー症候群は「発達障害」の一つとして区分されているように、何かしらの障害を抱えている人という印象が強く、「人とのコミュニケーションがうまく […]

2013.07.24

【非行・ひきこもり不登校】父親と全く口をきかない・父親を極端に避ける子への対応

非行タイプの子は家庭に居つかないことが多く、遅くにやっと帰ってきたと思っても部屋にこもって非行仲間の子とLINEをしたり、彼氏・彼女と電話したりと、毎日が友達中心の生活になりがちです。見方によっては親との会話を避けている […]

記事一覧へ