【小学生の不登校】担任の先生の「これる時にきたらいいよー」という配慮が報われない時|不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)

不登校 カウンセリング治療専門外来(非行・いじめ・家庭内暴力(子が親や兄弟姉妹へ暴力をふるう)
【小学生の不登校】担任の先生の「これる時にきたらいいよー」という配慮が報われない時

担任の先生の中には、毎日お忙しいにも関わらず、不登校の子がいつでも来れるようにとの配慮から「いつ来てもいいからねー」と、子どもを思いやった言葉をかけてくださる方がおられます。もちろん、そのお陰でちょっとずつ学校に行き始めることができれば担任の先生の苦労も報われるでしょう。しかし、不登校の子の中には、この「有り難い配慮」が報われないことが時々あるのです。

それは、「いつ行ってもいいと言ってくれている」=「いつ行ってもいいんだから今日じゃなくてもいい」となってしまうことがあるのです。毎日が「今日はなー・・やっぱり明日にしよー」と、「先送り」を繰り返してしまう子が意外といるのです。

この傾向は中学生や高校生の子にも見られますが、何も不登校の子に限ったことではないのです。たとえば「スポーツジム・フィットネスジム」。一ヶ月の会費を払えば何回行ってもOK。行けば行くほど割安になるわけです。しかし、ジムに行くことが楽しみな方や行動力のある方なら良いのですが、「ダイエットしなくっちゃ」「運動不足をなんとか・・」など、「気のり」せずに半ば「義務感」で入会した人ならばどうでしょう。「今日は時間はあるけど仕事で疲れたなー、まあ明日でもいいか・・」。

もちろん、大好きなU.S.J.(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の「年間フリーパス」なら話は別です。

不登校の子の放課後登校や義務感で始めたスポーツジムなど「気のりしないこと・面倒くさいこと」については、この「いつでもOK」という配慮が不向きな場合があるのです。

こんな場合、たとえば「明日の五時しか空いてないんだけど来れるかな?」「金曜日にどうしても渡したいプリントがあるんだ」と、明確に期日や時間を絞ってあげた方が動きやすい(登校しやすい)こともあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)
担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

2015年5月19日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校専門

淀屋橋心理療法センターの不登校専門ページです。

非行専門

淀屋橋心理療法センターの非行専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


新書籍発売「克服できるリストカット症候群」