こだわる子に手こずっていませんか

「もうええやないの、そこまでせんでも」。亮君(中学二年)のこだわり症には、いつもお母さんはへきえきしています。

亮君はなにをするにも時間がかかるゆっくりさん。登校前にも「おかん、背中のほうに埃付いてるか見てくれ」と言って、なんどもお母さんにブラシをかけさせます。靴紐がどうの、カバンがどうのと、こだわりだすときりがありません。だから小さいころからいつも遅れて、みんなの後をドタバタとついていくはめになっていました。「こんなことで大きくなってどうするのかしら。ちゃんとやっていけるのかしら」というのが、お母さんの心配でした。

そんな亮君ももうすぐ中学三年生。高校受験が視野にはいるころになりました。通っている塾ですすめられた一般公開模試を受けることになり、またまた亮君のこだわりがひどくなってきました。会場も塾ではなく、大阪の○○大学ということです。お母さんはこのまま自分だけの判断で対応せず、一度専門家に相談して対応のこつを教えてもらおうと判断し、当センターに来所することにしました。

話しを聞いたファミリー・セラピスト(家族療法家)は、こうアドバイスしました。「こだわる子は細かいですよ。亮君はどうですか。言ってはいけない言葉に『そこまでせんでもええやないの』『まだやってるの』『はようしなさい』などです。お母さん、亮君が小さいころからこんなこを口ぐせのように言っておられませんでしたか」。アドバイスを受けた母親は確かに心当たりがあります。その言葉をいうとこだわる子は、よけいパニックになり動けなくなるということもわかりました。

セラピストはさらにアドバイスを続けます。「対応のこつは、そばにいる人が本人以上に細かくこだわってあげることです。ためしに今度の試験についてこだわってみてください。亮君が『おかん、もうそこまでせんでもええで』と言ったらその対応が合格です。一度やってみてください」

お母さんはさっそく家に帰ってアドバイスの通り実行し始めました。その会話の様子を日記から紹介してみましょう。

母親:試験の一週間前くらいから準備せないかんな。体調も整えんとな。なんせ初めての模試やから緊張するよな。亮君、食事やけど、こんなんがええゆうんはあるか。

亮:そうやな、やっぱり体力つけなあかんから、お肉がええわ。そやけど、肉ばっかりはあかん。バランス大事やで。

母親:わかった。ほうれん草やトマトの野菜もたっぷりつけるわ。味付けの注文はあるか?

亮:そこまではな。今までどおりでええで。

母親:そうか。わかった。それから会場までの行き方やな。

亮:塾で連れってくれへんから、自分らでいかなあかんのや。

母親:そらそうやろ。地図、買っとくわ。遠そうやったらお父さんに車で送ってもろてもええし。

亮:そんないやや、自分で行く。

母親:ややこしそうやから、いっぺんお母さん行ってみるわ。

亮:おかんが行ってどないすんねん。試験受けるんは僕やで。

母親:そやかてバスの時間とか乗り換えの駅の道順とかあるやろ。混み具合にしても影響するで。会場の建物はどれか。大学は広いからな。

亮:それはそうやけど。おかん、そこまでせんでもええわ。僕塾で聞いてみる。それに僕だけやないから、友だちにも聞けるし。

母親:そうか、そいでええか。心配やったらいつでもゆうてや。早い目に家でたほうがええと思うわ。

亮:わかった。

その後亮君は自分で友だちに聞いたり、本屋さんで地図を買ってきたりして準備をはじめました。いつもならぐずぐずと心配なことを口にしてお母さんを困らせるのですが、意外にすんなり聞いてきます。「おかん、電車の時間みといてな」「弁当もいるで。おにぎりがええわ。梅干しのな」「はい、わかったよ」と、お母さんもしっかりと受けます。こんな調子で無事に初めての校外模試を乗り切ることができました。

報告を受けたセラピストはまずはうまくいったことを喜んで、お母さんの対応をほめました。「対応のこつはおわかりになりましたか」「はい、いままで息子が不安やこだわりを口にすると「だいじょうぶや」とか「そこまでせんでもえやないの」と、言ってましたが、その反対の対応をすればいいんだときがつきました」。笑顔で聞いていたセラピストは「それに加えだいじな事があります」と、さらにアドバイスをつけ加えました。「なんでもかでもこの調子にならないように。本人が言ってきたこと、こだわっていることにのみ、いっしょにこだわってあげることです。でないとお母さんが自分の主導権を奪ってしまったという感覚になってまたややこしくなることもありますから」。「はい、わかりました。息子が言い出したこと、こだわっていることに私もこだわってやるということですね」、お母さんはうなずきながら復唱しました。

