子どもの話に耳ダンボ、お口チャック

「よい聞き役ってどうすればええんですか?」という質問をよく受けます。一言で「聞き役に撤する」といっても、じっさいの場面になるとなかなかできません。「じょうずに相づちをうって、子どもがどんどん話しやすい雰囲気をつくってあげましょう」と、口で言うは行うは難し。ヒントは「耳はダンボ、お口はチャック」ですと言うと「うちはだいじょうぶ。やってますから」と言われるお母さんでも、本当に良い聞き役になれてるかどうか。それを確かめるために当センターでは親子の会話記録をとってもらっています。そのなかでとてもじょうずに聞き役ができだしたお母さんの記録を紹介しましょう。

ここに登場する広志は中学三年生です。高校入学をひかえ、お母さんはあせりの毎日ですが、それ以前に「引きこもり、対人緊張」ぎみであまり外へでられません。そんな子どもが「ヨシッ、出かけてみよう」と決心できた会話の題材とやりとりの様子です。子どものやる気を引き出すヒントにしてください。

(内容は人物を特定できないように変えてあります)

広志:なんかうれしいな、ドラクエもう攻略できたで。こんどのゲームおもしろいわ。

母親:え、すごいね。

広志:ほんとすごいことやわ。偶然なんやけど、ヒントが次から次へとみつかってな、最高に運がええわ。

母親:よかったね。

広志:(ゲームの攻略本をもってくる)ほれ、おかん、これ見てみ。ここでな、ぼくヒントひらめいたんやで。そいでここをこうしてみたんや。そしたら扉開いてな。むっちゃラッキーやった。

母親:ほんまラッキーやな。

広志:ほんでな、このゲームのお集まりクラブがあるんやて。夜遅くまでなんか集まって話ししてるみたいや。みんなものすごい仲ええねんて。「面白い話し合ったら、いつでもご参加ください」って書いてある。大阪やしそんなに遠くないやろ。僕行ってみようかな。

母親:えー、お集まりクラブが。そら面白そうやな。

広志:えーと、どこでこんどの集まりはあるんかな。阪急ホテルのロビーに午後1時か。昼間やな。僕行けるかな。行ってみたいな。集まって自己紹介なんかもやるんやて。僕できるかな。心配や。

母親:言いたいこと紙に書いといたら。

広志:あ、そうか。まえもって書いといたらええんやな。よし、やってみるわ。

母親:そうや、がんばって。

お母さんが広志の話しを耳をダンボのようにして聞いている光景が目に浮かびませんか。お口チャックで自分の意見はほとんど言いません。子どもの言ったことに相づちをうったり、同じ言葉を返したりするだけです。これだけでいままで引きこもり、対人緊張ぎみだった子どもが「外へ出ていこう。人に会ってみよう」という気になっています。

関連記事

過食症(摂食障害)の状態がどこまで良くなったか、チェックシートで確認する(摂食障害診断)

過食症は良くなってきたか?治療が第二段階に入れるかどうか。 (1)本人について 一人で外へ出かけられる。買い物、映画、絵画展など、母親や姉妹とならいっしょに楽しめる。きわめて親しい友人となら、レストランなどで食事ができる […]

「もう疲れはてました。助けて下さい」と、母親の声が(菜月17才 摂食障害・過食症)

過食症になやむ娘さん(菜月17才)のことで、淀屋橋心理療法センターのホームページをみてお母さんが問い合わせてこられた。 当センターの(旧)ホームページを開くと、トップページに「診療科目」というのがある。そのなかから「過食 […]

2014.11.11

【不登校】「中学受験のプレッシャー」から「対人恐怖症」へ

小学校の6年生ぐらいから、急に「人の目が気になる」と言いだし、塾や学校はおろか外出もできなくなってしまう子がいます。それまでは友だちもいたようだし、勉強もよくできていた子なのに・・。 最近は私立中学を受験する子も珍しくあ […]

シリーズ記事

1.子どもにいやみばかり言ってませんか?

「なんでうちの子はこんなに反発ばかりするのかしら」と、お母さんからよく聞かれます。「反発するというのは反発できる元気がある証拠だからいいじゃないですか」と、お答えするのですが。これでは解答にならないといわれるお母さま方に […]

2.子どもの言い分に耳をかたむけて

「お母さんはすぐに自分の考えを押しつけるやろ。だから僕なーんにも話す気なくなるんや」。小五になる真一君はお母さんにこんなことを言いました。「そやけど言わんとあんたなんにもせーへんやないの」。お母さんも負けていません。こん […]

3.子どもの話に耳ダンボ、お口チャック

「よい聞き役ってどうすればええんですか?」という質問をよく受けます。一言で「聞き役に撤する」といっても、じっさいの場面になるとなかなかできません。「じょうずに相づちをうって、子どもがどんどん話しやすい雰囲気をつくってあげ […]

4.子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割

「良夫とお父さん、仲が悪くてね。寄るとけんかせーへんかとひやひやします」。中学二年になる良夫君は、少し遅れ気味の第二反抗期。ゲームが楽しくて仕方のない良夫君と「もうええかげんにせーや」というお父さんのあいだで、昨日もこん […]

5.肩の力ぬいて考えてみよう

「どうしたらいいですか、どうしたら」。電話口のむこうでお母さんが叫ばれます。落ち着いて肩の力を抜いて考えてみると、いくらでも工夫できることがたくさんあるのです。 「前回面接で出されたアドバイスをやってみました。お父さんに […]

6.高校やめるゆうんですわ。どないしましょ。

「単位制の高校へ代わるゆうんです。あと一週間行けば進級できるのに」と、真美(高一)のお母さんがかけ込んでこられました。長く不登校ケースとしてみていたのですが、昨年の秋ぶじ再登校にこぎつけたケースです。あれ以来多少の波風は […]

7.お父さんの出番をこしらえて

「それはな、お父さんに聞かんとわからへん。お父さんやったら知ってはるさかい」 幸恵(18才専門学校生)はバイクを買ってほしくてたまらない。「ねえ、ピンクのバイクなんやけど、こうてえな」と最近はうるさく母親につきまとってい […]

8.こだわる子に手こずっていませんか

「もうええやないの、そこまでせんでも」。亮君(中学二年)のこだわり症には、いつもお母さんはへきえきしています。 亮君はなにをするにも時間がかかるゆっくりさん。登校前にも「おかん、背中のほうに埃付いてるか見てくれ」と言って […]

9.ダメ母親を演じれますか?

「しっかり母さん」は、夫も子もしんどいって、わかってます?意外とこれに気がつかないお母さんが多いんです。とくに学生時代よくできたとか、しっかりしてるとほめられたとか。向上心の強い努力家のお母さん、要注意ですよ。 例をあげ […]

コラム一覧へ