ダメ母親を演じれますか?

「しっかり母さん」は、夫も子もしんどいって、わかってます?意外とこれに気がつかないお母さんが多いんです。とくに学生時代よくできたとか、しっかりしてるとほめられたとか。向上心の強い努力家のお母さん、要注意ですよ。

例をあげていきましょうか。本当にどこにでもいる良いお母さんの姿なんですけれど。

例1: 朝おこしが逆効果に

「7時ですよ。起きなさい」「7時15分よ。おきないと、学校に遅刻するわよ」。毎朝お母さんの声が階下から響きます。そして7時30分。ドンドンと足音も高く階段を上がる音。ノックの音ももどかしくさっと戸があいて。「いつまで寝てるの。いいかげにおきなさい。毎朝起こす身にもなってよ」と、ふとんをバサッ。「早く顔洗って。早くご飯たべて。早く着替えて」と、追い立てます。そりゃ学校に遅刻するんだから、当然でしょ。

でも、これで子どもが動き出すのならいいんです。もしよけい朝起きがてこずるとか、反抗的になりだすとか、反対に無気力っぽくなるとかしだすと要注意。この強気で押していくやり方は見直さなくてはなりません。

例2: 彰子(中3)のすることを先々にやってしまう母親

母親:あこちゃん、クラスの島崎さんから電話あったわよ。今お風呂はいってますから、あがったらかけさせますって言っといたわ。

彰子:えー、そんなこと言ったの。私からかけるの?

母親:あら、なに言ってるの。お電話いただいたら、こちらからお返しするのが礼儀ってもんでしょ。

彰子:そんなこと言ったって。

母親:来週の月曜日から衣替えでしょ。セーラー服、クリーニングにだすからかごにいれといてね。あさって取りにみえるから。

彰子:まだ着ててもいいのよ。5月いっぱいは自由にできるの。

母親:あら、見てて暑苦しいわよ。合いの服に着替えたほうがいいから。

彰子:そーおー。(いやいやの感じ)

ここにあげた母と子の会話は何処にでもいつでもありそうな会話ですね。テキパキと母親は自分の母としての役割を果たしています。間違ったことはなにも言っていません。「これがどうしていけないんですか?」と詰め寄られても、「いいえ、まちがっていません。正しいです」とお答えするでしょう。

しかし例1は不登校ケース。例2は過食ケースの会話例です。どこがいけないか一度考えてみてください。おわかりの方は、センターの増井までお便りくださいね。

関連記事

子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割

「良夫とお父さん、仲が悪くてね。寄るとけんかせーへんかとひやひやします」。中学二年になる良夫君は、少し遅れ気味の第二反抗期。ゲームが楽しくて仕方のない良夫君と「もうええかげんにせーや」というお父さんのあいだで、昨日もこん […]

2013.12.05

【不登校】朝に腹痛や頭痛を訴えて学校を休む子(心身症タイプの不登校)

淀屋橋心理療法センターのカウンセリングでは、いろいろなタイプの不登校の解決のお手伝いをしています。その中で「朝になると腹痛や頭痛を訴えて登校できなくなる」という「身体に何らかの症状が現れる子」のご相談はとても多いのです。 […]

子育て関連編:早く寝ない

育児ノイローゼのお母さんが、相談にこられました。一番下の男の子が、夜いつまでも寝ないのでまいっているというお話でした。 きちんとした性格のお母さんで、決めたとおりにしないと気になって仕方がないようです。「さあ、9時になり […]

シリーズ記事

1.子どもにいやみばかり言ってませんか?

「なんでうちの子はこんなに反発ばかりするのかしら」と、お母さんからよく聞かれます。「反発するというのは反発できる元気がある証拠だからいいじゃないですか」と、お答えするのですが。これでは解答にならないといわれるお母さま方に […]

2.子どもの言い分に耳をかたむけて

「お母さんはすぐに自分の考えを押しつけるやろ。だから僕なーんにも話す気なくなるんや」。小五になる真一君はお母さんにこんなことを言いました。「そやけど言わんとあんたなんにもせーへんやないの」。お母さんも負けていません。こん […]

3.子どもの話に耳ダンボ、お口チャック

「よい聞き役ってどうすればええんですか?」という質問をよく受けます。一言で「聞き役に撤する」といっても、じっさいの場面になるとなかなかできません。「じょうずに相づちをうって、子どもがどんどん話しやすい雰囲気をつくってあげ […]

4.子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割

「良夫とお父さん、仲が悪くてね。寄るとけんかせーへんかとひやひやします」。中学二年になる良夫君は、少し遅れ気味の第二反抗期。ゲームが楽しくて仕方のない良夫君と「もうええかげんにせーや」というお父さんのあいだで、昨日もこん […]

5.肩の力ぬいて考えてみよう

「どうしたらいいですか、どうしたら」。電話口のむこうでお母さんが叫ばれます。落ち着いて肩の力を抜いて考えてみると、いくらでも工夫できることがたくさんあるのです。 「前回面接で出されたアドバイスをやってみました。お父さんに […]

6.高校やめるゆうんですわ。どないしましょ。

「単位制の高校へ代わるゆうんです。あと一週間行けば進級できるのに」と、真美(高一)のお母さんがかけ込んでこられました。長く不登校ケースとしてみていたのですが、昨年の秋ぶじ再登校にこぎつけたケースです。あれ以来多少の波風は […]

7.お父さんの出番をこしらえて

「それはな、お父さんに聞かんとわからへん。お父さんやったら知ってはるさかい」 幸恵(18才専門学校生)はバイクを買ってほしくてたまらない。「ねえ、ピンクのバイクなんやけど、こうてえな」と最近はうるさく母親につきまとってい […]

8.こだわる子に手こずっていませんか

「もうええやないの、そこまでせんでも」。亮君(中学二年)のこだわり症には、いつもお母さんはへきえきしています。 亮君はなにをするにも時間がかかるゆっくりさん。登校前にも「おかん、背中のほうに埃付いてるか見てくれ」と言って […]

9.ダメ母親を演じれますか?

「しっかり母さん」は、夫も子もしんどいって、わかってます?意外とこれに気がつかないお母さんが多いんです。とくに学生時代よくできたとか、しっかりしてるとほめられたとか。向上心の強い努力家のお母さん、要注意ですよ。 例をあげ […]

コラム一覧へ