関連記事

2009.10.06

さみだれ不登校

学校に行ったり休んだりを繰り返す、いわゆる「五月雨(さみだれ)不登校」は、全く行かなくなった「完全不登校」と比べると安定登校(再登校)までのスピードが全くといって良いほど違います。 一番の決め手は、たとえ週に一回でも月に […]

1.根性論でたたき出そうとしたが、裏目にでて

来所してから三年がたって 洋次は現在27才。来所したときは24才だった。治療を開始して三年が経過したわけだが、来所した当時をふり返ると、立ち直りへの歩みは決して早いほうではない。しかし洋次から受ける印象はころっと変わった […]

心身症タイプの不登校

「心」のストレスが「身体」にでる「心身症」 古くから「病は気から」と言われるように心と身体は密接に結びついていて、互いに影響を与えあっています。では、心のストレスが身体の症状となって現れる心身症はどうして起こるのでしょう […]

シリーズ記事

1.子どもにいやみばかり言ってませんか?

「なんでうちの子はこんなに反発ばかりするのかしら」と、お母さんからよく聞かれます。「反発するというのは反発できる元気がある証拠だからいいじゃないですか」と、お答えするのですが。これでは解答にならないといわれるお母さま方に […]

2.子どもの言い分に耳をかたむけて

「お母さんはすぐに自分の考えを押しつけるやろ。だから僕なーんにも話す気なくなるんや」。小五になる真一君はお母さんにこんなことを言いました。「そやけど言わんとあんたなんにもせーへんやないの」。お母さんも負けていません。こん […]

3.子どもの話に耳ダンボ、お口チャック

「よい聞き役ってどうすればええんですか?」という質問をよく受けます。一言で「聞き役に撤する」といっても、じっさいの場面になるとなかなかできません。「じょうずに相づちをうって、子どもがどんどん話しやすい雰囲気をつくってあげ […]

4.子と父親の「橋渡し役」も母親の大事な役割

「良夫とお父さん、仲が悪くてね。寄るとけんかせーへんかとひやひやします」。中学二年になる良夫君は、少し遅れ気味の第二反抗期。ゲームが楽しくて仕方のない良夫君と「もうええかげんにせーや」というお父さんのあいだで、昨日もこん […]

5.肩の力ぬいて考えてみよう

「どうしたらいいですか、どうしたら」。電話口のむこうでお母さんが叫ばれます。落ち着いて肩の力を抜いて考えてみると、いくらでも工夫できることがたくさんあるのです。 「前回面接で出されたアドバイスをやってみました。お父さんに […]

6.高校やめるゆうんですわ。どないしましょ。

「単位制の高校へ代わるゆうんです。あと一週間行けば進級できるのに」と、真美(高一)のお母さんがかけ込んでこられました。長く不登校ケースとしてみていたのですが、昨年の秋ぶじ再登校にこぎつけたケースです。あれ以来多少の波風は […]

7.お父さんの出番をこしらえて

「それはな、お父さんに聞かんとわからへん。お父さんやったら知ってはるさかい」 幸恵(18才専門学校生)はバイクを買ってほしくてたまらない。「ねえ、ピンクのバイクなんやけど、こうてえな」と最近はうるさく母親につきまとってい […]

8.こだわる子に手こずっていませんか

「もうええやないの、そこまでせんでも」。亮君(中学二年)のこだわり症には、いつもお母さんはへきえきしています。 亮君はなにをするにも時間がかかるゆっくりさん。登校前にも「おかん、背中のほうに埃付いてるか見てくれ」と言って […]

9.ダメ母親を演じれますか?

「しっかり母さん」は、夫も子もしんどいって、わかってます?意外とこれに気がつかないお母さんが多いんです。とくに学生時代よくできたとか、しっかりしてるとほめられたとか。向上心の強い努力家のお母さん、要注意ですよ。 例をあげ […]

コラム一覧へ