子どもにいやみばかり言ってませんか?

「なんでうちの子はこんなに反発ばかりするのかしら」と、お母さんからよく聞かれます。「反発するというのは反発できる元気がある証拠だからいいじゃないですか」と、お答えするのですが。これでは解答にならないといわれるお母さま方に、家での会話の記録をつけてきてもらいます。読んでいくうちに「やっぱり思った通りだ」という点がいくつか必ずと言っていいほどでてきます。それは子どもに知らず知らずのうちにい「いやみ」を言っているのです。いくつか例をあげてみましょう。

例1: テレビ・ゲームが大好きな男の子(小学5年)

孝夫:お母さん、ぼくね、もうちょっとでクリアーできるねんで。ほれみてみて。

母親:なーに。またゲームかいな。あんたはゲーム大学へはいるんやな。

孝夫:そんなんちがうやろ。ほれこここやんか。もうここまできたら上がりなんやで。クラスでぼくがいちばんやで、きっと。

母親:そんなんで一番とってくれるんやったら、つぎの試験もきっと一番やろな。楽しみにしてるで。

孝夫:もうええ、お母さんはわからんやつや。あっち行って。

きっと孝夫君はもうどんなに楽しいことがあっても、遊びのことではお母さん話さなくなるでしょう。自分の一番得意としている瞬間をだいなしにされてしまったのですから。「僕のゆうことわかってくれへんのに、なんでお母さんの言うこと聞かなあかんねん」という論理が育っていきはしないでしょうか。

例2: 不登校の女の子とお母さんの会話(高校一年生)

真美:お母さん、きょうなんのおかず?

母親:またかいな。毎日食べることばっかりやな。

真美:そんなゆうても食べることしか楽しみないもん。

母親:食べることばっかり考えてるから、そんなに太るんやないか。

真美:太ってへんよ。体重かわらへんで。

母親:あんた、ちょっと自分でつくり。学校にも行かんとじーとして。たまには自分のもんは自分でつくり。

真美:いやや、つくって。

母親:学校へ行くんやったら、大ごちそうつくったげるわ。

この会話もとうてい真美さんを学校へ行かせることはできない雰囲気がつたわってきます。真美さんはだんだんくさって何をするのもいやになってしまいそうな気がします。

お母さんの会話のどこをどうすればいいのでしょうか?真美さんは食べることに興味をもっているのなら、それを話題にして話しを盛り上げる工夫をすればいいのです。テレビのお料理場番組をいっしょにみて「あれつくってみよか」と言うのもいいでしょう。本を買ってきて「今晩はこれいっしょにつくってみーひん」とさそってみるのもいいでしょう。

本人が楽しめることで盛り上がる工夫をするのが、本人を他の分野(ここでは登校)で動かす力になるのですが。

関連記事

こんなに早く食べ物のことから離れられるなんて、夢のようです

過食症も早ければ、一回の面接で立ち直りのヒントがつかめる。 長い治療期間を要する過食症としては、きわめてまれな症例と言える。 気晴らし食いややけ食いの段階で来所 過食症もきわめて初期の段階ー気晴らし食いややけ食いの段階で […]

2012.08.03

「普段の様子とちがう…」。そこにストレスのサインが隠されています。

<取材を受けました>…「edu」6月号(小学館2012) ママの笑顔が、子供を伸ばす、きもちがラクになる子育て誌『edu』6月号(小学舘2012年)に、淀屋橋心理療法センターの取材記事が掲載されました。そのなかから抜粋し […]

2012.04.02

5.人の目が気になって:どこに行ってもびくびくオドオド。なんでこんな私になってしまったんだろう。(直子15才 中3 過食症歴1年)

人の目が気になって【どこに行っても見られてるような気がして】 過食症で体重のコントロールが思うようにいっていない人は、どこに行っても「自分を見られているような気がして」仕方ありません。すれ違っても「あの人は私が太ってるっ […]

シリーズ記事

1.子どもにいやみばかり言ってませんか?

「なんでうちの子はこんなに反発ばかりするのかしら」と、お母さんからよく聞かれます。「反発するというのは反発できる元気がある証拠だからいいじゃないですか」と、お答えするのですが。これでは解答にならないといわれるお母さま方に […]

2.子どもの言い分に耳をかたむけて

「お母さんはすぐに自分の考えを押しつけるやろ。だから僕なーんにも話す気なくなるんや」。小五になる真一君はお母さんにこんなことを言いました。「そやけど言わんとあんたなんにもせーへんやないの」。お母さんも負けていません。こん […]

3.子どもの話に耳ダンボ、お口チャック

「よい聞き役ってどうすればええんですか?」という質問をよく受けます。一言で「聞き役に撤する」といっても、じっさいの場面になるとなかなかできません。「じょうずに相づちをうって、子どもがどんどん話しやすい雰囲気をつくってあげ […]

4.子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割

「良夫とお父さん、仲が悪くてね。寄るとけんかせーへんかとひやひやします」。中学二年になる良夫君は、少し遅れ気味の第二反抗期。ゲームが楽しくて仕方のない良夫君と「もうええかげんにせーや」というお父さんのあいだで、昨日もこん […]

5.肩の力ぬいて考えてみよう

「どうしたらいいですか、どうしたら」。電話口のむこうでお母さんが叫ばれます。落ち着いて肩の力を抜いて考えてみると、いくらでも工夫できることがたくさんあるのです。 「前回面接で出されたアドバイスをやってみました。お父さんに […]

6.高校やめるゆうんですわ。どないしましょ。

「単位制の高校へ代わるゆうんです。あと一週間行けば進級できるのに」と、真美(高一)のお母さんがかけ込んでこられました。長く不登校ケースとしてみていたのですが、昨年の秋ぶじ再登校にこぎつけたケースです。あれ以来多少の波風は […]

7.お父さんの出番をこしらえて

「それはな、お父さんに聞かんとわからへん。お父さんやったら知ってはるさかい」 幸恵(18才専門学校生)はバイクを買ってほしくてたまらない。「ねえ、ピンクのバイクなんやけど、こうてえな」と最近はうるさく母親につきまとってい […]

8.こだわる子に手こずっていませんか

「もうええやないの、そこまでせんでも」。亮君(中学二年)のこだわり症には、いつもお母さんはへきえきしています。 亮君はなにをするにも時間がかかるゆっくりさん。登校前にも「おかん、背中のほうに埃付いてるか見てくれ」と言って […]

9.ダメ母親を演じれますか?

「しっかり母さん」は、夫も子もしんどいって、わかってます?意外とこれに気がつかないお母さんが多いんです。とくに学生時代よくできたとか、しっかりしてるとほめられたとか。向上心の強い努力家のお母さん、要注意ですよ。 例をあげ […]

コラム一覧へ