質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する

Q2:過食症の娘、香奈(25才)のことです。毎日料理をつくっては、私に「食べろ食べろ」と強要します。「吐き気がするから食べられない」と言うと怒りだし、食べ終わるまで私のそばから離れません。どうしたらいいでしょうか?

自分の作った料理を母親に食べるよう強要する娘、香奈(摂食障害 過食症 25才)

ケースの状況説明

お母さんは昨年から来所されセラピー(カウンセリング)を受けておられます。うつむいてじーっとしておられたので、「今日はどうされましたか。なにかお困りの事があるんではないですか?」と声をかけました。するとお母さんは「先生これ読んで下さい。本当に困っているんです」と、何かを書き留めたメモを渡されました。そこにはお母さんと娘の「食べろ、食べない」をめぐるすったもんだの様子が書かれていました。以下はメモに書かれてあった内容を抜粋したものです。

書かれていたメモの内容

「お母さん、できたよ。はやく来て」と、キッチンから香奈の声がします。「あーまただ。つくったものを食べろってきかないのよね」と、私は独り言を言いながら階段を下りていきました。「ほら見て、できたよ。はいどうぞ食べてね」と香奈はうれしそう。「ウワーッ、これーぜーんぶ食べるの」と私はうんざり顔。「そうよ。ぜんぶよ。早く食べてね。でないと私、安心して食べられないから」と声の調子が強くなってきました。見るとテーブルの上には二人前くらいのピラフを盛ったお皿がおいてあります。「これは多すぎるよ」「なに言ってるの。お母さんが全部食べるまで私、ここ動かないよ」「えー、そんなムリいわないで」と、いつもの押し問答が始まります。私はしぶしぶ食べはじめましたが「あー、お腹が痛くなってきた。オエッ」となり、「もう吐きそう。だめ、これ以上食べられない」と言いました。娘は恐い顔をしながら「じゃ10分たったらまた食べてね。どんなに時間がかかっても食べてしまって」といい残して、キッチンを出ていきました。

絶対に私に食べさせようとしてゆずらない娘に、どう対応していいかわかりません。食べた方がいいんでしょうか、それとも食べないほうがいいんでしょうか?教えてください。

A:アドバイス

「毎日食べなくてはいけないとなると、たいへんですね、お母さん」こう語りかけながらセラピスト(カウンセラー)は、アドバイスを話し始めました。過食症の人は食べる量の基準がわからなくなってしまい「お母さんがあれだけ食べたんだから、私も食べてもだいじょうぶ」と、安心感を得られる自分なりの法則を作っていたりします。

「子どもが過食症から治るためなら」とお母さんが我慢して食べられる気持ちはわかりますが、いくら食べたからといって過食症は良くならないしきりがありません。量がだんだん増えたりしてお母さんがしんどくなってしまいます。このメモにあるように母娘関係がぎくしゃくしだし、両者にとって良い結果にならないことがとても多いのです。本人にとってもその場はお母さんが食べてくれたことでホッとするでしょうが、そこから解決の糸口が出てきたりするものではありません。

長期目標としては徐々に改善していくことが大切ですが、香奈さんの場合はなかなかガンコで自分のやり方を変えようとはしませんでした。そこで当面は「辛抱しながらなんとか食べる」ということを続けながら、お母さんとセラピスト(カウンセラー)が協力しながら変化のチャンスを待つことになりました。機嫌のいいときを選んで「今月いっぱいは食べるけど、来月からは半分にしてね」とか、「お母さんお腹こわしちゃったから、今週は勘弁してね」といったふうに、香奈さんの納得を得られる方法で約束をしていきました。ゆっくりと香奈さんの気持ちを尊重しながらすすめたことが、このパターンにストップをかけていけたようです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

2009年1月21日

2 摂食障害(過食症)の子を持つ親御さんの不安・疑問

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ「お母さん」のコーナーができました。

  • 「娘が摂食障害(過食症・拒食症)みたいだけど、どこへ相談したらいいのかしら」と不安いっぱいのお母さん。
  • 「どうすれば娘は過食症・拒食症から治るのかしら」と心配でたまらないお母さん。
  • 「なんとしても治してやりたい」と必死の思いのお母さん。

こうした悩みや不安を抱えたお母さんのためのコーナーができました。毎日のカウンセリング(セラピー)治療のなかで、よく出される質問や不安などを選んで、カウンセラー(セラピスト)のアドバイスをもとにまとめています。また治療のなかでみられた印象ぶかい言葉や様子なども合わせて書いていきます。

(登場される方々のお名前は変えてあります。またケース内容は特定されないよう十分配慮をしています)

福田俊一 所長 精神科医、増井昌美 過食症専門セラピスト

  1. 質問1:「娘が過食症です。どうしていいかわかりません。助けてください」
  2. 質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する
  3. 質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる
  4. 質問4:父親をきらう、悪く言う
  5. 質問5:「よけいなことせんといて」
  6. 質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)
  7. 質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」