豊中・吹田・箕面・池田 心理カウンセリング、心理療法

大阪府豊中市にある淀屋橋心理療法センターは昨年30周年を迎えました。当センターでは、不登校・非行摂食障害自傷行為家庭内暴力うつ等の家族療法のカウンセリング治療を行っています。最寄り駅は地下鉄御堂筋線の緑地公園駅で、そこから徒歩3分程で当センターに到着します。吹田市、箕面市、池田市、大阪市などの近隣の方のみならず遠方からも沢山の方にお越し頂いております。

関連記事

2018.07.11

摂食障害の低年齢化 大人とは異なる問題点

小学6年生女の子の拒食症の相談でした。身長136cmですが、体重が23㎏まで減ってしまいました。入院治療により29㎏まで回復したのですが、退院して自宅療養になって以降一進一退で体重が増えない事をお母様は心配しておられます […]

2018.05.18

過食症の克服:食べることばかり考えなくなった

20代フリーターの過食症の女性のご相談でした。当センターに通われて約半年経った頃、面接室にて仰いました。「最近、将来のことを考えて不安になるようになって。」 彼女の表情は明るくなかったので、カウンセラーは「これは悪い知ら […]

「すばらしい協力体制ですね」という言葉をいただいて

ひきこもりケースの面接を終えたとき、お父さんがこう言われました。「なかなかいいスタッフさんですね。うらやましいです。すばらしい協力体制で」と。そして笑顔でお母さんといっしょに帰っていかれました。 いきさつはこうです。面接 […]

シリーズ記事

2019.03.21

1.就職1年目の山場

去年は就活に追われ、やっと見つかった就職先で、1年間頑張り続けてきたけれど、要領よくやっている同僚に比べて、何故かミスをしてしまう。これではいけないと、沢山メモを取り、チェックリストも作って、(次は失敗しないぞ!)と仕事 […]

2019.03.12

2.出会いと別れの季節3月

新しい季節が始まろうとしています。出会いと別れの季節です。進学や就職、移動等々、変化の多い季節です。3月は、出会いというよりは、別れの季節でしょうか。 慣れ親しんだ生活に別れをつげて、新しい環境に飛び込むのは、期待半分不 […]

2019.03.08

3.不登校の子達が高校受験に見事合格!

今年も、不登校の中学生の子達が高校受験に合格したというお知らせが当センターに届き始めました。電話やメールで報告して下さった親御さん達、ありがとうございました。 普段はとても緊張する子が受験当日の朝に「割と良く眠れたわ」と […]

2008.11.10

4.大そうじ

淀屋橋心理療法センターの月一度の全体会議で、11月は少し早めに大そうじを行いました。所長からはおおまかな指示はあるものの、各々のスタッフが自主的に動けました。普段の全体の仕事の流れが頭に入っているので、「どう動けば効率的 […]

2008.12.26

5.新年に向けて スタッフより

もうすぐ今年が終わろうとしています。今年も早かった。毎年速度を増していきます。(←年を取った証拠なんだって。) 今年も沢山の方が相談に来られました。元気になっておられる方。まだ困難の真っ最中におられる方と様々です。みんな […]

2009.01.30

6.治療の見通し

「治療の見通しは教えてもらえますか?」 治療の途中で親御さんは、あとどのくらいかかるのだろうかと不安になる時があると思います。カウンセラーが治療の見通しを告げるのは、けがの全治何ヶ月などとは違って、本人さんの様子や家族の […]

2009.02.09

7.事前相談だけで来なくなる人

淀屋橋心理療法センターには、事前相談というシステムがあり面接を受けるかどうか迷っておられる方やどんなところなのか不安に思っておられる方の為に一度だけ無料で来所いただくことが出来ます。事前相談では、直接カウンセラーに会って […]

2009.02.17

8.離れて暮らしていても

「子供のことで相談したいのですが、一緒に住んでいないので大丈夫ですか?」 問題を抱えたお子さんが一人暮らしをされていらっしゃる場合に、親御さんが上記のような質問をよくされます。遠く離れたお子さんのことを思い、自分がそばに […]

2009.07.28

9.子育て中のお母さん、こう思いこんでいませんか?

おかあさん、こう思い込んでいませんか? 主婦同士で数人集まって話していると、例えば洗濯の仕方一つにしても5人いれば5通りのやり方があっておもしろいな、と思うことがあります。子育てにおいても、自分自身のやり方しか知らないの […]

2009.11.09

10.新しい家族になれるチャンス

アシスタントとしてお手伝いをして思うことがあります。 家族の誰かに何かが起こった時、その問題は摂食障害であったり、不登校であったり、当然表面的な事柄だけに目を奪われがちです。しかしその問題は本人だけの問題ではなく、その後 […]

コラム一覧へ