性格・行動関連編:無表情

表情のない子でも、心のなかは豊かな子もいるよ

子どもは元来むじゃきで、表情がゆたかな者という印象があります。でも表情がないからと言って「この子は、子どもらしくない」と、決めつけてしまわないように。

不登校で来所していた佳子(小5)とお母さんの面接の様子です。「この子は、ほんとうにおとなしくてね。何をしてやっても表情がないんですよ」と、お母さんは少し不満げです。カウンセラーは、質問をいくつかしてみることにしました。

カウンセラー:お友達はいるの?

佳子:えーと、・・・。

母親:ほら、佐知子ちゃんと美樹ちゃん。いるじゃない。ほら、先生に、いますって答えて。

カウンセラー:どんな食べ物が好きですか?

佳子:・・・・・、おうどんと・・・。

母親:まあそんな、うどんやなんて。子どもらしくチョコレートとかケーキとか言わないの。

カウンセラー:朝起きるのは、一人でできる、それとも起こしてもらう?

佳子:・・・・・(黙ってうつむいたまま)

母親:この子、起きてこないんですよ。私がおこしに行っても、「もうちょと。すぐ起きる」とか言って。

三つの質問をしたあと、カウンセラーは母親に課題とアドバイスをだしました。

カウンセラー:お母さん、佳子さんとの会話はいつもこんなふうですか。

母親:はい、そうなんです。この子ったら、ちっとも答えないんです。みていただけましたでしょ。

カウンセラー:そうですか。それじゃね、一つ課題とアドバイスをだしますからそれを次回までにやってみてください。課題は佳子ちゃんの言った言葉を、逐語でノートに書いてくること。話された言葉そのままでいいです。黙っているところは、・・・を入れて。それからアドバイスは、佳子ちゃんが、話始めたら、お母さんは聞き役に徹すること。先々答えを言ったり、結論を言ったりしないように、気をつけてください。

母親:え、書き留めるんですか、この子の言葉を。そいで聞き役に徹するんですね。この子がなんも言わんでもですか?

カウンセラー:はい、そうです。5分たってなにも言わなかったら、お母さん、一言だけ言ってもいいです。この課題とアドバイスは、お母さんにとってかなりしんどいですよ。でも次回まで守ってやってみてください。

二週間後、同じような面接がもたれました。佳子の表情には少し明るさがでてきていました。カウンセラーが質問をすると、じーと考え込んで、ぽつぽつと答えだしました。ゆっくり、ゆっくり、一言一言かみしめるように。そして話終わると、しっかりと聞いているカウンセラーをみて、ニコッと笑いました。

『無表情』(別冊PHPより)

子どもは喜怒哀楽をすなおに表すのが一般的ですから、家で無表情な子というのは、とてもめずらしいことです。しかし、それだけに何かボタンの掛け違いがないか、親は点検してみなければなりません。 例えば、虐待されているような子どもの表情は、能面のようになることがよくあります。親の前で感情を出したらマズイという生活の習慣が、身についてしまっているからでしょう。

そんなことが思い当たらない場合でも、わが子が表情に乏しいと思うときには、もう一度生活を眺め渡してみてください。無表情な子ほど、表現したいものを抱え込んでいて、外に表したがっています。

生活を見ていくと、どこかでわずかでも感情表現をしようとしている様子があったり、意思を出そうとしていることに気づくはずです。親はそこを見逃さずにしっかり受け止めてやると、だんだん表現が増えてきたり,言葉数が多くなったりして、無表情が解決していくのです。

一般に素質というものは、両極端なものがセットとして備わっていて、無表情に見える子は心の中で表現したがっている、逆に表情豊かな子には、逆の心境も胸にしまているというように考えてもいいでしょう。

望ましい面をいかに引き出すかが問題なのですが、無表情といっても必ずどこかにわずかでも出ています。例えば「今日のおかず、なに?」と聞いてきたとき、ちょっと表情があったり、イヤなものに「えー」と言ったり、好物に「やったー!」と反応したりします。そういうとき「じゃ、またこのおかずつくるわね」と投げかけるなど、親子のコミュニケーションの機会として、たいせつにしていってほしいのです。

関連記事

子育て関連編:虐待・体罰

最近とくに目立ってきたような気がします。新聞などで報道されるわが子への信じられない「虐待・体罰」です。食事を与えず、一間に軟禁状態のまま衰弱するのを見て見ぬフリ。ほんとうに信じられません。そこまでのケースは当センターでは […]

カウンセリングに経験豊かな精神科医師(治療暦40年)と、症状別ベテランカウンセラー(カウンセラー歴30年)

精神科の医師が、家族療法をベースにしたカウンセリングをおこなっています。「病院に行くべきか、カウンセリングがいいのか」と迷っておられる方にも、まちがいのない医学的/心理的な判断ができます。それゆえ幅びろい症状に対応するこ […]

うつの治療は、淀屋橋心理療法センターにおまかせください

うつの治療は、淀屋橋心理療法センターの治療のなかでも得意中の得意です。軽いうつから自殺が危ぶまれる重大なうつ状態まで、幅広く対応することができます。やはり成功のキー・ポイントは「なんとかしたい」という本人の気持ちであり、 […]

シリーズ記事

1.性格・行動関連編:チック

『チック』(別冊PHPより) 目をパチパチさせたり、肩をひくつかせたりして、それをしないと落ち着いていられない状態がチックです。元来、心配な病気ではありませんので、親があまり気にせず、そうっと見守っていれば自然に治ると言 […]

2.性格・行動関連編:引っこみ思案

「うちの子、学校から帰っても自分から遊びに行こうとしないんです」。お母さんの心配は、幼稚園に通う達也君の引っこみ思案な性格です。 幼稚園の個別懇談でも先生からこんな指摘を受けました。「達也君は、ちょっと変わってますね。『 […]

3.性格・行動関連編:吃音

『吃音』(別冊PHPより) 小さい子は焦ってしゃべろうとするので吃音になりがちです。それは落ちついてゆっくりしゃべれば解決 することですので、案外治りやすいものです。「あわてなくていいからね」と言ってやったり、会話の雰囲 […]

4.性格・行動関連編:粗暴・暴力児

『粗暴・暴力児』(別冊PHPより) 暴力児には二つのパターンがあります。まず、非行型の徒党を組む子は、「認められない」気持ちから、 「寂しさ」がつのって、同じような「仲間」に惹かれていく子です。こういう子は暴力以外にも、 […]

5.性格・行動関連編:動作がのろい・ぐず

幼稚園でお弁当を食べるのがいつもビリという子がいました。みんなお昼の外遊びで、元気よく走り回って いるのに、その子だけはいつも先生がそばについて「さあ、はやくたべましょうね」と、せかさないと終わりま せん。 懇談会で、先 […]

6.性格・行動関連編:無表情

表情のない子でも、心のなかは豊かな子もいるよ 子どもは元来むじゃきで、表情がゆたかな者という印象があります。でも表情がないからと言って「この子は、子どもらしくない」と、決めつけてしまわないように。 不登校で来所していた佳 […]

7.性格・行動関連編:落ち着きがない

疲労困憊してしまったお母さんがこられました。ご主人と一才半になる男の子もいっしょでした。 母:なんでこの子、こんなに動くんやろね。一時もじっとしてないんです。 父:あんたもそうやで。ずーとなんかしてんと、気がすまへんタイ […]

コラム一覧へ